2012年10月04日

おばちゃんと行く京都バスツアー(その3)


6時半に出発して、すでに正午を回っていた。
空腹状態で携帯で遊んでたら気持ち悪くなってきた。(T┰T )
あと30分で着くと言ってたのに、30分後にまたあと30分(笑)と
ボケ老人相手のようなガイドの声にざわざわと文句が・・・

おばちゃんは(もちろんJも含)人の話は基本聞いてないが
トイレ休憩とか着く時間とかには敏感だ。
その時だけは、おしゃべりをやめて聞き耳を立てるのだ。

「私らをだらにしとるんかね?ヒソヒソ( ゚д゚)ヤダァ(゚д゚ )ネェ」
「格安ツアーだからお昼の時間も遅いのかもね(^▽^;)」

別段、だらにされてるとは思わなかったが(苦笑)
2時近くに昼食なんて、値段の関係かもとは思った。(^^;)

レストラン嵐山に着いた。
追加料金2000円でマツタケコースがあったが(先に予約)、
当然(* ̄m ̄)プッJはふつ〜のコースだ。
マツタケを予約していた客が先に入場して行った。
我々一般市民はその後に続く。
以前シレっと高いコースを食べた一般市民がいたらしく
「食べ物の恨みは怖いといいます」←と添乗員が何度も
バス中で呟いていたっけ・・・


kyoto3.jpg←追い銭なしのお料理

ちなみにJは漬物と山菜が苦手なのだった。(爆)


この部屋は2つのバスの貸切となっており
J達より少し遅れて同じスーパーの(3台出ていた)
バス乗客たちがわらわらとテーブルに着いた中で
一人こっちに突進してくるド派手なおばちゃんがいる。
Jの隣のおばちゃんとは知り合いらしい。
(o*'∇')o o('∇'*o)キャアキャア挨拶した後、
くるりと振り向き、Jに「あらぁ〜アンタも来とったがん!」と
抱きついてきた。..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!!

隣町では知らない人はいないスピーカーおばさんだった。
Jの店の奥さんの友達でしょっちゅう遊びに来ていた。
Jが支店に配属されてからはあまり会うことはなくなったが・・・

それからJの勤め先などを隣のおばちゃんにバラして
そそくさと自分の席へと戻って行った。
きっと明日には「Jさんとバス旅行で一緒になった」と
本店へ行って報告するのだろう。ま、別にいいけど。(-_-;)
隣のおばちゃんにはJの個人情報を後日話すことだろう。
このおばちゃん達のように他人のことを事細かく
知りたがる好奇心旺盛な人って結構多く生息してるようだ。

せっかくの嵐山なのに、所要時間50分。(汗)
食事も含めて50分だ。食べたら観光行くぞ、すぐ行くぞ!

 とはいえ、実質20分しか観光時間ないので
kyoto4.jpg←美空ひばり館

美空ひばり館の前まで早や歩き(笑)で行って来た。
時間あっても入館したかはわからんけど。(ーー;)

少し余裕みて(←置いていかれるのが怖いらしい)
抹茶ソフト食べ食べ(爆)バスに戻っていたら
さっき毛皮を買ったおばちゃんが買い物袋を2つも
下げてやはり一番最後に乗り込んできた。
今日だけ模範生のような(自画自賛)J、
こういう人はいつもこうなんだよなーと自分を棚に
高く高〜く上げて納得。(゜-゜*)(。。*)

ところが、その最後の人が乗ってきたのにバスは
発車できなかったのだ。 なぜ?ホワイ?(笑)

                     (続く)
posted by J at 00:31| Comment(8) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

おばちゃんと行く京都バスツアー(その2)


バスの中では、さっき一緒に男子トイレに入ったおばちゃんが
「あの添乗員に文句言うてやった!( ̄ー ̄)」
「Σ(^∇^;)えええええ〜 クレームつけたんですかー」
「言われた通り、男子トイレに入ったらかえって遅くなったって」

他にもトイレ休憩が取れずにクレームつけた人がいたらしく、
30分も経たないうちに再びサービスエリアで駐車。
多くのおばちゃんがぞろぞろと降りていった。

・・・タダで連れて来て貰ってても、おばちゃん達は言いたいことは
はっきり言うらしい。(^^;)


そして着いたのが岐阜の毛皮工場。
今回の旅行のスポンサーでもあるらしい。
こういった招待旅行とはセットにもなっていて、慣れた(?)人は
もう数回も来ているとのこと。(゜〜゜)ふぅぅぅん

最初に会議室のようなところに入れられ(苦笑)司会者が
バスの中で提出したクイズの回答と解説をトーク。
Jはきちんと(?)ネットで検索したのだが、ひっかけ問題があり
全問正解にはならなかった。チッ(・д・)
それだけでなく(苦笑)Jの答えを丸写ししたおばちゃん4人も
総崩れとなって、非常〜に肩身の狭い気分となった。(ーー;)

それから2階の毛皮売り場に移動。
毛皮販売員で笑顔がステキな(爆)おばちゃん軍団が待ち受けている。
あ、これ着易そうと思って値札を見たら680,000円と書いてあった。
これもいいなと思ってみたら800,000円と書いてあった。
動物愛護精神は全く関係なく(爆)、単にオカネがなくて買えないし
エキスパート販売員の口車も小心なJにとって恐怖であったので
ひとまず売り場横のトイレに逃避した。三 (lll´Д`)

トイレの中で育成ゲームをしてひたすら時間が過ぎるのを待つ。
買えないミンクを見ながら90分も滞在するのはキツイ。(;^ω^)

そのうち人声がしなくなったので売り場に戻る。

(;゚д゚)ェ. . . . . . .  販売員達しかいない。(汗)

  まさか、置いて行かれたってことは・・・・ないよね?


駆け足で今までの足取りを逆走してみる。ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
おばちゃんは大勢いたが、Jの知ってるおばちゃんはいない。
まさにウォーリーを探せ!状態だ。ドコ?(゚д゚;≡;゚Д゚)ドコ?

外にまで出てみたが自分の乗ってきたバスもわからない。
ふと我に返って(苦笑)置き去りはないだろうと思い直し
毛皮の売店に戻って販売員に「一緒に来た人達がどこにも
いないんです。(_ _。)」「ちゃんといらっしゃいますよ(^^)こちらです」

来た道を戻るわけでもなく奥にも売り場があったのだった。
そこではお手頃価格のショールやコートを販売していた。
何十万のコートを見た後ではそれらは魅力的だ。(苦笑)
大抵の人はここでオカネを落としていくのだな?( ̄▽ ̄)
Jはなにも買わなかったけど。♪〜( ̄ε ̄;)

その部屋から階段を下りると、更にお手頃なお土産コーナーに
なっていて、ここでも毛皮を買わなかった人がお菓子や
ふりかけ(笑)を買っていくようになっていた。
バス仲間(←心細さから、すでに心の友になっている。爆)も
この場所にちゃんといた。(´▽`) ホッ

やっとこさバス時間になってバスに乗り込む。
一番遅れて乗ってきたJ列のゴージャスなおばちゃんは、


  両手に大きな紙袋を提げていた。。。(ーー;)


                            (続く)

posted by J at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

おばちゃんと行く京都バスツアー(その1)


あれから2週間。もうその日がやってきた。(早)
朝5時起きで、出発時刻前に集合場所に着いたJ。
当選ハガキと身分確認の保険証を出してバスに行く。
添乗員とJの座席を探したけど見つからず、よぉく見たら
最後尾の中央の席にJの名前があった。
あるにはあったが・・・・

kyoto1.jpg←Jの座席からのショット(^^;)

座席は後ろに倒せないわ、お茶を置く場所もないわ・・・

しかも綾小路 きみまろ風のイケメン添乗員が
誰よりも良く見える場所なんて・・・・

kyoto2.jpg←イケメン添乗員(笑)

なんでこんなにたくさん当選者がいるのに、
Jだけこんな場所が当たるんだろうか?(;´д`)トホホ

出発する前に既に大きく萎えてしまった。_|\○_


さて、ご同行のメンバーだが、爺ちゃんが数名、あとは
全員おばちゃん、その殆どがJよりも上の世代なので
敬老会のバスツアーに参加しているような気分だ。(苦笑)
Jの左隣はJ母世代の元気でよく喋る婆ちゃん。
やたら世話好きでペットボトルやお菓子を振舞ってくれる。
Jの右隣はJの10歳下で小1のお子さんがいる人。
そのまた両隣もよく喋るおばちゃん達だ。
幸いその両側のペア同士で話が弾んでいるようなので
Jが常に相手をする必要はなく、同意(笑)を求められた時だけ
「あーそうなんですかー」「うんうん、そーですよねー」とか
軽く相槌するだけで済むのでラクではあった。(*^^*)


