2011年09月09日

ぷろぐれ韓流な旅(その8)


ライブが終わって、無言でトイレに向かう。(;^_^A アセアセ・・・
よく頑張った!<Jの膀胱(爆)
picoさんもJと同じ状況だったらしく、Jの先を行っている。
この人、絶対にJよりも足が速い。

 ε==ε==(ノ゚Д゚)ツ(ノ゚Д゚)ツ ||WC||




そして何事もなかったかのように涼しい顔で当選番号を見に行く。



       _|\○_


まるで嫌がらせのようにまたまた1番違い。(号泣)
2枚続けて買えば当たったのか?それとも順番1人飛ばせば・・・
なんと未練がましい。潔く諦め・・・ようとしたが、
同じように外れたpicoさん、ひろさんと阿吽の呼吸で「また行く?」


その時、初めて時間を見た。
ライブは想像以上に長く、待ち合わせの8時半をとっくに過ぎていた。
やばっ!ヽ(;´Д`)ノ 慌てて会場の外に出ると


  「ゆーちゃん!o( 〃゜O゜〃)ゝ」


ゆーじさんが入り口でJの出待ちをしていた。(爆)


「ゆーちゃん、待たせてごめん!ついでに出待ち付き合って。(^^;)」
「(。-_-。 )ノハイ」(←そう答えるしかないだろうに)

ゆーじさんにはサイン会に当選したらJの専属カメラマンとして
付き添ってくれるよう事前に頼んであったんだが(←オマエはスターか)
出待ちに付き合えとは言ってなかった。これでは詐欺だ。(自爆)

でも、昨日のパターンではそんなにかからないと思ったんだけどねぇ・・・

ひろさんも交え、出待ちしながらプログレ談義しつつ、
一向に出て来る気配のないアンディを待つ。
おそらく楽屋で打ち上げでもしてるものと思われ・・・

「なんかもうどうでも良くなってきた〜 諦めませんかあ?」
投げやりなJの言葉に誰も反応なし。
時間が過ぎるほど帰るのが悔しくなってくるもので・・・
余裕で(笑)掲示板にレスを入れてから10分後位に


   ヤットデタマン(古)


kawasaki186.jpg  写し合い(笑)

wa1.jpg Photo By ゆーじ

wa2.jpg Photo By ゆーじ

wa3.jpg  Photo By ゆーじ


出待ち人数が極端に少なかったのでサインも
初のコンプ(笑)達成。
ベースのボブには頬にKissまで頂いた。
なんか申し訳ない。(-_-;) でも貰えるものは
なんでも有り難く頂いておこう。<(_ _)>


アンディは一番最後にご機嫌に酔っ払って出てきた。(笑)
サインも写真も喜んでしてくれたのだが、最初から最後まで
全員のサインを終えるまで左手の缶ビールは放さなかった。

wa6.gif  Photo By ゆーじ

wa4.jpg  Photo By ゆーじ

wa5.jpg  Photo By ゆーじ


 もしかして昨年のドタキャン・・・二日酔いではないだろうね・・・


そんな不謹慎な考えが心を過ぎったことは否めない。(ーー;)

それにしても専属カメラマンがいると実に心強いもんだった。
サインに写真にとこんな濃密で贅沢な時間に協力してくれた
ゆーじさんには、ほんと♪感謝☆(人゚∀゚*)☆感謝♪

   wa100.jpg
  

Wishbone Ashの皆さん、素晴らしい演奏と、サインを
本当に本当に有難うございました。m(。_。;))m ペコペコ…


                         (続く)

posted by J at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

ぷろぐれ韓流な旅(その7)


↓ここが今回の目的地

sinokubo070.jpg  CLUB VOICE


Jのネットの長男TAKAちゃんの今晩のライブのリハーサルを
観に来たのであった。(^^)
TAKAちゃんはほぼ同時期にHPを開設した縁もあり
哀メロ投稿や掲示板カキコなど、今も変わらずお付き合い頂いている。
お会いするのは9年前のカラオケオフに来てくれて以来だ。
本番を観に来るのは無理なので(アッシュと同時間だ)
リハーサルだけでも観に来ようと思い立ったわけで。( ̄ー ̄)

恐る恐るドアを開けて入る。|_ ̄))ソォーッ
あれ、まだスタッフしかいない。
目一杯不審な顔をされる。(そりゃそうだ。苦笑)
「あ〜すみません、ちょ〜っとリハ見学に来た者ですが・・・(^^;)」
「レコード会社の方ですか?」
「いやいやいやいや、個人的に、です。(^-^;」
「じゃ、アーティストと話はついてるわけですね?」
「ええ。<( ̄^ ̄)>」(何気に偉そうな態度)

ドアが開いた。( ゚д゚)ハッ!
楽器を担いだバンドメンバーの中に

 「TAKAちゃん!ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪」
そして「(>▽<)きゃー♪ ジャスミンさぁん!」

そう、ネットの長女Masamiちゃんも!(嬉) 
彼女も来るとは聞かされてなかったから、驚きすぎて
「KAZUMIちゃん!」と昨日会った人の名前を叫んでしもうた。(o゚ェ゚)・∵.
(Mi しか似てないしー  (;´д`)トホホ 失礼ごめんよぉ〜)
頭よりも先に口が出てしまうJはこういうのは日常茶飯事だ。(開き直り)

いやしかし! Jは彼らに会ってつくづく「若いっていいな」と感じた。
我々(全員巻き込み!)の年になると何年後かに会うとフツーにみんな
老けてるが、TAKAちゃんは男っぷりが上がってせくすぃ〜になってたし
Masamiちゃんは4年前もフランス人形みたいに可愛かったが
可愛さ+大人の魅力的な女性になっていた。
着てるTシャツはヴェルベットアンダーグラウンドで、相変わらず
趣向は渋いというか年寄りだな、と思ったけど。(* ̄m ̄)プッ
Jは自分が産んだ子でもないけど、picoさんに
「可愛いでしょ、かっこいいでしょ!」と親バカ丸出し。


sinokubo064.jpg sinokubo069.jpg

短い時間だけど、TAKAちゃんの新しいバンドUNITED SOUL REUNIONを
間近で観れて嬉しかった〜 もちろん、二人とまったりと話す時間なんぞ
なかったけれど、TAKAちゃんの演奏とMasamiちゃんのダンスが
多くのことをJに語りかけてくれた。(*^^*)
迷惑承知で押しかけて来て良かった。母は(笑)安心しましたぞ。


  ありがとぉ〜〜〜〜\(^▽^)/

それから韓国料理の店には行かず、最寄のマックに入る。( ̄∇ ̄*)ゞ


sinokubo071.jpg ビッグマックランチ ピクルス抜き 390円


川崎駅に戻り、日航に預けてあったキャリーケースを受け取り
今晩の宿のリバーホテルへ向かう。
今回3連泊ということで、2日目はお値段最安値の部屋にした。
この時点で荷物は結構重くて(-_-;)、歩いていて心折れそうになる。
明日また駅まで持って歩かないといけないと思うと哀しい。(爆)

そんなに寄り道したつもりなかったけど、すでに開場時間の5時に
なっていて、とるものもとりあえず会場へ向かう。ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘

会場には昨日仲良くなったひろさんがいらした。
なんと彼女の本日のロックTは「クリムゾンキングの宮殿」と
帯風で縦書きに書いてあるものだった。
「今日とあんまり関係ないけど。(^^;)」
(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!! このセンス最高!!(笑)

ここでもアッシュTを1枚購入。
無論、サイン会の抽選券目当てだ。( ̄ー ̄)ニヤリ
結局Tシャツ4枚・・・夏服バーゲンにも行かず
Tシャツを定価(笑)で、4枚って・・・完全に女捨ててるよなぁ〜

   プファー( ̄△ ̄)y─┛~~~~~


kawasaki074.jpg

会場を見渡してみる。((゚д゚o)キョロキョロ(o゚д゚))
今日の観客は・・・Jを基準にしても年配が多かった。(^^;)
ちなみにJはウィッシュボーン・アッシュは完全な後追い。
それも哀メロでUPする際にアルバムできちんと聴いたわけで、
ま、その時にすっかり気に入ってしまったわけで(苦笑)
往年のファンの方から見ると初心者みたいなモンだろう。(汗)


今日は500円の水はやめてレスカ(古)を飲んでいると・・・
「w( ̄o ̄)w あ、 くぼたくん!」
ウチの哀メロ隊員である以前に(苦笑)アッシュの日本語HPの
管理人である、くぼたくんがいらした。


 ( ⌒o⌒)人(⌒-⌒ )v オヒサオヒサ


昨年のライブで再会の予定が延期により、Jは参戦を諦め
秋にはカイル・ヴィンセントと共に金沢を訪れる予定が
カイルだけ来て(爆)、やっとやっとの再会だ。
くぼたくんは発熱してるそうで、なんだか心配だ。(ToT)


明日も参戦予定だし、熱さまシートを持って様子伺いに行こう。
そう考えて、その日は打ち上げにお邪魔することもなく
次の日は教えて貰った座席まで探しに行ったけどいなくて、
結局はそれっきり生き別れになったのであった。(爆)


思い返せば、昨年のドタキャンは大ショックだった。
とはいえ、1年でリベンジなるとは思わなかった。(^^;)


  お、そろそろか・・・・


                     (ライブレポへ続く)

posted by J at 23:58| Comment(7) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

ぷろぐれ韓流な旅(その6)