Jはエアクッションに空気を入れて寝ることにした。
起きててもちっともイケてないイケメン添乗員が目に入るし。

軽く寝入ったところ、南条サービスエリア到着の案内で起きる。


  やはりトイレは行っておいた方が良かろう。(o´ェ`o)ゞ


ところが大きなトイレなのに女子のほうは外にまで行列ができていた。
南条にはよく立ち寄るがこんなに混んでいたのは初めてだ。
するとイケメン添乗員(←なぜか皆に着いて来ていた)が
「男子トイレでされても結構ですよー」と小声で囁いたので
「じゃ、男子トイレに行こうっと( ´Д` )ボソッ」と呟き
何の恥じらいもなく男子トイレに行くとJの後を追って
同列のおばちゃん2名と見知らぬおばちゃん3名が着いて来た。
まさに学生時代以来の連れションである。(* ̄m ̄)プッ

いきなりおばちゃん数名がなだれ込んで来て驚いたのは
すでに用を足してる途中(爆)の老若男子達。
ところが個室トイレは4つしかなく(当たり前かー)
その3つが塞がっていた。
空いている一つは駆け足で入ったおっさんに取られた。
そして、Jはその時、重大な事実に気がついた。

「確実にの後に入るってことですよね(-o-;」
「そういうことですよね(-o-;」

しかも大というだけあってなかなか誰も出てこない。(苦笑)
なんで昼間っからみんなウンコしてるんやぁ〜(´Д`|||)

駆け足のおっさんが一番先に出てきた。
きっと後におばちゃん軍団が控えてると思ったら
緊張して出るものも出なくなったに違いない。( ̄w ̄) 
Jが一番目に入って出てきたけど、他の動きはなかった。(爆)

そして男子トイレでゆっくりと手を洗い出てみると
女子トイレの行列は跡形もなく消えていたのであった。Σ(゚д゚lll)

                                (例によって続く)
      

posted by J at 00:28| Comment(8) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

Jのニセ不倫旅行記


昨日はラリー・カールトンに逢いに福井まで逝って来た。( ̄ー ̄)
同行者はいつものMだ。
いつもの(笑)センセーはオープンキャンパスで来れなかったので
二人っきりでやや(?)遠出の旅となった。
最初はJが車を出すから高速代を出せ(セコイ)と交渉したのだが
Jの運転する車には乗りたくなかったのか(-_-#) またMの車も
時速80kmも出ないポンコツ(* ̄m ̄)プッらしく、
命を重視した結果、電車(しかも各駅停車)で行くことになった。

金沢駅のホームで出会うなり「なんか不倫旅行みたいやな( ̄▽ ̄) 」
Mはやけに嬉しそうだ。( ̄w ̄) ぷっ
2両編成(笑)の座席はほぼ埋まっていたのでJ達は老人・障害者用の
席に座った。隣には足元に盲導犬がいるし。(^^;)
その隣の盲導犬に気を遣いながら(苦笑)だらな話を1時間以上も
話し続ける我々は「よくしゃべる中年夫婦」に見えたことだろう。(苦笑)


harue1.jpg   春江駅

徒歩22分にすでに怖気づいているMを(しかも心臓病の。爆)叱咤し
タクシー代惜しさに歩くことに決めたJ。
それにしてもフツーは(苦笑)駅から「いかにも」同じライブに行くらしい
人が何人も歩いているはずなのに、人っ子一人歩いていない。
Mはパソコンから印刷した地図を眺めている。(苦笑)
「アンタ、アタシの秘書のiphoneを信用しとらんやろ?_(-_- )ノ彡☆」
「Jの数々の伝説を振り返ると当然信用できん(`ヘ´) 」
と、ケンカになって別々の道を行くわけでもなく、途中で見つけた
元祖ソースカツ丼のヨーロッパ軒に迷わず飛び込む二人。


harue2.jpg デカい!..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ でも完食・・・

 
harue3.jpg 壮大な田園

harue4.jpg まったりとくつろぐカルガモ集団


会場にはたくさんの人が入っていたが、J県の知り合いは一人もいなかった。
M嫁の実家はこの近辺らしいが、親兄弟がこの会場に来てる筈もなく・・・
「これでは不倫疑惑の噂さえ、立たんがいね。つまらん!」

  


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ライブ終了後、もう一度見回してみたが友人、知り合いはいなかった。
市内のライブハウスでやたら見かける人はいるにはいたが、
口もきいたことないし、向こうは総スキンヘッドなのでJが憶えているだけで、
向こうが目立たないJを憶えているかは自信がないので声はかけれず・・

・・・と、Mがなにやら誰かと嬉しそうに会話してるじゃないか!(喜)
一人は福井の方らしいがもう一人はなんとJ県の方らしい。
Jは小声で「乗せてもらうように頼んで」と呟き、「なにがなんでも
乗せてってもらうし!(VェV)」という熱い視線を送り続けた。(怖)
そしてMが頼んだ後に、「この人ももう長くはないだろうし
その時は『あの時乗せてあげてヨカッタ』と思えると思うんです。(^^)」と
追い討ちをかけるJ。(はい、アタシは天下の人でなし)
そのドラマーのNさん、家は松任だそうで、金沢までは申し訳ないとは
思ったが「助かります〜 いいんですかぁ?」と言っても
「やっぱり結構です。電車で帰ります」とは絶対に言わないJ達。(爆)


 harue5.jpg
 
ライトアップされたロマンティックな噴水を眺めながらNさんの駐車場へ。
電車も面白かったが、やっぱり車はラクだった。(  ̄3 ̄)〜♪
今夜のお礼に来月のライブには必ず伺うことを約束して
先にMが降りて(←かなり歩いたはず)、ちゃっかり駐車場まで
送って頂いたJの日帰り福井の旅は無事に終了したのだった。v(*'-^*)b♪


 

posted by J at 23:49| Comment(10) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

UK その後


ライブが終わり、口々に「良かったですねー(*^^*)」と話しながら
ドリンクを取りに4人で移動。(←変な連帯感)
バーは大混雑でそのまま生き別れになってお礼も言えなかった。
一番観やすい場所に立たせてくれて、話し相手になって頂いた
島根と大阪の方達、どうもありがとうございました。<(_ _)>

会場を出てJ子が送ってくれたメールを見ながら地下鉄を乗り換え、
自力でJ子2のアパートへたどり着いた。ε-(゚д゚`;)フゥ...


部屋に入り、男の影を探してみる。((゚д゚o)キョロキョロ(o゚д゚))


   なんもなかった。(苦笑)


甲斐性のないヤツだとも、よしよしいい子だとも、思った。


J子は既に寝てたがJが「ロック食堂行くぞう!」と声かけたら
「ウチも行く〜(`・ω・´)」とすぐ起きてきて着替えた。(早)
ちょうど滑りやすい床で滑っている夢を見ていたので
起こしてくれて助かったと、そんな理由で礼を言われた。(^^;)

「ほやけど台風やし、閉まっとるかもー」
そんな不安はあったが、徒歩2分だし(笑)とりあえず行ってみた。

 (*'∀'人)ワォ☆ 開いてた!

周りのお店は軒並み閉まっていたが、目的のTHEロック食堂
開いていた。ワーイ♪ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ♪
店には金髪のマスターと男性客が約1名。(笑)
カウンターに座り、昨年来たけど閉まってたことやUKに来たこと
事前にJ子2に下見に来させていたこと等、早口でまくしたてる。
マスターはJのカンサスTを見るなり、AUDIO−VISIONSツアーの
DVDを見せてくれた。《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜
なんと初来日のコンサートにも行かれたそうで死ぬほど羨ましい。(爆)

uk4.jpg ←kansas上映ちう

J子2は前に来た時は一番安いビートルズ・カレーを注文したらしい。
「ピンクフロイド・カレーが食べたかったんやけど(´・ω・`)」
で、今回はJ子2は念願のピンクフロイド・カレー(笑)
Jはフレディー・マーキュリー・カレーを注文した。

uk5.jpg  ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ


んで、J県から来たことを話すと一人の(って一人しかいないし。汗)
男性客の友人がT・バードと昔ツアーに出たとかで、そもそも大阪の人が
T・バードの名前を出してくれることが嬉しくなってしまって
「じゃあ、今度越中に会ったら今日のこと、話してあげたいんで
 ・・・・えーと楽器は?ギター&Voね メモメモ...φ(._.*)y-。o0
 バンド名は?サザンクロス??サザンクロスってあの?
「いや、あの演歌のほうではないです。(^^;)」
「・・・・ですよねぇ〜(^^;)」

とっさに「足手まとい」をイントロから脳内再生してしまった
そんなベタな自分が恥ずかしい。。。。(*´ェ`*)ポッ


金沢出身のバンドマンとも交流があるローレルさんは現役で
活動中で、Jには不得手(汗)なサザンロックに精通してらして
色々勉強させて頂いた。

先に帰してもいいやと思ってたJ子2も興味津々で
楽しそうにマスターやローレルさんの話に耳を傾けていた。
そして夜が更けるまで子連れで(笑)盛り上がったのである。

uk6.jpg uk7.jpg

 美味しいごはん、美味しいお酒、美味しいロック・・・


いいライブを見た後の最高の打ち上げだったわぁ〜(^O^)

また今度J子2のところに来たら必ず寄らせてもらいますわ。
マスター&ローレルさん、(人'▽`)ありがとう☆


  そしてシャワー浴びてロフトで心地良い眠りに・・・

     Σ(>д<) イタイッ!!



 足、攣った。(爆) それもハンパない痛さだ。


 足抱え のた打ち回る 午前5時
                   
(なぜか一句)


Jのうめき声で起こされたJ子2。Jの足をさすってくれた。(涙)
J子はそのまま起きていたようだ。悪いことをした。
Jは痛みが遠のき再び寝入ってしまったらしい。(は?)

 「じゃあ、学校行って来るし〜 鍵お願いねー」
  下から声が聞こえる。Σ(;゚ω゚)ハッ!!
「ちょっと待った!行く前にもう一回顔見せて!」 


ロフトの下からニッコリとJ子2が手を振った。(^ー^)ノ


 そして再三寝入るJなのであった。(どんだけ眠たいんや)

                                 (完)
posted by J at 00:51| Comment(17) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

UK その前



 6月 19日

台風が来るってんで、戦々恐々とした割には
30分遅れただけで、すんなりと大阪駅に着いた。


uk1.jpg 太陽と戦慄ちゃん(違)


2時には心斎橋でJ子2と無事落ち合うことが出来た。
元々午後からは講義はなかったらしいが、台風の関係もあり
すみやかに家に帰るよう指示が出ていたらしい。

「7時半の開演まで付き合ってや〜 スリ(●'∀`人'∀`●)スリ」
「Σ(- -ノ)ノ エェ!? まだ2時やしー 台風も心配やしー」
「嫌なんか?Σ(。・Д・。)アン? 久しぶりに会ったんに!」
「つーか、ウチはライブのついでやろ?(VェV)」
「そ・・・そんなことない、1年ぶりにJ子2の暮らしぶりを・・・」
でも、ついでやろ?(  ・ _ ・  )」←しつこいJ子
「まあ、そういうことや(。-´ェ`-)」←正直なJ

J子と遅いランチを食べ、携帯の充電してる間、
心斎橋筋で洋服見たり、J子のバイト先にも寄ったりしながら
本来(爆)の目的のなんばHatchへ向かう。
なんばハッチ・・・よくメタルのライブとかで耳にする会場名。
みつばちみたいな名前だけど想像したよりも大きな会場だった。


まだ時間も早いけれど、すでに何人か待っている。
スタッフに立見の順番待ちの時間を確認して
物販のTシャツを購入したところで、J子は帰す事にした。
「ここからJ子2のアパートまでの行き方メールしといて」
もちろん、タダでは帰さない。(ΦωΦ)

しばらく時間を潰してから会場に戻ってみると結構人が集まっていた。
今回は立見だからできるだけ体力は温存しておきたいものだ。
しかし、会場は座れる場所がなく、喫茶店に入ると別の悲劇を繰り返すので
それもできないってんで、ナイロン袋を敷いて壁際に座ってみた。
・・・これでは、浮浪者のおばちゃんだ。(ーー;)
まあ、知った人もいないしいいかー(そんな問題か?)
そのうち立見の順番待ちの場所が作られたのでそそくさと
ナイロンを畳み(苦笑)列に並ぶ。2人1列でJは2列目だ。
ここでも無言で数十分は立っていた。
開場時間になり指定席客が入場した後に係員の先導の下
立見客の入場だ。((o(´∀`)o))ワクワク
その時Jの前にいた青年が当日券の列だと勘違いしていたらしく
列を離れて(←ちなみに彼は運良く1枚だけ余ってた指定席で見れたそうな)
Jは最前へと進むことが出来た。

  立見でも嬉しい最前という響き・・・(* ̄。 ̄*)ウットリ


立見は50人はいるようだ。立見のクセにヘンな優越感で(苦笑)
得意気にスタッフの後に着いて行く。(  ̄3 ̄)〜♪

「どうぞ奥のほうから詰めて行ってください」との指示が出たが
「端はないわな(^^;)」ってんで、Jの隣の人と後ろの2人はPA横の
一番見やすい場所を無事GETィェ━━v(o´∀`o)v━━ィッ

uk3.jpg ←ココ

その時点でやっと打ち解けて(笑)会話が始まった。
立見になったのは全員同じ理由で(川崎だけだと思っていた)
でも、立見でも見たかったわけだからUK大好き、特に島根から
来ていた青年はアツかったな。(笑)
あとの2人は大阪人だったが、ゲイリーにも行ってたらしい。
多分他にも色んな会場でスレ違っていただろう。(苦笑)

そのうち、お約束の「ゆっけっ!ゆっけっ!」コールが始まった。
会場は超満員。最前から最後尾(ワシら。爆)まで、
これから始まる奇跡への期待感ですでに盛り上がったのであった。
(まだまだ始まってもいないのに。(* ̄m ̄)プッ)

     ライブレポに続くよん♪  ( ̄ー ̄)
posted by J at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

湯快リゾートな旅(その4)


それから向かったのはJ県版『三丁目の夕日』
古いモノや死語をひっくるめて「昭和」と呼ぶ平成っ子の
J子2は「(*'▽'*)わぁ♪ すごい〜」と大喜びだ。
ここでもJの10倍以上写真を撮っていた。
Jも少し撮ったので懐かしいものを紹介していこう。(^^)


wakura18.jpg  ミュゼット

Jが誕生した記念にJ父が自分の為に買ったらしい。(ーー;)
その車で産院に迎えに来られたJ母、たいそうビックリしたそうな。


wakura19.jpg  蓄音機

あれでLPもかけていた。当然盤はキズだらけになった。
ターンテーブルが小さいから、歌もヨタっていた。
しかし、当時は繰り返し聴けるだけで満足だった。


wakura20.jpg  お菓子

フランスキャラメルとディズニーにキャラメルが懐かしかった!
しかし、写真がブレてて残念・・・(←すでに投げやりで写してたし。汗)


wakura21.jpg  ジュークボックス

当時のHIT曲のレコードが入っていて、人が集まる場所(苦笑)に
よく設置されていた。洋楽も入っていた。いつの間にかなくなっていた。


wakura22.jpg  メンコ

正直どうやって遊ぶのか、よくわかってない。(ーー;)
小さくて蝋が塗ってあるのは指で飛ばしたことがある。
ちなみにJ子はお土産に何枚か買っていた。(^^;

wakura23.jpg お医者さんセット

左上のままごとセット同様によく遊んだ。
そのうち部品をどんどん失くして、また買ってもらい、
3代目ぐらいは買い替えたような気がするが、どうやって遊んだか
全く記憶にない。きっと人形かぬいぐるみ相手だろうが覚えてない。


wakura26.jpg りぼんとなかよし

少女時代の愛読書。(笑) 毎月この2冊は必ず買っていた。
右のりぼんは実際買った覚えがあるが(付録も覚えてる。爆)
このなかよしはなんか気持ち悪い(苦笑)なぁ〜 


「あ〜、これ持っとった〜」とか「うわぁ〜懐かしいぞいね〜」とか
昭和にどっぷり戻って楽しんだのであった。
気がついたら他に客もいないのに、2時間以上過ごしてしまっていた。。。


 

wakura24.jpg 千里浜

wakura25.jpg カメラマンJ子2(笑)


「楽しかったー あ( ̄○ ̄)り( ̄◇ ̄)が( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う」
棒読みで(爆)礼を述べるJ子2とJの超リーズナブルな旅日記は
これにておしまい。


てなわけで、皆さんも是非J県に遊びにいらしてくださいね!(^ー^)ノ

posted by J at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

湯快リゾートな旅(その3)


さて、朝、気がついたらJ子2は出かけていなかった。
一人で存分に写真を撮りたかったらしい。(-_-#)
ふと窓を見ると「(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ 鳩が〜」

wakura11.jpg   和倉のハト(笑)

J日記には意味なく、度々登場する各地のハト。
今回は見かけないので昨日カラスでガマンしたが・・・

しばらくしてJ子2が帰って来て、ハトの話をすると、
「ウチもハト撮ってきた」とデジカメを見せてつぶやく。

「なんか遺伝を感じる (`・ω・´)」

・・・ハトを見たら撮りたがる遺伝って・・・(´Д`|||) ドヨーン
似た方も似てもらった方も、どっちもあんまり嬉しくないし。(涙)


予約時間きっかりに(笑)、朝食バイキングに向かう。


wakura12.jpg Jはいつも朝は食べません。(^^;


そこでも終了時間までいて(苦笑)それから朝風呂も入り
チェックアウト12時までゆっくりだらだらと過ごす。(怠)
で、宿を出るときは他に車は1台も(汗)なかった。
とどのつまり、全てにおいてJ達は「最初から最後まで」
7800円温泉を貪欲なまでに満喫したことになる。( ̄ー ̄)


J子2が朝の散歩で見つけた神社におみくじがあったので
それを引きに行きたいと強請ったので、渋々行ってみる。

wakura13.jpg 夫婦神木(爆)

「J達には無縁の木やな・・・(-""-;)ムム・・・」

J子2はおみくじを引いていた。花みくじだった。
「・・・ウチの花はサボテンやって・・・(´・ω・`)」

花言葉はなんと「皮肉」だそうで・・・(-ι- ) クックック
皮肉屋になると人から嫌われ運を失う、とか
就職は望むところは困難、程ほどにせよ、とか
大吉の割には散々なことが書かれてあった。

ガックリ肩を落としながらも「これからは皮肉を言わないように
気をつけることにするわ。。。(。・_・。)」と真剣な面持ちのJ子2。

可哀相に思うどころか内心ウケてしまったJ(鬼母)、
面白そうなので自分も引いてみた。(^^;

誕生花は残念そのものであったが、花みくじはどうだろう?