     8月27日

7時起床。8時にpicoさんと朝食バイキング
                           

kawasaki054.jpg ※Jは普段朝食は食べません


さて、今日のJは1時に新大久保のライブハウスに行って
アッシュのライブ前には川崎に戻って来るという
実にゆる〜いスケジュールだ。
ただ、一人旅となると正直心細い・・・と思ってたら
picoさんが付き合ってくれることになった。(^^)
なんでも雑誌で新大久保特集を見てたら
行ってみたくなったそうだ。(笑)

sinokubo058.jpg コリアンタウン! 、( ̄▽ ̄)V


行く前は調べていなかったらわからなかったけれど
どうやらここは韓流の街らしい。
エネルギー溢れていて楽しそうな街だ!((o(´∀`)o))ワクワク
人並みに観光気分を味わおう!と歩いてすぐに
目に付いたのが韓流百貨店。
中に入って(ノ゜凵K)ノびっくり!! なんでこんなに人がいるのぉ〜〜
しかもおばちゃんばっかだ!(笑)


sinokubo055.jpg ブタゴリラはないのか? by ジャイアン

ああ・・(-_-;)ここでカミングアウトしてしまおう。
Jはつい最近になって韓流にハマってしまったのだ。
数年前、世間がハマリ出したころ、ひろりんやjudasさんと
同じドラマを見て(J県が一番放送時期が遅かったっけ)
彼らのブログへ行って遊んだものだが、それからすぐに
飽きてしまっていた。韓流おばちゃんにはならなかった。
ところが、最近地デジ化でフツーにTVが見れなくなって
Gyao!で何本か見る内、再びハマってしまったのだった。(^^;)
今頃韓流にハマったなんて、それでブログもサボってたなんて
なんか恥ずかしくてネタにもできなかったのだ。(汗)
でも今打ち明けたからいいや。あー゚+。(о'∀')bスッキリ!

そんなわけで、うはうは喜んで物色していると、picoさん、
「私は韓流は見ないから誰が誰だかわからない」
と、言いつつも、「この人綺麗」と指差した先には
目力ハンパない韓流四天王のイ・ビョンホン。(笑)
さすがpicoちゃん、お目が高い、と感心しつつ、
「icちゃん、コスメでも見ててね〜」と同じく四天王の
ウォンビンのグッズを見ていたけど種類が多すぎてやめて、
コ・スのボールペンとチョ・インソンのメモ用紙を買った。
メモ帳なんて、小学生か。何に使うんだ?(笑)
でも、その時は欲しかったのだからしょうがない。(-_-;)

会計を済まし、はぐれたpicoさんを探す。
なぜかチャン・グンソクのボールペンを握り締めてる。

 ( ̄Д ̄;)  icちゃん・・・・

「icちゃん、その手に持っているのは何?…o(;-_-;)o」
「なんか記念にひとつ買っておいてもいいかな、と。(^^;)」

Jの影響でメタルの世界に足を踏み入れ
今ではJの手の届かない場所まで行ってしまったpicoさん。
もしも・・・彼女が今度は韓流にハマってしまったら・・・

   (ーー;).。oO(想像中)

ブン((-ω-。)(。-ω-))ブン 考えるのはよそう。。。(苦笑)


それから、Jの旅日記恒例(謎)の鳩を撮影したり

sinokubo060.jpg  新大久保のハト

どっかのTV番組(なのか?)でどの子が一番可愛いか?
みたいなのにシール貼ってみたり

sinokubo059.jpg  イケメンのはないのか?

サックスとコントラバス専門店をひやかしてみたり

sinokubo057.jpgsinokubo056.jpg  圧巻!



  そろそろ約束の1時になろうとしていた。


                         (続く)

posted by J at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

ぷろぐれ韓流な旅(その5)


さあ、これから打ち上げだ!( ̄▽ ̄) ニヤ
この興奮と感動を全国の仲間達と共有せずにはいられない。
兼ねてから頂いていたオフ会場への地図を出しながら
チッタ前に戻ったら、はちべぇさんや他の皆さんが
出待ち組を出迎えてくださった。(o´ェ`o)ゞオマター
彼らは我々(特に地方組)が貰うのをサポートしつつ、
自分達は並ばずに離れて待っててくださったのだ。(涙)
picoさんとSARAHさんも本人達の希望もあって
そのままご一緒することになった。

「KANSAS我が人生」なコアな全国のファン達と会場を目指す。
というか、着いて行くだけ。ええ、着いていきますとも!(笑)


kawasaki048.jpg コアなファン達の背中(爆)


はちべぇさんは前もって会場選びに川崎まで来られたそうで
お一人お一人に配慮されるあたりも頭が下がる思いだった。
どっかのテキトーすぎるHP管理人とは偉い違いだ。(ーー;)
そんなはちべぇさんの元に集まった偉大なる聴衆は
なんと総勢22人!SUGEEEEEE(゚Д゚)EEEEEEEEE!!

あらかじめキープしていた席では足りなくて
J達は仕切りのある奥の小部屋を使わせていただいた。
「女子会」(はい、光栄です。爆)と名づけられたその一角には
picoさんとJの他に濃いーお姉さんが3人。

るんるんなおたん・・・KANSASを観るためだけに岡山県から来られたお嬢さん。
       これまでの遠征経験はなく、ただただKANSAS見たさに。。。
               そのひたむきさ、いじらしさは昔の自分を見るようであり 
       また自分の分身にも思え、親近感を抱いてしまった。(笑)

るんるんSARAHさん・・・picoさんのブログ仲間で「私は場違いで」と謙遜されるも
         ビリーの他ユニットに詳しくてアツ〜ク語ってくださった。
         別ユニットというと「NATIVE WINDOW」しか知らないJには
         目からウロコ。そしてかなりのコレクターらしい。

るんるんひろさん・・・プログレにおいては多方面に精通しており、ライブ参戦歴は
       そんじょそこらのプログレおやぢも蹴散らす程の華々しさ。
       CD等も大人買いでご本人はギタリストにしてボイストレーナーという
       ハンパない凄い人。(苦笑) その後2日間ご一緒することになる。

料理は自分達でも頼んだけど、向こうから「どうぞどうぞ」と
手をつけてない料理が届き、「どうもどうも」と平らげていく。
Jはグレープフルーツ・チューハイというのを1杯頼んだ。
この3日間は「見掛け倒し」を克服すべき酒を飲むことにした。(爆)

他の女性陣や男子達(笑)とも、お話がしたかったが、
もうこのメンバーだけで充分濃くて、大満足。
Jなんぞヒヨっ子で知識のないのが恥ずかしかった。
でも、ほんっと嬉しくて楽しかったわぁ〜┗|*`0´*|┛
こんな素敵な女性達とマニアな音楽話しながら飲めるなんて
おっさん(笑)しか知り合いがいないJには新鮮で夢のようだった。
「嬉しー、楽しー」を連発していたような記憶が・・・(^▽^;)

日付も変わったころ、楽しい宴にも終わりのときが訪れた。
KANSASファンは親切で爽やかで素敵な方ばかりだった。
KANSASがもう来日しなければこの人達と会えなくなるのが淋しい。
最後まで残ったメンバー達と記念撮影して、SARAHさんをホテルまで
お送りして(逆じゃないよ!Jが送ったんだよ!笑)picoさんと帰る。

 もう家に帰ってもいいやと思えたほど最高な一日だった。
1日目終了 全てのスケジュールをこなし、就寝3時半。


「きょうはずっとまえからみたかっただいすきなばんどをみれて
 あたらしいおともだちもできました。とてもすてきないちにちでした。J」

  簡単にまとめると↑たった二行だわ。(^^;


                                (続く)

posted by J at 23:10| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

ぷろぐれ韓流な旅(その4)


ライブが終わり、すぐにサイン会当選者発表を見に行く。


 チ───(´゚ェ゚`)───ン


・・・またしても、1番違いで外れていた。o(TヘTo) クゥ
2枚目に買ったグレーTのほうはカスリもしなかった。(苦笑)

運も実力のうち。
悲願のライブを良席で見れて、リッチのピックも貰った。
これだけでもJは信じられないほどに恵まれていた。


ろーずさんとはここでお別れだ。(ノ_・、)シクシク
1年ぶりの再会。それもKANSASでご一緒できて
互いに高校生に戻ったようで、とっても楽しかったです。
ありがとう。また会いましょうね!( ̄ー ̄)/~~

 さ、出待ちするか!(は?)

追っかけの気力はなくとも、出待ちならJにでもできる。
同じように考えてる人も何人かいらしたようで(苦笑)、
目が合った(爆)人達を引き連れ、出待ち場所に行ってみると


  ..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!! 一体何人いるんだ?