Jの花はぼたん<( ̄^ ̄)> 花言葉・・・王者の風格

奢った気持ちを捨てればなんと玉の輿に乗れるそうだ!Ψ(`∀´)Ψ

「玉の輿なら(再婚しても)いい。(ーー;)」←J子2
「そうか、早速探すとするか。玉の輿でイケメンで年下で外人の・・・」
この時点で↑既に充分奢っているJなのであった。
ああ、降って沸いて一瞬で消えた玉の輿よ。(爆)


それから総湯前でセットした温泉卵が出来上がる間、
旅館で買ったスイーツめぐりの券を持って、
甘味を食べ歩くのであった。


wakura14.jpgごまソフト

wakura15.jpg 自由が丘ロール
wakura16.jpg わくたまくん

温泉卵が食べられない(苦笑)JとJ子2なので
出来上がった温泉卵(もしくはただのゆで卵)は家のお土産に
することにした。( ̄w ̄) ぷっ なんと安上がりな。(爆)


                  (しつこく続く) 

posted by J at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

湯快リゾートな旅(その2)


夕食は3部制になっていて、J達は一番遅い8時を予約していた。
でも、あまりにもお腹が空き過ぎて(苦笑)15分前に会場に行ったら
「じゃあどうぞ(^^)」と先に入れてくれるでもなく、きっちりと8時まで
会場には入れなかった。(;´д`)トホホ
そのうち、待ちきれない他の客も来たが同じように待たされ
8時になると「さあ、どうぞ〜〜〜」とばかりに一斉に入場。(笑)
当然先陣を切って入場のJ&J子2。( ̄ー ̄)ニヤリ


wakura7.jpg こんな感じ


wakura8.jpg おかわり(えっ!)


wakura9.jpg 更にデザート


ええ、冗談ではなく殆ど一人で食べつくしましたよ。(^▽^;)
てか、最後はかなり苦しかったけど、残すのが嫌だったので
時間の配分を決めて(←フードファイターJ)ゆっくり食べてたら
「お客様〜すみません、もうお時間なので・・・(-_-;)」とせかされた。
結局一番先に入場して最後までいたことになる。(苦笑)


それから大浴場へ行き、また(笑)マッサージベッドに向かうが
先客がいたので、近くにあったインターネットで時間を潰す。
以前は『なにをおいてもネット』だったのにねぇ・・・(ーー;)
J子2は今年の秋にフィンランドに行きたいそうだ。
そこまでしてムーミンに会いたいのだろうか?(苦笑)
ホンモノに会えるんだったら、Jも連れて行って欲しい。(爆)
「フィンランドは寒くて暗い土地柄ゆえ、哀メロの宝庫なんや!
 ストラトヴァリウス、ソナタ、ナイトウィッシュにセンテンスト・・・」
と、どうでもいいムダ知識をここぞとばかりに披露するJ。
適当に(でも全然聞いていない)相槌を打つJ子2。
ネットをしながら、でも耳は別のところに集中する二人。

「あ、帰ったみたいや。ヒソヒソ( ゚∀(・−・)」

なんの未練もなくネットから離れ、マッサージベッドへと走る二人。

ダッシュ!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノヘ( ´Д`)ノ wakura10.jpg


調子こいて、場所をチェンジしてもう1クール。(笑)
そしたらすっかり時間も1時を回り(* ̄m ̄)プッ、部屋に戻って
倒れこむように寝入ってしまったのだった。

たらふく食って温泉入ってタダ(爆)でマッサージ・・・・
ああ、なんという幸せ。。。。(* ̄。 ̄*)


                              (続く)

posted by J at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

湯快リゾートな旅(その1)


ライブのついでに帰省した(って、もう帰ったけど)J子2と
温泉行って来た。(o´ェ`o)ゞ


   7800円温泉へ(爆)


前日に、元同級生達と高校へ行って先生に会って、
その後深夜カラオケで一晩中盛り上がって朝帰りのJ子を乗せて、
いざ、...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪

   
 ・・・・と、盛り上がってるのはJだけで、J子2は爆睡〜(苦笑)


途中でマックに寄った時に一応(笑)声かけるとムックリ起き上がって
店に入って、食べて、また寝るJ子2。(-_-#)


チェック・イン予定の3時ちょっと前に無事到着。v(*'-^*)b
なんかデジャヴ〜\(・o・)/〜な建物だな、と思ったら
何年か前に訪れたことのある温泉旅館だった。( ̄w ̄) 
Jが訪れたからではなく(苦笑)、その後倒産してしまって
7800円温泉として生まれ変わったらしい。(^^)


着いてすぐにカラオケに向かうJ母子。
7時までは無料だから・・・って、どんだけカラオケ好きなんだ!(爆)


wakura1.jpg 誰もいない大ホールの


wakura2.jpg ステージで気持ちよく歌うJ子2



そして夕暮れの和倉の街を探索∝∽††∽∽∽テクテク(゜ー゜*)。。。∽∽


wakura3.jpg 橋


wakura4.jpg あったかベンチ

wakura5.jpg カラス(鳩がいなかったから)

と、3枚、しかも、どうでもいい写真しか撮らなかったJと対照的に
ひたすらデジカメで撮り続けるJ子2。
明日も早起きしてたくさん撮るのだそうだ。
一眼レフが欲しいとほざいていたし(←Jは聞かないフリ。爆)
J子2はカメラマンでも目指しているのだろうか?(^^;)

宿に戻り、予約してあったカラオケ個室1時間半をこなし(笑)
露天風呂に入り、部屋に戻る途中ステキなモノを見つけた。


wakura6.jpg これだ!( ̄▽ ̄)


ちょうど2台空いていたので、すかさず2人で寝転ぶ。
これが温熱治療も出来て、Jが休憩室で毎日昼寝している
マッサージチェアとは比べ物にならないほど気持ちいい。(笑)
J子2もうひょうひょ喜んでいる。( ̄w ̄) ぷっ
こりゃ〜最高やな、また後でもう一回来ようと意見がピタリと合う。


 でもそろそろお腹が究極的に(爆)減ってきたぞ。。。


 
                   (だらだらと続く)

posted by J at 00:17| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

ぷろぐれ韓流な旅(最終回) 


「(¨* )あのぉ… 誰が出てこられるんですか?」
一番手前にいたおばちゃん1に聞いてみる。

「アタシもわからないのよ〜 みんな並んでるからつい・・・」
おばちゃん1はただのヤジ馬だった。(-_-;)
で、その前にいたおばちゃん2に聞いてみる。

「ソン・スンホンですってよ!(^^)」←おばちゃん2

son2.jpg ソン・スンホン w▼ ̄□ ̄;▼!

「ひろりん!大変!ソン・スンホンだって!!ヽ(゜ロ゜; )」
・・・大声で叫ばなくても、ひろりんもおばちゃん2の返事聞いている。(-_-;)

「\( ~∇~)/ エーーーッ!!」ひろりんも大喜びだ。

実のところ(苦笑)、Jもひろりんもソン・スンホンのファンではない。
まゆ毛ばかりが目立つ顔立ちがいまいち印象薄いというのが二人の
一致した厳しい意見である。(なんてハードルが高いアタシ達。汗)

しかしながら、実物を見れるとなると、話は違ってくる。(^▽^;)
真夏のお日様が照りつける中、二人はo(^^o)(o^^)oワクワクと出待ち。

おばちゃん3がケータイのワンセグで「あ、今まだスタジオにいる!」とか
実況中継をしてるのを覗き見しつつ、なにやら誰かが出てきたようだ。

sugako.jpg  橋田壽賀子大先生

「ひろりん!橋田壽賀子ですって!」 Jの興奮は最高潮だ!(爆)

他の番組は見ずとも、「渡鬼」だけは欠かさず21年間見続けてきた。
もう1回で終わってしまうなんて切なすぎる。
いや、これまで楽しませてくれてありがとうと言わなくちゃ!