こんな多い出待ち人数、初めて見た。(T▽T)
KANSASの人気度がわかって嬉しかったりもするが。(爆)
ってか、これだけ多いと「乙でぇ〜す」とお見送りだけだな。

(∩´∀`)∩オォ♪ 思ったより早く誰か出てきたようだ。

デヴィッド、ビリー、フィルの3人がほぼ同時期に出てきた。
Jは迷わずフィルに・・・って、彼だけもうバンに乗り込んでいるし!
Jは係員を振り切り身体半分車に乗り込み(←いい子はマネしないように)
暗黒への曵航のLPジャケをフィルに差し出した。
近くで見てもハンサムなフィルは最高の笑顔でサインをしてくれた。
しかも、スタッフから銀のマーカーを借りて。(涙)
この光景を何度夢見たことだろう。。。

  (* ̄。 ̄*)   あいむそーはっぴー・・・


kansas195.jpg  Phil Ehart


当然のことながら固く握り合った手は係員に振りほどかれ(笑)
車からも追い出されて(←と被害者のようなことを書いてはいけませんね。(^^;))
次はビリーかデヴィッドにDVDジャケにして貰おうとバッグを探したけど、
行方不明で(またかよ)そうこうしてるうちにリッチが出て来て
「りっちりっち!」とまるで子供が駄々を捏ねる様にサインしていただいた。
後でなおたんが「リッチと英語で会話してましたよ」と教えてくれたが
何をしゃべったかよく覚えてないし、ただアイパッチの反対側の
優しい目と笑顔は目に焼き付けてある。(^^)

最後には小柄なウォルシュがオーラを携えて現れた。
 スティーヴ・・・  (┯_┯)

抽選会でサイン会を終えたのに、その2〜3倍ものファンの
サイン責めに遭っても、満面の笑顔でせっせとサインをしてくれる。
メンバー全員が優しくてファンを大切にしてくれていた。
彼らの笑顔とサインは「カンサス命」なファンへの長年の労を労う
最高のご褒美だったのだと思うことにして、他のファン達への
罪悪感を紛らわそうとしているJをどうかお許しください。<(_ _)>


kansas196.jpg 
Richard Williams (左) Steve Walsh (右)


                        (続く)

posted by J at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

ぷろぐれ韓流な旅(その3)


ホテルに戻るとフロントロビーのソファーにはMr.ダンディーこと・・・


  「ワァ──ヽ(〃v〃)ノ──イ!! ろーずさん!」


嬉しいなぁ〜1年ぶりだわ〜と積もる話は多々あるけど
Tシャツに着替えてくるので引き続きお待ちいただいた。(^^;)


それからpicoさんと3人でしりとり( ̄w ̄)の話などしながら歩いた。
ろーずさんはよくボーナスポイントにKANSASを入れてくれたのだが
誰かに掻っ攫われることが多くてJは地団駄踏んだものだった。(懐)
そういえば今もお付き合い頂いているHP管理人さん達も
ろーずさん繋がりで出遭った方が多い、と、今気づいた。(爆)

会場に着いてろーずさんはビール、Jとpicoさんは水を貰う。
「Σ(- -ノ)ノ エェ!? 水に500えん〜?」 ろーずさんに呆れられる。
よし、明日はビールとはいかないが、せめてジュースにしよう。o(`・д・´)o

サイン会はKANSASTシャツ1枚に1枚抽選券が付いてくる。
昨年のルネッサンスが1番違いで外れたのを思い出す。...( = =) トオイメ
picoさんは2枚買ったらしい。「サイン欲しいし〜」

  (-""-;)ムム・・・ 確かに2枚買えば確率は二倍になる。

picoさんが2枚でJが1枚ってのも、なんか納得いかなくて(笑)
お二人に「なんか悔しいから、Jもグレーのほう買ってきます」

kawasaki053.jpg←サインも一応買ってはあるけど・・・(^^;)


さて、ライブ会場というと、全体的な匂いというか雰囲気が
アーティストごとに違っていて、それを見るのも楽しみのひとつだが
KANSASファン達は爽やか青年が多かった。(喜)
年齢層は思った以上に若かったと思う。(あくまでもJが基準です。笑)
会場では色んなロックTを見れた。
前回の公演のTを着てる人も多くて、羨ましかった。
ドリームシアターが圧倒的に多かった。ラッシュも結構いた。
「カンサスがお母さんで、ラッシュがお父さんでドリムシが産まれた」
以前AKIOちゃんと掲示板か茶会でそんな会話をしたのを思い出した。

TシャツをGETして袋と別々に持って、席に戻る途中
プレ喫茶会でお会いしたzodiac30さんがいらしたので声をかけて
お二人の元へ意気揚々と「買ってきた♪うふふっ(*゜v゜*)」
「Jさん、抽選券ちゃんと貰った?」←ろーずさん
「うん、この手の中に・・・・あれ?(´・д・`)」


   ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!! 


Jの手にはTシャツとディスクユニオンの袋しかない。
「ああ、そんなことだと・・・Jさん、ちゃんと探しなよ (^^;)」
「ジャスミンちゃん、落ち着いて探してみて」

  「あら ノ(´д`*)、財布の中に2枚あった♪」

無意識に財布の中に入れていたようだ。
Jは過去の失敗をこうして糧にしているのだよ。。(  ̄3 ̄)〜♪

kansas001.jpg Photo by ろーず


少しづつ、開演の時間が迫ってくる。┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ
「Jちゃんはカンサスの中で誰が好きなの?」とpicoさんが聞く。
「特にはいない。全員好き〜」(即答)
そうなのだ。ことカンサスに関しては、途中参加のメンバーも含め
歴代のメンバー全員が好きなのだ。(^^)
カンサスという名の元に集まる全てのメンバーが。

  カンサス、カンサス、KANSAS!!

 やっとこの目で観れる!(涙)

              ライブレポへ続く
posted by J at 23:47| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

ぷろぐれ韓流な旅(その2)


まずチッタ前にいるわけだから、カンサスのファンの確率は高いが
違う場合もあるかもしれない。
でもコノ人、なんか自分と同じ匂いがする。クンクン( ̄∞ ̄)
恐る恐る尋ねてみる。「(¨* )あのぉ… はちべぇさんですか?」
「あ、はちべぇさんだったら今来ますよ〜(^^)」

 どうやら違ったらしい。(^^;)

すぐにはちべぇさんがいらした。゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪
このはちべぇさんという人、何度もKANSASを観に渡米している方で
Jにとっては神であり師匠であり憧れのお方なのである。( ̄ー ̄)
Jみたいに夢だの何だのと騒ぐのは実にたやすい。
だが、その為に努力も何もせずただ行きたい行きたいと
ダダをこねるのではただの子供か嘘つきで。(T▽T)
はちべぇさんの場合、1回で終わらず、何回も渡米していて、
まぁ、とにかく凄い人なのだ。(笑)

その存在を知ったのはもう2年半前。
同胞judasさんとKANSAS祭りを互いのブログで細々と開催してる頃に、
はちべぇさんの存在を知り、暑苦しいメールを送りつけたものだ。
穏やかで暖かなお返事を頂いて、その後親密に交流があった・・・
わけでなく(爆)それっきり(* ̄m ̄)プッになっていたのだが
どーしても今回お会いしたくて2年半ぶりに連絡を取ったのだった。

一方、Jに間違われた方(笑)のきゃぷてんMiyaさんは
なんと国内のKANSASカバーバンドの大御所、御達者倶楽部の
キーボードの方だったのだ!( ^^)/ m(..m) m(..m)ははっー
JがHPを始める前からその存在は知っており、これまた
雲の上の人って感じだったのでJはすっかり有頂天。(>▽<)きゃー♪

kawasaki033.jpgはちべぇさんの今日の参戦T


kawasaki034.jpg1997年のツアー(書いてあるし)


その二人のヒーローを従えて(違)近くのワイン・バーで
KANSAS話に華を咲かせているとzodiac30さんがいらっしゃった。
これまたKANSAS一筋の方で、結婚式のBGMもKANSASだそうで。
そんな3人がKANSASの話をしているのを、聞いているだけでも
KANSASの話題が出てるってことがただただ嬉しかった。(ToT)

「なんかガンダムで離れ離れになった戦士達が
 こうして川崎に集結したような感じがしますね」

zodiac30さんの言葉にぅん((´д`*)ぅんと感動しつつ
ほんと〜にそうだと思った。
「KANSASも好き」な人はたまに見かけるけど
「KANSAS好き」な人はどこにもいなかった。
チケットSOLD OUTって聞いて嬉しかったけど
そんなにたくさんいるのか?と信じられなかったものだ。
これからその600人が集まるのか!身震いする。

  画像1 035.jpg

物販がそろそろ始まるってんで、会計をすまし店を出たら
雨はゲリラ雨に変身していた。


  これは・・・・やっぱりJのせいかも。(´Д`|||) ドヨーン


きゃぷてんMiyaさんが傘に入れてくださった。(^^)
自分の折りたたみの傘はあるんだけど、出すのが面倒臭かったし
入れて頂けるのがなんだか嬉しくて、得意満面の顔で、
内心うひょうひょスキップ踏んで(爆)二人で歩いていたら

  「ジャスミンちゃん!ヾ(@~▽~@)ノ」


picoさんだ。 チッ(・д・) もう見つかってしまったか。(嘘です)
その場で、きゃぷてんMiyaさんとお別れしてpicoさんの元へ。

 ォヒサ――(o´Д`人´Д`o)――♪ エイジア以来だ。3年ぶり?

picoさんはネットのお友達3人とお食事をされていたらしい。
Jも誘って頂いてたのだが、はちべぇさんグループのほうに
混じりたかったので、別行動となったのだった。
どうせこれから3泊4日べったり一緒なんだし。( ̄w ̄) 


物販では黒TとフェスのT、パンフにサインを買って
土砂降りの中、大急ぎでホテルに向かった。

         テヶテヶ(((ヾ(○´Д`)ノ(●´Д`)ノ
                             (続く)
posted by J at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

ぷろぐれ韓流な旅(その1)


はい、皆さん、Jは毎日睡眠時間平均3時間で
寝る間も惜しんで遊び尽くして小1時間前に帰って参りました!


  ( ´ ▽ ` )ノ タダイマァ


川崎・東京でお世話になったたくさんの方々、
本当にありがとうございました。ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

で、これから例によってJの旅日記が始まります。

いつもは12話とか、帰ってくるまでに構成(!)は
立ててしまうんですけど、今回は自分でもわからないです。
いつ終わるかも検討がつきませんね。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
これから旅日記に登場していただく皆さんは
ドキドキしてると思いますが(誰もしてないって!笑)
どうか気長にね。(^^;) 特に3日目辺りに出てくる方は半月後に
もう一度覗いてくださればいいかと。(;^_^A アセアセ・・・

あ、それと、今回の旅日記のタイトルの
Journey from Mariabronnな旅は先程気が変わったので
序章だけで終了です。(爆)
ちょっと高尚すぎましたね。(爆×5)

どうでもいいことですが(苦笑)、今回はJが旅の間
食したものを全部載せていきます。(ほんとにどうでもいい)
食生活のアドバイスなんかもよろしく。( ̄ー ̄)


とりあえず、最後まで身を削って(大袈裟)書きますので
どうかひとつ、読んでやってくださいね!