他のおばちゃんと声を揃えて「せんせ〜〜!(  ̄0 ̄)Ψ」と絶叫!
でも、橋田先生は小さすぎて(苦笑)見えないまま車が出てしまった。

それからいよいよスンホン君が出てくるのか、厳戒態勢になってきた。
道を隔てた向こうの人にさえ携帯カメラは出さないようにと指示が出る。

  出てきたっ!おばちゃんたちが一斉に黄色い声で叫ぶ。

そして車に乗り込む前に長身のスンホン君がクルリと振り返り
キラキラした笑顔で手を振る。

son3.jpg  うわぁ〜完璧だ〜〜〜!

  ***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪ 


J、自分も黄色い声が出せたことを、初めて気がついた。(爆)


車が去った後、走りながら追っかけるおばちゃんや
次のスケジュールを把握していて移動していくおばちゃん、
あんなにたくさんいたのに蜘蛛の子を散らすようにおばちゃん達は
いつの間にか全員消え去っていた。。。( ゚д゚)


それにしても、最終日に韓流スターを出待ちすることになるとは・・・


 これだから、人生って面白い!( ̄▽ ̄)


自分の面白い人生に(笑)、自分で喝采を贈りながらホテルへ帰る。
ひろりんに促されてリムジンバス発車時刻ギリギリに着く。ヽ(;´Д`)ノ
Jの人生はそこそこ楽しいかもしれないが、常に時間には追われて
心臓が波打つ思いを繰り返すのは、宿命というかセットというか。(苦笑)


ひろりんとはここでお別れだ。(´。・ω・。`)
エイジアがそうであったように、プログレフェスもひろりんと観たかった。
ギリギリまで調整して、都合つけて来てくれたひろりんにも
快く送り出してくださったひろりんヨメにも 心からありがとう!


  また いつの日か!(^ー^)ノ


空港に着いて、韓流ツアー(違)の締めくくりに食べたのが

haneda123.jpg  ジャージャー麺だ!(笑)

よく韓国ドラマに出てくるので一度食べてみたかった。
これまで韓国って海苔しか食べれなかったし。(^▽^;)


haneda124.jpg  サヨナラ東京〜〜〜


・・・これが、Jの今年の夏の出来事でした。(by北の国から)

  来年の夏、Jは何をしてるだろう。

みたびプログレフェスを観に野音に来るのだろうか。
それともチョ・インソンと行く韓国2泊3日の旅に応募してるのか。

  それは・・・・・・ Jにもわからない。(爆)
 
                         (おしまい)



  あとがき(笑)


はい、1ヶ月の長きに渡ってお贈りしたJの旅日記シリーズ
これにてやっとやっと(涙)完結です。
まだまだ書き足りないところもあったけど、キリがないし。(汗)
長々と拙い文章を読んで頂きありがとうございました。
旅の過程でお世話になり旅日記に登場していただいた皆さん、
コメントで応援してくださった皆さん、
一生忘れられない素敵な財産がまたひとつ増えました。
ほんとにほんとにありがとうございました。<(_ _)>


                         2011・9・25 Jasmine

posted by J at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

ぷろぐれ韓流な旅(その17)



  8月29日


8時起床。9時にpicoさん、ひろりんと朝食バイキング

sinjyuku117.jpgひろりんよりもたくさん食べたかも。(^^;)


picoさんは早い時間に名古屋にお帰りになるので
送りがてら、3人で昨日来た道をテクテク歩く。暑い。(笑)

3泊4日・・・こんなに長く誰かと旅行したことってあったっけ?
殆どJの希望するスケジュールにpicoさんを付き合わせたわけで、
いつもの彼女の遠征パターンとは違っていたはずだが
Jの心配なんぞ余計なお世話な感じに、picoさんはお元気だった。
ってか、その1週間後にまたメタルのライブに行かれたそうで
彼女のパワフルな行動力と若さはJの目標であり続けるゆえ、
どうか、これからも弱ることなく(爆)元気でね。
チケットの手配をはじめ、たくさんお世話になりました。
ほんとにほんとにありがとう、icちゃん。。。 ((ヾ( ^-^)ゞ Byeー♪


そして残されたJとひろりんは、ディスクユニオンのプログレッシヴ館へ
意気揚々と向かうのである。昨夜テツがひろりんにオススメの店を
教えていたけれど、そこへ行くのは帰りの時間が微妙〜(^^;)に
なるってんで、昨年judasさんやともさんと行った店に入る。

そこで流れていたのが、「なんじゃこれ?( ´゚ω゚`):;*.':;ブッ」な曲。
エピタフのバッタもんみたいな長い曲で、初めて耳にする曲だ。
ひろりんに「知ってる?」と聞いたけど、「知らないですー」。
で、気になって仕方がないので(笑)店員さんに聞いてみる。

sinjyuku120.jpg Too Much(1971)

日本のバンドで、大名盤と言われてるらしい。知らん。(滝汗)
ウケただけで、買わなかったけど(苦笑)後で調べてみたら(検索好き)
アナログ盤は帯なしでも軽く10万越えらしく、ホ━━( ゚д゚)━━ゥ

sinjyuku121.jpgひろりんが見つけたモノ

これも「なにこのタイトル!_( ̄▽ ̄)ノ彡☆」とバカウケ!
フリップのヨメがシンガーだったとは知らんかった。


ここではジャケ買い(笑)も入れて8枚買った。
別々に探していたのにひろりんと1枚ダブリ買いしていた。(苦笑)
ひろりんはレコード世代ではないので、大きなジャケに憧れがあるらしく
ベタベタな(笑)アナログも何枚か買っていた。
昨日貰ったプログレフェスのうちわを持ってくれば10%オフ
なることなんて、その時のJ達には知る由もなく、
後で知ってしまったひろりんのブログを見て、Jも知ることになり
激しいショック(爆)を受けるのであった。(-ノ-)/Ωチーン

その後、本館へも立ち寄り「フツーのロックはいらんわ〜」とか
言いつつも、気がついたらサンタナとサソリのDVD買ってた。。。
めちゃめちゃ、フツーやん!(自爆)

「手ぇ千切れそうやねぇ〜ヽ(;´Д`)ノ」と新宿駅に戻った二人、
時間はちょうど1時少し前、どちらからともなく(笑)誘い合わせて
スタジオアルタにいそいそと向かう二人。( ̄w ̄) ぷっ
「ディスクユニオンの袋振り回してTVに出たらいい記念になるよねー」
いい年こいて、何が記念や!と、思い出すと恥ずかしくなるが(-_-;)
その時はすっかり子供に戻っていたからどうしようもない。
ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪とはしゃぎながらアルタ前に着いたら
なにやら凄い人だかりが・・・しかも日傘だらけだ!
日傘といえば、おばちゃんだ。(苦笑)
Jより年配のおばちゃんもいれば、Jより若いおばちゃんもいる。


  おばちゃん達は誰かを待っているっ!誰??(゚Д゚;)


                (いよいよ感動(笑)のフィナーレへ)

posted by J at 23:55| Comment(8) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

ぷろぐれ韓流な旅(その16)


さあ、これから最後の打ち上げだ!
sinjyuku113.jpg←ココ ♪♪v(⌒o⌒)v♪♪

って↑店の看板は撮ったけど店名書いてないし。(^^;)
Jはぷるぷるカシスジンジャーを注文!
( ^-^)/U ( ^-^)/U☆U\(^-^ ) U\(^-^ )カンパイ

3日続けてお酒飲んだなんて(一杯づつだったけど)
Jの人生で初の偉業だ。( ̄ー ̄)ニヤリ
どのお酒も美味しかった・・・というか、飲むメンバーで
お酒が美味しく感じるんだろうな〜

sinjyuku108.jpg 珍しく箸をつける前に撮ってみた。(^^;)


ライブに関しては、それぞれ緊張した場面はあったものの
良かった良かった(笑)というのがみんなの感想だった。
ライブというものは楽しんでナンボのもので、音がどうとか
テクがどうとか、グチグチいう人、ま、言ってもいいんだけど
不満しか言えない人とは飲みたくないし(^^;)、
本人も高いオカネ払ってかわいそうだと思う。(苦笑)
そういう意味でも気持ちのいい、楽しい打ち上げになった。

自分達は新宿泊まりだからゆっくりしてられるけど、
他のメンバーはそうもいかない。
まず最初に茨城第三の男(笑)NALUさんがお帰りに
なられることになった。
ひょんな縁で今回ご一緒にライブ観られることになったけど
プログレフェスは夏の風物詩!と喜んでおられたっけ。(^^)

詮索好きなテツ(そういうJは検索好き。w)はJとひろりんの
関係を聞いたり(声を揃えて「ネット愛人」と答えたけど。笑)
picoさんの過去のライブ参戦歴を聞いて、羨ましがっていた。
tacarin!には禁煙1周年を褒めて頂いた。(o´ェ`o)ゞエヘヘ

そうこうしているうちにテツの帰りのバスの時間が近づいた。
なんでも今年は代々木から乗るらしい。
Jのワガママで打ち上げを新宿にしてもらって
ちょっと(ちょっとかい!)悪いことしたな〜(T▽T)
その時間を教えたのはおーさんで、テツは「おう!」と言った後
「芋焼酎!」を頼んで飲んでいた。この人は時間を気にしてない。
そしておーさんが「テツ、ほんとにもうそろそろ・・・」とせかして
tacarin!と共にテツを連れて帰っていった。
ほんと相変わらず親切ないい人達だ。<おーさん&tacarin!

 金沢の・・・おやぢをヨロシクお願いします。<(_ _)>

なんだか去年の光景とシンクロしてしまった。
Jは来年来るかはわからないけど、この2人はきっと
来年も同じようにテツの世話をするだろうと思った。(苦笑)

sinjyuku109.jpg 調子に乗って飲んだ、斉藤の志。
picoさんは沖田の誓い。(笑)

いや、その2杯目がめっぽう強くて(苦笑)べろんべろんに
酔っ払ってしまった〜〜〜うぃー~~~~~(/ ̄□)/~(酒) 
心臓の音がバクバクと響いてきた。(苦笑)
ま、Jの場合飲まなくても充分テンション高いから、
飲んだところでそんなに変わらないとは思うけど。(^^;)
で、ひろりん相手にプログレ談義でもするかと思いきや
韓流ドラマの不思議の薀蓄をたれるJ。

電車時間は関係ないけど、そろそろ帰らねば。
3人で何をしゃべったか覚えてないけど(笑)なんか
笑いながら歩いたような記憶しか残ってない
・・・歩きすぎてホテルを通り越したのをひろりんが気づいた。
Jとpicoさんだけだったら更に延々と歩いたに違いない。(爆)
そして翌朝の朝食時間を決めて、ひろりんは新館へ
Jとpicoさんは本館へふらふらになって戻ったのであった。


「きょうはだいすきなばんどをみっつもみました。ぜんぶよかったです。
 たくさんのおともだちにあいました。みんなでごはんをたべました。
 あした、うちにかえるのがちょっとかなしいです」

                                 
                             (続く)

posted by J at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

ぷろぐれ韓流な旅(その15)


ぬまでにど〜〜〜しても見たいと願っていたKANSASを見れて
もう死んでもいいのだが、旅日記にライブレポを書かねばいけない。
それよか、お腹が空いて死んでしまいそうだ。(苦笑)

judas夫妻とはこれでお別れだ。やっと会えたのに、遅刻したり
会場ウロウロしたりしてゆっくり話せなかった。(誰のせいや)
judasヨメ・・・お会いできて感激でした。どうかこれからもjudasさんと
力を携えてオタク・・・ではなくマニアの道をひた走ってくだされ。
judasさん・・・同じ時代にKANSASに出会い、愛し続けたアナタと
同じ場所で同じ風を感じながらKANSASを見れてJは幸せでした。
いつかまたお二人でJ県へいらしてくださいね。(ノ_・、)


はちべぇさんが知る人ぞ知る、ゴンザレスさんを紹介してくださった。
最後の最後にこんな凄い方にお会いできるとは・・・
はちべぇさん、今回繋がることができて、色々サポートしてくださって
心より感謝しています。またJの自慢の友人達をご紹介できて
良かったと思ってます。楽しい時間をありがとう!


別れの余韻を引き摺りながらもJ班(pico、ひろりん、NALU、ひろ)は
はぐれない様に出口場所で集結して待機。(=`^´=)
ところが待てど暮らせど、tacarin班(tacarin!、テツ、おーさん)が来ない。
焦るJ。tacalinにもテツにも電話が繋がらない。オロオロ(o;д;)oオロオロ
Jの電話は相変わらず圏外なままだ。なぜ?Why?
そのうち会場を閉鎖するってんで、追い出される。(苦笑)
「じゃあ、私の携帯からしてみて」picoさんの機転により、すぐ出た。
同じ出口でも場所が違ってたらしい。(-_-#)

電車の中で「携帯壊れた。明日帰れない。生きていけない」と嘆く。
もう死んでもいいはずだったのに(苦笑)、我ながら意味不明だ。
でもtacalinとおーさんとで治してくれた。自分で治せよ。<J
「こんな壊れやすいiphone、もう欲しくなくなったでしょ?(-_-;)」
「(゜-゜;)ウーン」 とpicoさん。(笑)

新宿駅に着いたところで、ひろさんとお別れした。
今回の旅で自分が足元にも及ばないと感じたほどの
プログレ姉さんに出会えたことは大きな収穫であった。
プログレおやぢなら頑張って探せばどこかの片隅に密集して
生えているものだが、お姉さんは金のわらじ(なんか違)を
履いてでも、なかなか見つけられないものだ。
KANSASで出会って、なんだかんだと3日日間引っ張りまわして
申し訳なかったけど、お会いできて本当に光栄でした。
楽しい話、貴重な話をたくさん聞かせてくれてありがとう!
ひろさん・・・お疲れ様でした☆(o・ω・o)ゝ
また、ライブでお目にかかれるますように。。。

                       (まだ夜は続く)
posted by J at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

ぷろぐれ韓流な旅(その14)


入れ替え時間になるとJもそれなりに忙しい。(苦笑)
まずはjudasさんを連れて、はちべぇさんの席に行って紹介。
Jがjudasさんと繋がったのは彼が一人KANSAS祭りを
やっていた時で、そのうちJも一人KANSAS祭りをやるようになり
ああ、そういやKANSAS茶会ってのもやったことあったっけ。。。
思い出すと目頭が熱くなる。(ノД`)シクシク(嘘です。爆)

NALUさんが「今年は蚊はいないようですね。僕刺されてませんよ」
「Jはもう2箇所刺されましたけど?(-_-#)」
用意してきたムヒ(笑)を足に塗りながら答える。
そう、虫除けスプレーをライブ聴きながらかけたのにこのザマだ。

そのまま座席から邪外さんに電話をしてみたが、繋がらない。
あれ?と思ってメールにしても繋がらない。
picoさんは隣でツイッターみたいなものを書き込んでいる。
「圏外になってませんかあ?Jのは全然繋がらないんだけど」
「フツーに繋がってますよー(^^)」
その時すでにJのiphoneはおかしくなっていたが、
Jには知る由もなかった。(^^;)

実はJは今回邪外さんとjudasさん、どちらもJさんってことで
3Dならぬ3J会談(爆)を密かに企画していたのだった。
で、3人でなにかロックのコアな議論をするかといえば
特になく(はあ?)3人で会談終了時の雰囲気でガッチリ握手を
してる写真でも撮ればいいかと、全身脱力感に襲われるであろう
「なんじゃそら?(゜Д゜) 」な、アホ企画。
当然お二人には事前に話してはいない。(そりゃそうだろ)

Midge大佐に教えて貰った邪外さんの座席はJの近くだった。
o(・_・= ・_・)o キョロキョロと周りを見渡すと・・・judasさんの後ろに
いらっしゃるではないかっ!(近っ!笑)

「邪外さん!」「・・・・ですよね?(^^;)」(←気づいてたんかい!笑)

これ幸いとjudas夫妻を紹介して、再びくぼたくんと、パンダちゃんを
探しに出かけたが広すぎてすぐにくじけて帰ってくるJ。(-_-#)

見ると邪外さんとjudasヨメが和やか〜におしゃべりしている。
後で伺ったのだが、お二人はコア(多分。爆)な、お知り合いだが
まだ会ったことはなく、ここで初めてご対面となったそうで・・・
Jは3J会談より、よっぽど実のあるいい仕事をした。( ̄ー ̄)

そうこうしているうちにKANSASが・・・Jのバンドが(涙)
いよいよ始まろうとしている。
会場の雰囲気もKANSASモードで高まっていて、
こんなにたくさんのKANSAS同志達が存在していたのかと
これまでの孤独な物語(CLOSET CHRONICLES)を振り返る。

岩本編集長が「プログレッシヴハードの最高峰KANSASです!」と
紹介して、再びKANSASが目の前に・・・

  ・・・・・・・カンサス ライブレポへ・・・・・・・
posted by J at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

ぷろぐれ韓流な旅(その13)