 ↑相変わらず前置き長いし。(* ̄m ̄)プッ


   8月26日


半信半疑のまま1時間前に空港に着く。

ふつ〜に運行するようだ。
(´▽`) ホッとしたのはもちろんだが、そのことで気を揉んで
ロクに眠れずパックも出来なかった(爆)精神的苦痛を
何に訴えればいいのだろう。(-"-;)


  天気か? ( ̄‥ ̄)=3 フン 


Jはアテにならない飛行機には懲りた。
もう絶対に乗らんぞ! と心に誓う。


kawasaki030.jpg←行く前


kawasaki031.jpg←着くころ


J県はゲリラ雨のせいか、震えるくらい寒かったが
「東京は暑いのでうちわをどうぞ〜(^^)」と
満面の笑顔でスッチーが差し出したので、手を出す。
うちわはちゃんとラブリー(爆)なのを持ってきたけど
もらえるものはなんでも貰っておこう。(  ̄3 ̄)〜♪

空港に着いた。
昨年は島田さんが迎えに来てくれたから、
なにも考えずに着いて行っただけに、当然覚えてない。
どうやって川崎に行っていいかわからない。
もちろん事前に調べたりなんかしてない。(* ̄- ̄)
空港内を歩いていたらバスの行き先の中に
「川崎駅」があったから、それに乗った。
我ながら賢明な選択だと思ったが、各バス停車で(汗)
飛行機と同じ位の時間がかかって川崎駅に着いた。

ホテルは迷わないように駅横の日航にしたのに
なぜか迷って、その上、もう2時半になっていたので
空腹で歩けなくなって(爆)アゼリア街の入り口の
天丼屋さんに飛び込む。店を選んでいる余裕すら、ない。

 kawasaki032.jpg    生き返った(笑)


すっかり元気を取り戻し、天丼屋のお姉さんに道を聞き(汗)
無事にホテルに着いた。滅茶苦茶近かった。(-_-;)


それから落ち着く間もなく4時の待ち合わせの場所の
チッタ前に急ぐ。ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘
少し小雨が降ってきた。


・・・・なんだか自分が雨雲を憑けてきた様な罪悪感を感じる。
ブリザード・オブ・北陸なんだから、雨ぐらい連れてこれるだろう。
と、開き直ってチッタ前に・・・・


 o(・_・= ・_・)o キョロキョロ  あ、あの人かな?

                       (続く)
posted by J at 22:19| Comment(8) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

Journey from Mariabronnな旅(序章)


 「当日飛行機飛ばなかったらどうしよう」

そんなこと考えてもいなかった。

夢一杯(*゜v゜*)スーツケースにせっせと詰め込んでいた
夜中に突然激しく降り出した雨。
(;゚д゚)ェ. . . . . . .と、運行状況を確認したら


以下の空港は、遅延、欠航、出発空港への引き返し、他空港への着陸の可能性がある空港です。

 小松・南紀白浜・宮崎(雷雨)
その他は、平常どおりの運航を予定しています。


   ..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!!

・・・・こうなったら、もう眠れない。(爆)
また(!)雷にJは打ちのめされるのか?
ブリザードとサンダーではサンダーの方が強かったっけ?(FFかよ)
どうしてこんなにドラマティックなんだろう(勘違)


とりあえず早起きして電車で行くことも考えよう・・・
ああ、眠れない。。(;´д`)トホホ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


雨の音で何度も目を覚まし、いつもより早起きした。
Jの搭乗予定のJAL 1276 は予定通り飛ぶようだ。
でもこの降り続ける雨は・・・なんだか信用できない。(爆)

とりあえず空港に向かうことにしよう。
なにがなんでも開演までには川崎に行くぞ!

 ( ̄Д ̄)ノ オウッ←と気合を入れる

・関東でお会いする皆さん
昨年よりも更にパワーアップした(* ̄m ̄)プッJが
これから向かいます。どうかよろしく。

・オフ不参加のメールを下さった皆さん
気にかけて頂いただけでもJは嬉しかったです。
ありがとうございます。また次回!

・旅日記ご愛顧の皆さん
とりあえず、無事に川崎行けるか生暖かく見守っててね。
お土産話に5本のライブレポ、お楽しみに!!

  じゃ、行って来ます!ε=ε= (ノ ̄▽ ̄)ノとぅーっ

posted by J at 09:07| Comment(10) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

J子2と見るマルーンな旅(その4)

右半分びしょぬれになりながらJ子のアパートに戻る。
 
 ↑前回


さて、賢明なJ日記の読者の皆さんならこの続きを

 1、鍵を忘れ大家さんに開けさせた
 2、鍵を忘れJ子2の学校が終わるまで待ち帰りのバスに乗り遅れ

・・・等と面白可笑しく想像することだろう。(-_-#)

だが、そこまでJも馬鹿ではない。<( ̄^ ̄)>(何を今更)
期待を裏切って申し訳ないが(苦笑)ナンバーロックの開け方を
Jは昨夜のうちから何度も練習していたのだった。(^_^)

再び洗濯機を回す。
「何かしておいて欲しいことはあるか」と聞いたら
「洗濯してくれると嬉しい」とJ子は答えた。
Jが出来ることってそれ位しかないのをJ子は知っていて
そう言ったことを、Jもまた知っている。(苦笑)
二人でいた時は散らかし放題だったのに、
部屋もきちんと片付いていて他になにもしてやることがない。

そこで近所に最近出来たという大型のショッピングセンター
遊びに行った。ε=ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ テクテク
(*'▽'*)わぁ♪ 広い〜
こりゃ一日遊べそうだな、ってか、迷子にならんように気をつけねば!
ああ、一人だから誰かとはぐれる心配はないのだった。(* ̄m ̄)プッ
帰りのバス時間にさえ間に合えば・・・・(。´д`) ン? 電話?

 J子2からだった。

「なんか急に授業がなくなって帰って来たー」
「お、それじゃ一緒にお昼ごはん食べるかぁ?」
「(・∀・)ウン!!」

J子2のアパートまで引き返す。
大阪は暑かった。
J子曰く「大阪って太陽が近く感じる。石川はもっと遠かった。
だから、大阪はじりじりと暑いんや」・・・らしい。(爆)

帰るなりベランダの戸を開けっ放しだったと叱られる。(-_-#)

「ママが喜びそうな店見つけてある」
「じゃ、そこ行こう!♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪ルンルン♪」

osaka54.JPG 休みだった。Σ(T□T)
結局天王寺まで行って駅そばのトンカツ屋に入った。
osaka56.JPG 天井に豚が埋まってて可愛い♪

食べ終わったら2時。
これなら3時のバスに充分間に合うだろう。
J子2はZEPPに行くと言う。
「どうせ夕方やろ?大阪駅までついて来てやー」
「うち、ZEPPは初めてやし迷うかもしれんから早く行きたいんや」
・・・・常に迷うことを頭に入れている、さすがJの娘だ。(苦笑)
そして「大阪駅についたら、真っ先に高速バスの乗り場を探す。
大阪駅は改装したから迷いやすいから寄り道はせんように」と
冷静な口調でJに何度も念押しする。
「(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン わかった」

「世話になったなぁ。また来るわ」
「うん、また来ればいいわ」
「J子も帰りたくなったらいつでも帰ってくるんやぞ」
「夏あたりに同窓会あるみたいし、その時に合わせて帰るわ」

 ・・・・・(* ̄- ̄)ふ〜ん・・・・・


そして乗り換えということで途中の駅でJ子2は降りていった。


J子2はおそらくこれから大阪でずっと暮らすことだろう。
ということは、J子2と一緒に暮らすことはもうないということで。
18年か・・・...( = =) トオイメ
J子と過ごした18年が走馬灯のように頭を駆け巡る・・・


そんな余裕なし(爆)に大阪駅につき、必死で高速バス乗り場を探し
20分も前についたけど、来た時の悪夢を思い出し、
お土産を買いにも行かず、その場から動かないJなのであった。


osaka55.JPG 若狭湾の夕陽がきれいだった!


                     (おしまい)

posted by J at 22:34| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

J子2と見るマルーンな旅(その3)

翌朝ロフトで目覚めたJ。o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
落ちないようにお尻で座りながらゆっくりハシゴを降りる。(汗)
J子2は先に起きてパンを食べていた。
osaka52.JPG←J子2の暮らしぶり(笑)
osaka53.JPG
それにしても娘の部屋で泊まるのは非常に身軽で便利だった。
一泊する時に必要な着替えや雑貨が揃っている。
「歯ブラシも置いて行こうかな?今度持ってこなくていいし」
「そんなもん置いて行かないで( ̄‥ ̄)=3 」
「あー、わかったわかった。(^-^; 」
・・・と、返事してシレっと置いてきたけど。(* ̄m ̄)プッ

「じゃあ、学校行くから〜」
戸締りや布団干しの支持を出してJ子2はいなくなった。
なんてあっさりした娘なんだー
ってか、抱き合って泣くほどの盛り上がりはいらんな。

おお、そうだ。今日は授業でPC使わんからと置いていったから
ライブレポでも書いておくかーと思って電源入れたが
パスがかかっていてPC開かんし。(-_-#)

ヒマなので洗濯機を回して、水を汲みにいくことにした。
飲用水は無料の水を分けてもらえるように、引越し日に
二人でスーパーを探したのだった。
J子2はいつもチャリンコで汲みに行ってるらしい。
でも今日もライブだから汲みに行く時間はないだろう。
せめてこれぐらいはしてやろうと恩着せがましく(* ̄m ̄)プッ
昨日買ったばかりのマルーンのトートバックに空のペットを
2本入れてウキウキと出かけた。

スーパーに行く前にJ子2のバイト先のパン屋に潜入。
試食とかあったけど、手を出さず適当に購入。
間違っても「いつもJ子2がお世話に・・・(o´ェ`o)ゞ」とか言わない。
J子2に怒られるからだ。でも顔が似てるからバレたかも。(爆)

スーパーで先に一本目の水を汲んで(苦笑)店内を回る。
食料品の値段には割と無頓着な方のJでも
大阪は物価が高いということが把握できた。
アイスもカップ麺もチップスもJ県では100円以下のものが
同じものでも全て2〜30円は高い。
ここでも食料品を適当に買い漁り、もう一本の水を汲んで帰る。

ってか、行きと帰りとでは荷物が違う。
┗(;´Д‘)┛超おもてぇ〜 水2本だけでも重いのに
ペットボトルのお茶まで買わんときゃ良かった。(苦笑)
引き摺るように両手で荷物を持ち・・・あれ?(´・д・`)
なんか足が冷たいんだけど・・・・

新品のマルーンのバックが水びたしに!Σ(゚д゚lll)ガーン
一本目の水のキャップが適当にしか閉めてなかったらしい。

適当な人生、テキトーな自分、このアバウトさ加減で
Jはいつも自分の首を絞めているのだと(;´д`)トホホな気分で
右半分びしょぬれになりながらJ子のアパートに戻る。

       
              (だらだらとテキトーに続く)

posted by J at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

J子2と見るマルーンな旅(その2)


バスの悪いところは時間がかかるところだが
時間さえあれば、電車と違ってシートを倒して
思いっきりグータラできるので(苦笑)楽チンだ。
乗ってさえしまえば(爆)目的地まで乗り換えもない。

というわけで2時には大阪駅に着いた。
しばらくブラブラした後、JRで天王寺まで向かう。
そこからJ子2の学校までテクテク歩いて、外から中を伺う。
┃電柱┃_ ̄) ジィー・・・・・・ いかにも不審者だ。

他になにもすることはないので最寄のガストに入る。
昼は多賀SAでなんたらカップライスと近江牛コロッケを
買って食べたのでお腹は空いていない。
濃厚マンゴープリンとドリンクバーを注文して
ひたすらJ子2からの連絡を待つ。
4時過ぎ、J子2からメール第一便
「今授業終わって大掃除(´・ω・`)」

・・・・なんで、よりによって今日大掃除なんや(´Д`|||) ・・・

はよ上がらせて貰えと返信したが生真面目なJ子2は
「無理そう(´・ω・`)5時までかかるかも」

本当に(笑)5時までかかったJ子2と2ヶ月ぶりの再会!
J子2は大きくなってなくて相変わらずチビだった。(^^;

大阪城ホールはJ子2も以前行ったことがあるとかで
安心してついて行けた。Jも行ったことはあるけど
どの駅で降りたとか道とか全く覚えてないし。(* ̄m ̄)プッ
長い長いエスカレーターだけは覚えていたけど。(* ̄m ̄)プッ


グッズを買ってアリーナ5列目へ進む。(  ̄3 ̄)〜♪
お仕事で来られなくなったとのことだが、としくん、こんな神席を
定価で譲ってくださって本当にありがとうございます!<(_ _)>


      
                (ライブレポへ続く)

posted by J at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

J子2と見るマルーンな旅(その1)


さて、久しぶりのJの旅日記。
2ヶ月前の引越し記はスルーしてしまったが、いつもの大阪だ。
時間はあってオカネがないので往復高速バスにした。
早く着いてもJ子2は学校なので前日からの夜行ではなく
松任海浜公園9:01発の便にした。
前回は1時間もかからなかったのだが、余裕を持って出た。
早めに着いて朝マックするんだ。うふふっ(*゜v゜*)


2ヶ月前と同じコースで行ったのだが、夜と朝とでは大違い。
やたら信号で止まるわ、前の車が30キロ運転だわと
思ったよりも混雑していた。
そして、どうやら道を間違えたらしいと(苦笑)気がついたのが
8時40分を過ぎた頃。。。iphoneのマップを開くと
全然違う場所にいることが判明した。

 まじでヤバい・・・(゚Д゚;)

マップを見ながら運転するのだが、なぜか反対方向に行ったり
対向車とぶつかりそうになったり、信号近くで渋滞してたり
それはそれは生きた心地がしなかった。(苦笑)

時計を見るとすでに9時5分前だ。

まだ旅は始まったばかりなのに「終わった」と思った。
久々にブログの神が光臨したか?
とは、素直に喜べなかった。(当たり前か)

このまま金沢駅に行って電車に乗るか?
それとも小松まで行って関空?
冗談じゃない、これが現実なのだ・・・
心臓は激しく波打つ。o(~o~;)
それでも自分に強く言い聞かせる。


 最後まで諦めない!o(`・д・´)o


そのうち民家の狭い路地に迷い込んだ。
時計はすでに9時を回っている。


 乗り遅れた・・・(´;ェ;`)


自暴自棄(爆)になって民家の路地からええいっ!と抜けたら
なぜか(苦笑)大通りに見覚えのある建物が見えた。

時間はすでに5分過ぎてるけど、未練がましく暴走してみる。

駐車場に車を止め、ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ
バス停には2人、リーマンのお兄さんがいた。

「大阪行きはもう出ましたか!」すがる様に問いかける。
「いや、わかんないっす」
もう一人に問いかけても同じような答えだ。
((゜Д゜) ハア?? アンタ達さっきからここにおるんやろ?)
と、突っ込みたいのを堪え、もしやとかすかな期待をしつつ
待つこと3分後、「お待たせしました」と大阪行きのバスは来た。


  諦めないで良かった。。。(ToT)


バスに乗り込んでも激しい動悸はしばらく治まらず、
こんなことばっかり繰り返して、Jは長生きできないな、
帰りは2時間前に大阪駅に着いてることにしようと
アホな自分にひたすら呪文のように言い聞かせるのであった。


                     (続く)

posted by J at 00:02| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

灼熱の東京砂漠の旅(最終章)


(*'▽'*)わぁ♪ これが東京タワーかぁぁ〜
下から見上げてもピンと来ない。

で、まっすぐに展望台に上るわけではない。(は?)
Jはバカではないから(充分バカだけど)高いところに上りたかった
わけではなかったのだ。


 Jは東京タワーにある蝋人形館へ来たかっただけなのだ。


幼少のみぎりにキイハンターだったかGメンだったかで
登場した蝋人形達はおどろおどろしくて、ちょっと怖かったけど
そのシーンだけが記憶に残り、いつか見に行きたいと思っていた。


2Fで遅い昼食を食べ、満を持して入館!
ってか、他に見物客がいないから、一人でお化け屋敷に来たみたいだ。
モンローやケネディ・・・これが40年前(爆)にTVで見たヤツかぁ〜

歴史上の人物や映画俳優や最後の晩餐などの見所は軽く通り過ぎ(爆)
お目当てのロックコーナーへ直行!
そこそこ似ているジミヘンをジィ〜(VェV)と見た後、あんまり似てない
ビートルズを横目で流して(苦笑)プログレコーナーで若いけど充分老けてた
フリップ卿に挨拶して、キースに「この頃のアナタに会いたかった」と囁く。

驚いたのがジャーマンプログレ陣がどーんと場所を取ってあったこと。
昨年来たクラウス・ショルツはともかく、ファウストの人(名前忘れた)なんて
誰もわからんだろうに!ぷぷぷぷっ!!(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!
他にもJの知らない人が何人かいた。
知ってる人はどれもあまり似てなかったなぁ〜
まあ、本人に会ったこともないから実際は似てるのかもしれんが。(苦笑)
展示物も超レアだけど、かなり偏りも見受けられ、ここのオーナーの
マニアックぶりに感動すら覚えた。

と、突っ込みどころ満載だったが(爆)、その場で口に出せないのが残念!
やっぱり、こういうところは一人で来るもんじゃない。

            【出口】..λ..


これで気が済んだので、もう帰ろうと思った。(爆)
丸一日東京にいて、マトモに観光したのが東京タワー内の蝋人形館だけとは・・・
自分のペースの鈍さが身に沁みた。(-_-#)
J子達へのおみやげに東京タワーと「努力」という字がガラスの中に入った
超ダサい置物を買いたかったが、落として割りそうだったので諦めた。
あの字が「根性」だったら無理して持ち帰ったかもしれないが。(^▽^;)

受付けで羽田までどうやって行くか訪ねる。(結局人を頼ってるし)

そして再びキャリーケースを引き摺りながら浜松町駅まで向かう。
行きはまだ希望に燃えていたからそうでもなかったが
帰りはぐったり疲れてタクシーでも呼ぼうかとさえ思った。

浜松町駅に着いたら着いたで今度はモノレール乗り場がわからなくて
彷徨った。ヘ( ̄  ̄;ヘ)))。。。フラフラァ


monorail.JPG   東京モノレール


座席が満員だったので荷物を置くところに腰掛け、Jは夕焼けに
染まりゆく東京の町並みを眺めた。・:*:・ ( ̄* )

♪滲む街の灯を ふたり見ていた〜
なぜか上田正樹の「悲しい色やね」が脳内再生された。
華やかで哀しい色を帯びた東京の街にぴったりな・・・(* ̄。 ̄*)

♪Hold me tight 大阪ベイ・・・・
ヽ(^。^)ノアリャアリャ こりゃ、大阪の歌だった!(爆)

そうこうしてるうちに羽田に着いた。
行きと比べて帰りは若干段取りがわかる。( ̄ー ̄)
慣れれば飛行機は早くて身体も楽でいいかもしれんな。
慣れれば、だ。今度乗るときはまた忘れてるだろうな、乗り方。(汗)

sora.JPG  空の上

飛行機の中は滅茶苦茶寒かった。(爆)
小松に着いたらすっかり暗くなっていて、この時の為にと温存しておいた
iphoneのmap(すでにバッテリーは真っ赤っか)を駆使して
J町へと帰りついたJなのであった。


                              (おしまい)


いや〜しかし、恐ろしく長文旅日記になってしまった!(◎-◎)
短く要領よくまとめる文才のある人が羨ましい。(苦笑)

今回の旅日記に登場してくださった皆さんありがとうございました。
また会えなかった皆さんも調整ありがとうございました。

書いた自分にお疲れさん。
読んでくださった皆さんはもっとお疲れ様でした!(爆)

posted by J at 22:15| Comment(20) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

灼熱の東京砂漠の旅(その11)


ホテルの人は「大江戸線で大門駅で降りる」と教えてくれた。
今回Jはiphoneを過信しすぎて地図や路線図は持ってこなかった。
たとえあっても見方がわからないから同じことだったろう。┐(´ー`)┌

さて、大門駅に着いた。
荷物が邪魔だ。コインロッカーに預けようか?