アッシュが終わり、judas夫妻と改めてご挨拶。(*・ω・)*_ _))ペコリン
このご夫婦、まさに理想の夫婦というか、夫婦揃ってマニアらしく、
以前judasさんが「奥さんは私以上のマニア」と話してらしたので
Jはお会いするまでケロロ軍曹(!)のようなイメージを抱いていた。
実際はロックなんか聴かなさそうな、清楚で可愛らしい方だったが
そのjudasヨメに「judasさんからはよく奥さんは彼以上のオタクと・・・」
誰もオタクだなんて言ってないのに。(ーー;) 
ああ、出任せだらけのこの口をなんとかできないものだろうか。(爆)

ひろさんがJ達の席を探していらしてくれた。ヽ(^▽^@)ノ  やぁ〜
輝かしいまでにツウな方に3日続けてお会いできてほんと嬉しい!
是非打ち上げもご一緒に、とpicoさんに段取りをお願いして、
会場内を歩いていると、ロックTばかりの中で、アニメの女の子を
描いてあるTシャツを着て、雪駄履きで、声優さん(多分)の
顔写真が入ったうちわを持った有り得ない人が近づいてきた。
ぷろぐれ割烹・・・今やアニメ割烹(笑)に変わりつつある居酒屋の
店主、テツだ。このおやぢ、ホント期待を裏切らない面白さだ。(^^;)
そのままテツの手をひいて、みんなに見せに紹介しに戻った。
テツは昨夜新宿でEL&Pのカバーバンドを見てきたそうだ。
そういえば、まだ11月のイタリアン・プログレフェスの出演バンドが
決まってない時点で「これあたりが来るんじゃないかなー」と
見せてもらったDVDがシモネッティ率いるDaemoniaだったのが
さすがというか・・・でもまさか本家ゴブリンで来るとはね。(苦笑)
そんな会話を交わしながら着いて行った先には

 「たかりん![壁]=゜▽゜)ノ ヤァ♪」「( ̄Д ̄)ノ オウッ♪」

昨年でぃ〜ぷなお店に連れて行ってくれたtacarin!さんと
1年ぶりの再会だ〜〜(嬉)
しかもその隣にはMidge大佐のお姿が!(驚)
「時々ブログのほう拝見させて頂いてますよ〜(*^^*)」
Jのブログなんて役に立つことなんてひとつもないのにとか
恐縮しつつも、なんだかちょっと嬉しかった。(*゚ェ゚*)
それからtacarin!さんと打ち上げの約束をして待ち合わせの
場所も「会場出口」と決めて、みんなの席へと戻った。
我ながら段取りが良いと思った。その時は。(爆)


   ・・・・・・・PFM ライブレポへ・・・・・・・・


                           (続く)

posted by J at 00:24| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

ぷろぐれ韓流な旅(その12)


皆とお別れした後、Jとpicoさんとひろりんはニセリッチーガイドの
道案内で野音へと向かう。 (((((((o(*~▽~)*~▽~)*´Д`)*~▽~)o

そして日比谷公園に入ったところでちょうど開演時間の4時になり
岩本編集長の声が公園内に鳴り響いてきた。

 公園内を気持ち早や歩きする4人。(汗)

せめて学校集会の校長先生の挨拶並に長々とやってくれればとの
願いも空しく、手短な挨拶の後、すぐに演奏が始まった。


  (/||| ̄▽)/ゲッ!!! 余裕もなく始まるんかい......


野音に着いた。ニセリッチーとはここでお別れだ。
ニセリッチーはJとハグした後、picoさんにもハグして
ひろりんにはどうするんだろうと見ていたら、握手していた。(笑)
今日のニセリッチーは泣かなかった。(爆)

ニセリッチー、いつもいつもありがとう! またねヾ(゚ω゚)ノ゛


ひろりんにオープニングを見せられなくて気の毒だった。
The King Will Comeを聴きながら、入り口でうちわを貰い
「私らトイレ寄ってから行くから先に行って」とひろりんだけ先に行かせ
遅れついでに、さほどしたくはなかったが、昨日の今日だ。(苦笑)
用心するに越したことはない。♪〜( ̄ε ̄;)

会場はすでに中高年のプログレヲタ集団でびっしり埋まっていた。(^^;)
(´ェ`)ン-・・ でもどうだろ?
Kansasの影響か、昨年より微妙〜に若い気もしないではない。
階段を転がり落ちないように慎重に前列へと二人で移動する。
ああっ!judasさんだ(ToT)/ 隣にいらっしゃるのは奥さんだ!
演奏中ゆえ、アイコンタクト(笑)で遅刻を詫びる。
Jの隣席のNALUさんにも小声で挨拶して着席。


そしてJはこの時、用意してきた虫よけスプレーも日焼け止めも
ネッククーラーも何一つ使ってないことに気づくのだった。


   〜〜〜〜〜((((((ノ゜凵K)ノあぁ

 ・・・・・Wishbone Ash ライブレポへ・・・・・
posted by J at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

ぷろぐれ韓流な旅(その11)


いまちさん今起きて埼玉からいらっしゃるので、先に始めてましょう」
情け容赦なく、ありのままに、いや、若干脚色して事情説明するJ。
店に着いたら場所をメールするようにニセリッチーに指示するJ。

オフ会場所はあらかじめいくつか候補があったけど、
結局はホテル内の入り口に近いイタリアン・レストランにした。
2日前のカンサスオフでの幹事のはちべぇさんの心配りに感心は
したものの、所詮Jの主催オフ。( ̄w ̄) ぷっ
適当で行き届かないのは皆わかってるから気楽でいいや(投げやり)と
思ってたら、そのはちべぇさんも特別参加してくださった。(恐縮)


後から来る人を待つこともなく(笑)、各々ランチを注文した。


sinjyuku106.jpg  Jはエビとトマトのドリア( ̄ー ̄)


しばらく歓談していたが、いまちさんが気になって電話してみたら
すでに駅に着いてこちらに向かってるとの答え。

「もうそろそろいまちさんおみえですよ〜〜〜(*´∇`*)」

今度は電話が鳴った。なんと筑波のカエルくんからだ!
オフには来られないので電話でプチ参加してくれたのだ。
「筑波のカエルさんからお電話が入ってます〜〜〜」
すると一斉に自己紹介やら挨拶やらするもんだから収集がつかない。(笑)
ってか、うるさすぎてカエルくんの声も聞こえない。(^^;)
こちらから一方的にしゃべって切ったけど(爆)
カエルくん、そんなわけでした。(o´ェ`o)ゞ 電話嬉しかったっすよ♪


sinjyuku107.jpg かがみちゃんのデザートヾ(@⌒¬⌒@)ノ


sinjyuku104.jpg はちべぇさんの本日の参戦T

sinjyuku105.jpg 2005年のツアーT(多分)


「ちょっといまちさん遅くない?」誰かがつぶやいた。
( ゚д゚)ハッ! そういや新宿に着いたって聞いてからもう30分も・・・
慌てて電話をかけてみる。

「・・・( ̄。 ̄;)アノォ 道に・・・迷ってしまい・・・」


 (゜Д゜) ハア??


「いまちさんは・・・迷子になったらしい。(´・д・`)ボソッ」


会場は一気に緊迫した空気になり、彼の到着を今か今かと
待ち構える報道陣で一杯になった。(閻魔様に舌抜かれそう)

そして・・・(*゚∀゚)=3ハァハァと、いまちさん登場〜〜〜〜!!
会場は誘拐された子供が無事に帰って来たかのような
安堵感に包まれた。(´▽`) ホッ ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

「自らネタ作ってしまいました(-_-;)」
そうおっしゃるいまちさんとは禁煙太り比べをするつもりだったが
いまちさんはジム通いと食事療法で4年前と変わらぬお姿で

   内心 チッ(・д・) と思ったJであった。


そしてそして一番最後の黒幕・・・ではなく(笑)、最後の参加者
moonweadさんがいらしてくれた。ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
この方だけはJはこれまでお会いしたことがなかったけど
店の外まで出迎えに行って、すぐにわかった。
「テニス休んでいらしてくださって・・・(ノД`)」
「あー、もうしてきたよ、テニス」
今回の男性陣の中では一応最年長なmoonweadさんだが
身体年齢はもしかしたら一番若いかもしれない。(爆)

全員(9名)揃ったところで、何を今更だけど自己紹介タイム!
しかも、男性のみ年齢申告を義務つけた。
なんと逆セクハラもしくはパワハラ。Ψ(´д`)Ψヶヶヶ・・・

皆さん正直に(おみつさんまで答えていた。笑)実年齢と
Jとの出会いや関わり等をお話してくださった。(嬉)
Jはウケるかな〜と思って「現在独身でぇ〜す!( ̄∇ ̄*)ゞ」と
笑いながら話したが、会場の空気は苦笑いな感じで・・・(汗)
何も聞けない何も言えない心配をずっとかけてきたのだった。
(-人-)ごめんよおぉ、でも100%元気なJの顔を見た参加者は
心から安心してくれたのではないだろうか。(^^)