 ・・・・・でも・・・・~(-゛-;)~

Jの場合(苦笑)預けた場所自体を忘れてしまうことが考えられ
また帰りに違う駅から乗ることもあるかもしれないので
荷物はそのまま持っていくことにした。(汗)

駅を出たがどこにも東京タワーなんか見えないぞ?
とりあえずテキトーに歩いてみる。
iphoneのバッテリーはすでに半分を切ってて、帰りが不安なので
出来るだけ使わないようにした。


  Jはiphoneをアテにしないことに決めた。(⌒^⌒)b 


そして、路上で作業をしている人に東京タワーはどこにあるか聞いてみた。
(人はアテにしているらしい。(* ̄m ̄)プッ)
そしてあっちのほうにまっすぐ歩いていけば見えるはず、と言われたとおり
歩いて行ったが一向に見えてこない。┏(゚ェ゚) アレ?

立ち止まって後ろを振り返ると、全然違う方向にタワーが見える。
TV塔なのか?でも他に目立つ塔なんてどこにもない。
あれがきっと東京タワーだ!間違いない。


  Jは人を信用しないことに決めた。(-_-#)


そう、信じられるのは自分の勘だけ!
目指すは東京タワー! 行くぞ〜〜〜!( ̄Д ̄)ノ オウッ


ところが目には見えるのになかなか近づかない。
大きな門をくぐったところに公園があったのでひと休みして


hato.JPG  東京の鳩を写す(笑)


なんだか大袈裟な神社が見えてきた。


zoujyouji.JPG   じゃ〜〜ん( ̄ー ̄)

と、写メだけ写して観光を済ませた気分になる。


ojizo-san.JPG  お地蔵さんは圧巻だった。


暑いし荷物は重たいし、ってかキャリーケースなんて持って歩いてる人なんて
どこにもいないし・・・おのぼりさんはJだけなのか?(*´д`*)ハァハァ・・



   着いたっ!(喜)


                       (最終回へ)

posted by J at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

灼熱の東京砂漠の旅(その10)


   8月22日(3日目)


7時半起床。 <( ̄∇, ̄*)/アーヨクネタ

さて、今日は何して遊ぼう・・・ワカラナイ。~(-゛-;)~
考えてもみたら、Jのライブ遠征はライブを見ることが目的なのであって
観光というものをこれまでしたことがなかった。
ライブ会場とオフ会場とホテルしか行ったことがなかったのだ。(汗)
ホテルのロビーのパソコンでブログにレスして、11時のチェックアウトまで
涼しいホテルに居座る。(そんなヒマ人客はJだけ。(* ̄m ̄)プッ)
それからキャリーケースを預けて、新宿の街に出てみる。

ここから一番近いのは新宿御苑らしい。
庭なんぞ見て、何が面白いのだとも思ったが、近そうだから向かう。
てか、今日もアツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・
すぐにへたれになってファッションビルや本屋で涼を取りつつ
iphoneのmapを頼りにテクテク歩く。

  着いたっ!ヽ(´ー`)ノ
・・・・と、思ったら休館日だった。ガ━━━( ゚д゚ ;)━━━ン

仕方なく今来た道を戻る。。。。。(( T_T)トボトボ
ただ汗をかきに来たようなもんだったなーと、新宿駅に戻ろうとしたら
喫煙者達の大集団を見つけた。
(∩´∀`)∩オォ♪ 嫌われ者の同志達よー(喜)
そろそろタバコやめるかなーと考えてはいるのだけれど。

   ○Oo。―y( ̄∇ ̄;)プハー

お、そうだ!とホテルで貰ったミネラルウォーターを飲むことにした。
力いっぱいキャップを開けようとしたが開かない。(またか)
なんでこんなに力ないんだ?気は強いのに。(-_-#)
両隣を見る。左側は若いお兄ちゃんで右側には浮浪者風のじーさん。
左側の青年に「すみません、開けてください」と頼んで開けてもらう。

 ふと、上を眺めると大きなビルにALTAと書いてある。

w( ̄▽ ̄;)wワオッ!! これがタモリのアルタかぁ〜(笑)
下に人が何気に溜まっている。
しかも時間は12時の20分前だ。

せっかくだからTVにでも映ってくっかとアルタ下へ移動。
大急ぎでブログを更新したが、誰か見ててくれるかなぁ〜

TVカメラが降りて来た。
Jは若者に混じって中央で待機。
そして合図の元、メロイックサインで若者達と共にぴょんぴょん跳ねた。

   ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
「はい、終了ですー」 なんだもう終わりか。(苦笑)


それからホテルに戻り、荷物を受け取り次はどこへ行こうと考える。


  やっぱ、東京タワーだよな〜(*´∇`*)(←昔のおのぼりさん)


ホテルのフロントの人に東京タワーへの行き方を教えてもらい。
新宿駅のあたりをウロウロしたらHMVの文字が目に入ったので
HMVに向かう。理由はない。そこにHMVがあるからだ。(笑)

hmv.JPG  大好きなHMV!

キャリーケースを引きながら店内を物色。
ちょっと恥ずかしい。((ノェ`*)っ))
でもめぼしいものはなかった。 やっぱネットで輸入盤を探したほうがいいな。
こんなことなら昨日judasさんにプログレ館の地図を書いてもらえば良かった。


降りのエスカレーターでは下段のカップルがキスしてた。(;´-`)。oO(ぇ・・・)
すぐ真後ろでキャリーケースのおばさんが直視してるってのに・・・
やっぱ東京は進んでるなぁ〜 ┐(゚〜゚)┌ (なぜか感心)


お?もう2時過ぎだ。なんて時間が経つのが早いのだ。(汗)
さ、東京タワーへ急ごう!まともな観光をするのだJ!

     ε=ε=ε=┌(;´゚ェ゚)┘
                        (まだ続く)
posted by J at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

灼熱の東京砂漠の旅(その9)


ライブが終わった途端、観客は一斉に帰り支度を始めた。(当たり前か)
テツは東京の友達のtacarin!さんと話をしている。
「よろしくぅ〜(^_^)」と挨拶をして、勝手についていくJ。(爆)
ここではぐれたらJは新宿まで帰れない。ε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ
てか、周り中大柄でメガネのおっさんだらけなんだけど。

 Σ(゚д゚lll)ガーン なんで、皆こんなに似てるんだーー

全員同じような格好で(Tシャツとバミューダーパンツ)首にはタオルなんか巻いて
同じ方向に向かって歩いている。(その先に駅があるからだけど)
まるで、判子みたいにプログレおやぢ達は似ていた。(怖)


 プログレおやぢの大集団  ヒィ──(ノ)゚Д゚(ヽ)──!!

間違えて全然知らない人について行きそうになったところを
おーさんが気づいて救出してくれた。(苦笑)
駅で言われるままに切符を買い電車に乗って新宿で降りた。

 これから打ち上げ♪素敵なプログレバーにアタシを連れてって!(*゜v゜*)

Jのささやかな期待は軽くスルーされ、向かった先は金沢のやきとり横丁に
瓜二つな怪しげ〜な場所の怪しげ〜な店が立ち並ぶ「思い出横丁」。

  なんか・・・デジャヴー (´Д`|||)

どの店にするかと歩いていたら「二階涼しいよー」という呼び込みに吊られ
これまた怪しげ〜な中国人の店に決まった。
怪しげ〜な階段を上がると屋根裏部屋みたいな小さな部屋に
小さなテーブルが二つポツンと置いてあった。
全てが怪しかったが、確かに涼しかった。(笑) 


 とりあえず、カンパ─(*´ω`)o∪☆∪o(´ω`*)─イ


tacarin!さんやおーさんもプログレにはめっぽう詳しくて
でぃ〜ぷな店ででぃ〜ぷなプログレ談義が出来て嬉しかったー!
コアな音楽の話やどうでもいい世間話は尽きることはなかったが
そろそろテツの帰りのバスの時間が近づいてきたらしい。
それに気づいたのが他の二人で(本人は時間を全く気にしてない)
「早く行かないとバスに乗れなくなるぞ!」と大慌てで会計を済ます。

テツは大事そうに何枚かの紙を持っていた。
ネットをしないテツの為に地元の友人がバスの予約をしてくれ
時刻表や引換券やバス乗り場の地図をプリントアウトして持たせてくれたのだ。

試しにテツを一人で泳がせてみよう、と、先に行かせたら反対方向に向かっていった。
「俺は金沢の友達からテツをバスに乗せてくれと頼まれている!」
tacarin!さんはそう言ってテツを呼び戻している。

  ( ̄ェ ̄;) エッ?

「ねぇ、あの人・・・方向音痴なの?」
「テツは絶対に一人では帰れない(きっぱり)」
そしておーさんはこれまでのテツが残した恥ずかしい数々の伝説の
ごく一部をおもしろおかしく語ってくれた。
こりゃJよりひで〜や! _( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!
バスを探すテツとtacarin!さんを追いかけながら腹を抱え笑い転げるJ。
テツは東京にしょっちゅう行ってるから、地理にも詳しいだろうと
勝手に思い込んでいたが、常に誰かに連れて来てもらっていたのだった。
もし明日行動を共にしたら巻き添えくって飛行機に乗れなくなったかも。
このおやぢを今夜中に金沢行きのバスに乗せなければいけない!
いつしかJも変な使命感に燃えていた。(爆)

お?無事に乗車券と交換できたようだ。(^_^)
テツはまるで目当てのバスを見つけたかのように意気揚々と歩いていく。

「なんか、背中に自信が漲っているんやけど(^^;)」
「あ、ほんとだ(笑)」

この高速バス乗り場というのが非常に複雑で離れたところに
何台も同じ会社のバスがあって見つけにくい。
「ママには絶対無理」そう言い切ったJ子1の言葉が蘇ってきた。(苦笑)

・・・テツの目指したバスは違うバスだったらしい。(笑)

「見て見て〜〜今度は背中萎えてるよ〜〜( ´∀`)ゲラゲラ」(←まるで他人事)
テツは後ろを振り返ることなく目的のバスを探している。tacarin!さんも必死だ。

「でも・・・あの人、アタシ達(←アンタはなんにもしとらんだろう!)に
 全然感謝してないみたいよ(;一一) 」
「そう、そこなんだ!o(`・д・´)o 」おーさんは続ける。
「テツは皆の愛に見守られながら生きていることに気づいてないっ!」


      世の中には

他人に心配や迷惑をかけても、その自覚が全くなく
常に人を自分のペースに巻き込んでしまう困ったちゃんな人間と

その困ったちゃんに振り回され、多大な迷惑をこうむり、
それでもピクミンのようにせっせと世話を焼いてしまう善人と


 大体2種類の人間がいるものだとJは悟った。<( ̄^ ̄)>


・・・Jは明らか前者のほうだな。(-_-#)
周りがいい人ばかりなので、自分も同じ種類の善人だと思ってたが。(爆)


あ、金沢行きのバスが見つかったようだ。(´▽`) ホッ
乗り場まで見送るtacarin!さんとおーさんに「ありがとう〜〜!」と
熱い握手を交わしてテツは礼を言っていた。一応感謝はしているらしい。
Jには「じゃ」の一言だけだった。( ̄w ̄) 
ただ面白がって着いて来たのを見透かされていたのだろう。(笑)


そして東京でたっぷり遊んで来たらしいギャル達と共に
プログレおやぢは嬉しそうにバスに乗り込んで行った。。。

   ネタを  サンキュ──ヾ(*´∀`*)ノ──♪


今度はこの親切な二人がJを送ってくれた。(恐縮)
新宿駅まで戻って来れたので、「もうここでいいです」と言うJに
「テツの前例もあることだし、ちゃんとホテルの前まで送る」という二人。

 ほんとにいい人達だった。(涙)
 

ホテルが見えた場所で再会の約束をして握手。
しかし、彼らはJと関わることになって、またひとつ厄介なお荷物を
しょいこんでしまったということを、その時点では気づいてはいなかった。


 (。-ノ-)/Ωチー-ン!!(。-ノ-)ノ彡☆ポクポク!!


  tacarin!さん、おーさん、(多分ここ見てないだろうけど)どうもありがとう!<(_ _)>


ホテルに帰り、真っ赤に腫れた足を見て愕然とし(顔も刺されていた。笑)、
iphoneから掲示板にレスしようとしたがうまく入力できず諦めて、就寝2時。


                 (これでやっと2日目終わり。続く)

posted by J at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

灼熱の東京砂漠の旅(その8)


ついで(笑)で見たはずの四人囃子がたいそう良かったので
すっかり機嫌も良くなったJ。うふふっ(*゜v゜*)(単純)
おーさんと話も弾む。テツは酒でも買いにいったらしい。

ふと、振り返ると邪外さんがいた。(*´-ω・)ン? 隣に女性の影が・・・
その場で彼のiphone4に電話してみる。あ、出た。(なんか面白い)
「f(´−`;) あのー? ちょっと聞いてもいいですかぁ?」
「なんでしょー(^_^)」 互いに遠目で会話するとまるでTV電話だ。
「隣にいらっしゃるのは奥さんですかーーーー?」

そう、その怖そうなHNとは似ても似つかぬ優しいマスクで気配り上手な
邪外さんは昨年(だったか?爆)嫁さんをもらっていたのだ。( ̄ー ̄)

「(げらげら笑いながら)違いなすよぉ〜 友達ですよぉ〜」
ヽ(^。^)ノアリャアリャ そうだったんかいっ!
こりゃ失礼しました。へっへっへと笑いながら電話を切る。

そろそろルネッサンスの出番だという頃にテツが戻ってきて
「席替わるか?」とまた聞いてきた。(笑)

  「じゃあ、替わって」(爆)

 
  ルネッサンス ライブレポ(後で書く。爆)


ルネッサンスが終わって、すっかり張り詰めていた緊張が解けたJ、
余裕で物販を見に行く。川 ̄ー ̄)
物販は行列が凄くてルネッサンスのTシャツはもうなかった。
当然SサイズとMサイズを交換してくれる人もない。(苦笑)
(仕方ない、あれはパジャマ替わりに着よう)

ついでにトイレでも済ませておくか、と女子トイレへ行こうとしたら
邪外さんに声をかけられた。(今日はよく会う。笑)
そこでライブの話をし、iphone4に入っている本当の(爆)奥さんの
動画を見せて頂く。
(*'▽'*)わぁ♪ カワイイ〜 お似合いのご夫婦だわ〜(嬉)
まだ実際にはお会いしていない奥さんに「初めまして〜」とご挨拶。


さて、このフェス。炎天下でのライブとあって、Jは万全の対策をとってきた。
帽子、日焼け止め、扇子の三大レディースセット(どこが)に加え
水で湿らすと冷感効果があるネッククーラーと冷えピタシートも持参。
このネッククーラーがなかなか効果を発揮して、冷えピタシートは
必要なかったのでおやぢ達に分けてやった。(恩着せがましい)
暑さも昨日の鶴見に比べたらたいしたことはなかった。日陰だし。(笑)



  だが・・・・最大の敵が・・・予想もしなかった敵がいたのだ・・・

 
        それは



        ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン


暑いだろうと膝下までのパンツを穿いていったのだが、
なんか痒いなぁ( ・д⊂ヽ゛ と、ボリボリ掻いて(まるでおやぢ)
気がついたらJの両足はボッコボコに腫れあがっていた。(泣)

テツに「蚊がおるんやけどーいっぱい刺された」と言うと
「(。´д`) ン? なんも刺されとらんぞ。アンタ0型やろ」
アタシはA型やと答えながら、やはり膝下丸出しのテツの足を見る。
ふむ・・・確かになんも刺されてないようだ。

 どーして、酒を飲み続け、汗をかき続けているおやぢを刺さずに
 この人よりは絶対に血がクリアなはずのJを刺すんだーーー(涙)

      の  だらっ!  ヽ(`Д´)ノ


ホテルに帰って数えてみたら30箇所近く真っ赤な斑点が出来ていた。
普段は蚊に刺されても1時間程で跡形もなく痒みも腫れもひくのだが
この腫れ跡はその後1週間、Jの足からひかなかったのである。
野外ライブ行ったのに焼けてないと周りの期待(そんなもん期待すんな)を
裏切った替わりに「これが名誉の負傷」と、自慢気にグロテスクな足を
見せびらかしたのは言うまでもないことだが、それにしても・・・


   恐るべし、野音の 蚊  彡(-ω-;)彡

                     (しつこく続く)

posted by J at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

灼熱の東京砂漠の旅(その7)


ひと足先にGITANOさんがお帰りになることになった。
遠いところ、本当にありがとうございました。
今年は来てくれなかったけど(ガセネタで喜んでいたのはJだけ。自爆)
来年か再来年(笑)SANTANA見に行きましょうね♪( ̄ー ̄)

そして「日比谷と新宿はひと駅間じゃないの?」というJに
「こりゃ、ダメだ。一人では行かせられない」と思ったのか
ともさんとjudasさんが近くまで同行してくださることになり、
お二人を待たせ、ホテルのチェック・インを済ませた。

で、そのまま日比谷へ行くと思いきや・・・・


union.JPG  寄り道〜♪ィェ━━v(o´∀`o)v━━ィッ

本日のプログレ・フェスのTシャツを着たJと、
それぞれマニアな(笑)ロック黒Tを来た二人。
「あの3人これから日比谷に行くな」と他の客は思ったことだろう。(笑)
JはEL&PのBOXセットが安かったので欲しかったが、いかんせん
デカい┗(-_-;)┛オ・・オモイ… で断念。
代わりにピーター・バーデンスのソロを1枚買った。(爆)
もっとじっくり見たかったが・・・また明日来ようと思った。

電車中、野音では地元のプログレおやぢ達と一緒に見ること。
ついでに明日はおやぢ達の東京観光に着いて行き、
適当な時間になったら「では、アタシは飛行機で。( ̄ー ̄)」と
涼しい顔で別れるという、腹黒い計画をjudasさんに聞いてもらった。

どこか(忘)の乗換えでjudasさんとはお別れだ。
今年こっそりJ県に訪れていたそうで(-_-#)、今度からはちゃんと
知らせてよね、タメなんだから。(笑) Bye ((ヾ( ^-^)ゞ Byeー♪

ともさんは一緒に日比谷で降りて、会場前まで送ってくれた。
ポリスの時もオフ会場の下見から、seikoちゃんを迎えに行ってくれたり
当日も会場まで道案内してくれたっけ・・・
今回も懲りもせず(爆)お付き合いくださったご恩はJは絶対に忘れません!
ありがとうねぇ〜と手を振るJに、ディズニー焼けした爽やかな笑顔で
手を振り返し、ともさんは野音に向かってぞろぞろ歩いてくるプログレ集団に
一人立ち向かうかのように帰って行った。Σd(゚∀゚d)カッコイイ!


すぐに開場になったが、日よけのない会場に早く入るのもキツいなぁ〜と
迷子にならない程度に日比谷公園を探索する。
やっさんはもう入っただろうか?メールしてみたら返事が来た。
「今ヤマダ電機です(笑)」 (゜Д゜) ハア?? なんでヤマダ電機に??
もうじき始まるというのに、どうしてヤマダ電機にやっさんはいるのだ?
彼は陰陽師だから、きっとヤマダ電機になにかがあるのだろう。(勝手に納得)

意を決して、灼熱の野音に足を踏み入れた。…o(;-_-;)oドキドキ♪
(*゚Д゚) アレ? Jの場所は日陰になってる〜〜〜っ!

こんなことならさっさと入ってれば良かったと、喜び勇んで自分の席に行く。
  ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
途中で邪外さんとも軽くご挨拶。彼はJの3列程後だ。

yaon.JPG ←Jの座席から見たステージ(笑)

端とはいえ、最前に等しいこの席・・・
チケ取りで色々すったもんだした挙句、先行予約後にチッタのmore会員である
picoさんにお願いして取ってもらった神席だ。(嬉)
picoさんはJが頼んだ翌朝3枚分・・・立替してくれた三万円を握り締め(爆)
郵便局まで走って振り込んでくださったのだった。
ご自身は行かないのに・・・・(涙)
この場所なら、昨夜はよく見えなかったアニーがよく見える。
picoさん、ありがとう! Jは、Jは・・・この席で燃え尽きるからねっ!(T-T)
・・・と、ステージに向かい握りこぶしを震わせて自己陶酔していたら(苦笑)
何度か見たことのある(笑)極悪顔のおっさんが現れた。┌|゜ο゜|┘ヨッ!

 プログレ割烹のマスターだ。(笑)

一緒にいるのは・・・・あれ?(´・д・`)  知らない人だ・・・
予定では金沢のギルモアと呼ばれてる人だったが、彼は自分のライブと
かぶってしまい来れなくなったらしい。(* ̄- ̄)  可哀相に。。。
で、代わりに来た人を・・・仮におーさんとでもしておこう。(笑)
おーさんはお仕事で金沢と東京を行き来してらっしゃって
昨夜はおーさんの東京の寮にプログレ割烹のマスター・・・
仮にテツとでもしておこう。(爆) テツを泊めてくれたようだ。(・_・D フムフム

「で、今晩夜行バスで金沢に帰るわ」←テツ


   工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 


「明日東京見物行こうよぉ〜〜〜」「だってもうして来たもーん」
そりゃアンタは済ませたかもしれんが・・・(苦笑)
自分だけ飛行機だという都合の悪いことは伏せて(爆)、
2人の東京見物に便乗したかったのにと健気なことだけ訴えるJ。
「かわいそうだよ〜明日帰ればいいじゃんー」とおーさんも加勢してくれたが
「もうバスの予約してあるし、なにがなんでも今日中に帰る!」
・・・・明日の金沢に一体何があるのというのだろう?(笑)
まぁ、こういう展開も充分想定内ではあったけど・・・

明日のアテが外れて、不機嫌になるJにはお構いなしに
「ここ行って来たっ!(^_^)」とブリューゲルの版画展のチラシを見せる。
なんじゃこりゃ?夢にうなされそうな絵だなぁ。(ーー;)
「ほら、DVDも買って来たぞ!!(*´∇`*)」(←典型的オタク)


  
       ぷちっ 



「なんじゃい!こんなもんっ!!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ 」

と、そのDVDをひったくり、野音の加熱した地面に叩きつけ、
足で散々踏んだ後でポィッ(´゚д゚`)ノ ⌒ ゚と遠くへ投げ捨てて・・・


・・・・それが出来たらどんだけスッキリしたことか。(苦笑)


お、そろそろ四人囃子が始まるらしい。
「席替わるか?」一番端のJに問いかけるテツ。
「いえ、ここでいいです(・_・)」
おーさんを挟んで一触即発な気分(←Jだけ)でライブが始まった。

                           (ライブレポに続く)


          

posted by J at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

灼熱の東京砂漠の旅(その6)


     8月22日(2日目)

目覚ましを7時にセットしていたのに5時前に目が覚めた。(-_-#)
年寄りの朝は早いというが、なんで普段より早起きなんだ!バカ!<自分
今日はオフに野外ライブもあるから少しでも寝て体力を蓄えなければと
ベッドでゴロゴロしていたら逆にスッキリ覚醒してしまった。(´Д`|||)

  仕方ない、起きるとするか・・・ヘ( ̄ー ̄ヘ)))。。。フラフラァ


9時過ぎには川崎駅に着いた。
来る時はJRで来た様な気がしたが、なんとなく京急川崎という駅名のほうが
早く着きそうな気がして(爆)、そこから乗ることにした。
とりあえず「新宿」までの金額を投入して乗り込む。
この電車は品川で乗換えのようだ。
しかも乗ったのが普通の鈍行だったのか品川に着くまでに
「もしかしたら反対のところに行ってしまうのでは┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ」と
とても生きた心地がしなかった。(-_-;)
品川に着いたら着いたで「この切符では通れない」と注意され
JRの切符と交換してもらった。(←よく理解していない)
今度はどの電車に乗っていいかわからずしばらくウロウロする。(苦笑)
とはいえ、11時のオフ開始の10分前には新宿駅に着いたのだから
今日のJはいつになくΣd(d´Д`●)゚+。絶好調。+゚なのだろう。きっと。

わざわざ駅から一番近いホテルを取った甲斐あって、11時1分に着いた。
たった少し歩いただけでも暑かった。。。(;^_^A
なのにメイク直しもせず(苦笑)、そのまま二階の待ち合わせ場所へ・・・


 「(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ ともくん!ニセリッチー!!」


ロビーにはとも@音楽さんニセリッチーが待っていてくれた!
ともさんにはポリス、ニセリッチーにはJ・ベック金沢以来だ。
汗を拭きながら、昨夜のルネッサンスやオフの報告をする。
しばらくしてGITANOさんjudasさんとご登場〜〜!!

 「これで全員揃いました。(^▽^;)」

わずか2日前の告知に関わらず、都合をつけて来て下さった・・・
それも前にお会いした方ばかりで、Jとは既に面割れしているのに
わざわざこうして来て下さったことに、昨夜もそうだったが
Jはとってもとっても嬉しかった。(ノ_・、)

ランチの場所は外に出たら暑いので(苦笑)、
ロビー隣のレストランを提案した。
「あそこでいいですかぁ?」「そうしましょう、そうしましょう」
ここで別の予定があったニセリッチーとはお別れだ。(はぐはぐ)
ニセリッチー、短い時間だったけど元気な顔見れて嬉しかったです。。。

そして4人は席に着きメニューを見る。m(^._.^)m ドレドレ
一人が決めたら、「じゃ、僕も」「私も」と同じものになった。
パンかライスかも、全員ライス。

off.JPGiphone/image-20100822130150.png

   なんて・・・・皆いい人なんだろう・・・(^w^)

特に根拠はないが、そう思った。(爆)

それぞれHPやブログを持っている管理人ばかりなのだが、
Jも含め、皆、昔ほど燃えていないので(苦笑)ネットの話ではなく
家族の話や音楽の話、日比谷への行き方等、ともさんの充電器で
Jのiphoneを充電して貰いつつ(感謝)、和やかに談笑。
その過程で驚愕の事実が発覚した!

  judasさんもJのタメだったのであるっ!!驚愕の事実(笑)

お付き合いはもう随分になるのに、Jはずっとjudasさんは年下だと
思っていたし、judasさんは「多分一緒ぐらいだろう」と思ってたようだが。
judasさんのブログを見て、直感で自分も同じlivedoorでブログを始め
ひろりんの後を追っかけ、一緒にseesaaに越して来て・・・
妙〜に親近感があったのは、タメだったからなのかー(笑)
と、謎多きjudasさんの秘密をここで暴露。(* ̄m ̄)プッ

最初は誰もいなかったレストランもいつの間にか人で賑わってきた。
ふと後ろを見ると、予約席に老人男女が10名ほどで
楽しそうに食事をしている。

「あの人達もネットのオフ会なんですかね?」
Jの一言に皆で笑いながら「違うでしょ〜〜」 うん確かに。(爆)
でも、その雰囲気がとっても良くて、20年後、あんな風に
ネットの仲間達と集まれたら素敵だなって思った。
今後ネットもどんどん様変わりして行き、我々のような洋楽HPや
ブログは姿を変え、いずれはなくなってしまうかもしれない。
それでも数奇な運命の中で(大袈裟)こうしてネットを通じて
廻り逢えた素晴らしい友人達と、また今日来られなかった友人達と
あのじーちゃんばーちゃんみたいに皆で集まれたらいいなぁ・・・


   (´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)


 ・・・Jに会いに来てくれて、本当に有難うございました。(T_T)


                          (続く)

posted by J at 23:34| Comment(12) | TrackBack(1) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。