その後も、音楽の話を中心に雑談やどうでもいい話(笑)など
2〜3箇所同時進行で会話したり、時折誰も発言しなかったり、
饒舌な人、寡黙な人、それはまるで茶会そのもので・・・
そういえば、特別参加のはちべぇさんを除く、他のメンバーは
全員哀メロ茶会にいらしてくださった方ばかり♪(^^)
最近やってないけど、是非思い出して欲しい。
チャットと、実際の話し方や雰囲気って同じじゃない?(笑)


そして落ち方もチャットと同じで・・・
取材の為、はちべぇさんが落ち、おみつさんといまちさんが
(なんか怪しいぞ〜ひゅーひゅーとひやかすJ)同時落ちをして、
最後は一斉に雪崩のように(爆)落ちていった。。。

  オフにいらしてくださった皆さんへ


8月の最後の貴重な日曜日を都合つけてくださって
それぞれ時間をかけて会いにきてくださって
楽しい夢のような時間を一緒に過ごさせていただいたこと

  本当にありがとうございました。(涙)
                             (続く)
posted by J at 22:59| Comment(11) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

ぷろぐれ韓流な旅(その10)


    8月28日

7時起床。8時にpicoさんと朝食バイキング


kawasaki099.jpg ※Jは普段朝食は食べません(もうわかった)

ゆで卵を食後に食べるとダイエット効果があると
picoさんが教えてくれたので、Jも食べてみる。
picoさんはほんとになんでも知っている。(*^^*)


それにしても、川崎での2日間は夢のようだった。
できることならここに住みたい(爆)と思ったほどだ。
たくさんの思い出をありがとう〜〜!!(^O^)<川崎


  いざ新宿へ!


kawasaki102.jpg Photo By pico

昨日の予行練習の成果もあり、新宿にはすぐに着いた。

ただ・・・駅から出るとき確かにパンツのポケットに入れたはずの
380円の切符が見当たらない。
(*゚Д゚) アレ?という気持ちと「またやってしまった」という気持ち。
picoさんはあらかじめスイカという関西ではイコカ、北陸ではアイカと
同じようなカードを入手していてスイスイと通ってた。
Jにも勧めてくれたが、今度いつ来るかわからないし
来ないかもしれない、だからカードは不要だと切符にしたのだった。

「またや・・・(´Д`|||) ドヨーン」
「カバンの中に入れたとかないの?」
「切符はポケットに入れることに決めてあるから(・_・)」
と、探す気さらさらないJ。おそらく切符の取り忘れだろう。。
駅員さんに掛け合って・・・キョロ( 「・ω・  )キョロ(  「・ω・)キョロ
駅員さんはいなかったが改札の隣に切符売り場みたいなのがあって
sinjyuku118.jpg ←向こう側から入り

sinjyuku119.jpg ←こっちから出た

フツーに入ってフツーに出口に出て、picoさんにカモンの合図。

まあ、オカネは払ってたんだし、許してね。♪〜( ̄ε ̄;)
その後のホテルまでの道のりの荷物の重たいこと・・・(苦笑)
  ┗(;´Д‘)┛超おもてぇ〜 死にそう〜〜〜

と、いちいち弱音を吐くJ。
愚痴は言わず、Jのiphoneの位置情報サービスに
いちいち感動するpicoさん。
どうやらpicoさんはiphoneが欲しくなったようだ。(笑)

ほぼ定刻にホテルに到着!
そしてロビーには・・・

「かがみちゃん!おみつさん!ニセリッチー!\(*T▽T*)/」

3人の顔を見た途端、なんだかC=(^◇^ ; ホッ!と肩の力が抜けた。
なんて癒しの3人組。picoさんとは初めましての3人組。
かがみちゃんとおみつさんはポリス以来、ニセリッチーは
なんだかんだと毎年のように会ってる感じだけど1年ぶり。
3人とはつい1週間前に会ったかのように、緊張感もなく(爆)
「さっきさーまた切符失くしてー」とその言葉が終わる前に
「またあ??ヾ(-ε-o)ヾ(-ε-o)ヾ(-ε-o)」と突っ込みの嵐。


少し遅れて「行くよ」の指令により愛知から呼びつけられたひろりん登場♪
モンサンミッシェルへ行ったっきり帰って来ない(苦笑)ひろりんを
J以上に心配していたjudasさんからは、高い招聘能力を賛辞して
頂いて、Jも<( ゜ ≧゜)> ハナターカダカー♪(実際は低い。爆)
judas夫妻は残念ながらオフには参加できなかったが、物販も
買いたかったそうなので、来なくて良かったと後に知ることになる。(^^;)
1976年生まれのひろりんとニセリッチー。実は初対面。
Jを巡って激しい攻防・・・なんてあるわけもなく( ̄w ̄) ぷっ
オフ会場へと少数民族移動〜〜♪


  あら(´・∀・`) メールが1通・・・



「おはようございます。早速ですが寝坊しました(こら)確実に遅れ・・・」

 

    そりゃ、確実に遅れるよな。。。(=_=)


                                (続く)

posted by J at 23:51| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

ぷろぐれ韓流な旅(その9)


メンバーを見送った後は当然打ち上げだ!♪♪v(⌒o⌒)v♪♪
前もって打ち上げの店は探してある。picoさんが見つけてくれた。
「あ、そこいいですねーそこにしましょうー」と事前に返事は、した。(笑)

だが、行き方がわからない。Jはpicoさんをアテにしていたのだ。(^^;)
お店のHPから簡単な地図が出てきたがJにはさっぱりだ。

しかし、ゆーじさんはパっと見ただけで「大体わかりましたー(^^)」
そして地図は全く見ずに歩き出す。


 ・・・ゆーちゃん、すごいな〜 Jとは頭の造りが全然違う・・・


オオーw(*゜o゜*)w  着いたぞ!


kawasaki097.jpg ハードロック居酒屋だ! ъ( ゜ー^)イェー♪


店の中はゴテゴテ(笑)のハードロック野郎達で賑わっていた。
嬉しいことにJのアッシュTに気づいてくれたのか、
入店してすぐにWarrior が流れてきた。(^^)
ハードロックだけでなく色々音源がありそうだ。

カンパ─(*´ω`)o∪(*´ω`)o∪☆∪o(´ω`*)∪o(´ω`*)─イ


Jの今夜の酒は梅ぼしサワーだ。(笑)

とにかくお腹が空いた。昼のマック以来なんも食ってない。

 kawasaki094.jpg

ところが1番先にサラダが届いたあたりで、ゆーじさんとひろさんの
終電時間が迫って来た。(汗)
店の地図を用意しておかなかった不手際や出待ちで延々と待たせて
お二人、特にゆーじさんには多大な迷惑をおかけしてしまった。
おそらく彼がこの旅での最大のJの被害者であろう。(-_-;)
ビールのお代わりをする時間もなく、ゆーじ@酔っぱにスイッチ・オン
することもなく(涙)、二人は急ぎ足で帰ってしまわれた。

  
   ゴメンネ・゚・(PД`q。)・゚・  そして、ありがとう。。。


「昨日のろーずさんといい、ゆーじさんといい、
 Jちゃんは良いお友達に恵まれてますね。(*^^*)」


一時、寝る間も惜しんでネットやしりとりに明け暮れて
結局、何を得たかというと、信頼できる友人だと思う。
もうそれぞれが(Jも含め)ネットに依存することもなくなってきたが
丸一年、何も連絡しあわなくても、会いに来てくれる友人が
こうしていてくれるということに、Jは幸せを感じずにはいられない。


kawasaki095.jpg  さて、問題はこの後だ。(^^;)


サラダの時点で二人は帰られてしまい、その後注文した料理が
次々と運ばれてきたのだ。(;^_^A アセアセ・・・


この後に大きなピザとか大きなおにぎりとか。(爆)

kawasaki097.jpg kawasaki098.jpg


BGMはボンジョヴィやレインボウやゲイリーやドッケンや・・・
老化の影響で(^^;)タイトルは出てこないけれど、好きな曲、
聴いたことのある曲ばかりで、楽しかった。
自分はメタルよりも「ハードロック」が好きだったのだと再認識。

頭を振り続け(笑)、口も動かし続けた。((((○`〜´○)モグモグ
最後は押し付け合いになったが、見事完食!
お腹が一杯になったら今度は眠くなってきた。(子供か)


   さ、帰るかー ウト゚+。(o´ェ`o)。+゚ウト


「ストライクな選曲ありがとうございました。<(_ _)>」
「ストライクな方にいらして頂いて光栄でした。<(_ _)>」


 楽しくて気持ちのいいお店だった。また今度来よう。(*´∇`*)

「きょうはきょねんみれなかったばんどをみました。
 さいんももらいました。なつかしいともだちにもあえたし
 おんがくとごちそうでおなかいっぱいになりました。 J」

                                (続く)
posted by J at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする