2013年10月02日

おばちゃんと行く高山の旅(その2)


他のおばちゃん達と違い、迷うことなくJの隣に着席する母子。


     チ───(´゚ェ゚`)───ン


同時にバスは発車したが、Jの旅は既に終わったと思った。


   なんで、寄りによって・・・・(´ω`;)ドヨ〜ン


最初隣に座っていた80過ぎの寡黙な(←最後まで一言も発してなかった。爆)
生きてるのか死んでるのかわからない婆ちゃんのほうがまだなんぼかマシだ。
なんで寄りによって、たった一組の幼児連れがJの隣なのだ。(涙)
何千人もの応募の中から選ばれた幸運な人達は同じように幸運なのに
なんでJなのだ?Jと同じぐらいの年頃のおばちゃん他にも
何人かいただろうが!なんでJなのだ?40分の1の大当たり?
そんな白羽の矢なんていらんし・・・ o(TヘTo) クゥ

そう、嘘も隠しもしない。Jは幼児がキライなのだ。(-_-#)


   参照(笑)

 

子供見て「(*'▽'*)わぁ♪ カワイイ〜」なんて偽善の声は上げないし
「これはナニナニでちゅか?」とかの幼児語なんて絶対に使わない。
ウチの店の商品を買ってくれと親に強請っている子供は
少しは可愛いとは思うが。(゜Д゜) ハア??

そうなのだ!幼児を大好きなおばちゃんはたくさんいるのに
なんで寄りによって幼児が天敵なJの隣に幼児が来るのだ。(T-T)

気を取り直して、隣のチビっ子の顔を見る。ジィ〜(VェV)
向こうも警戒心たっぷりの目でJを見ている。(苦笑)
懐かれたら面倒なことになるので笑顔はNGだ。
でも怖い顔して泣かれても困るのでほどほどにしないと。。。
ふむ、ハーフっぽい、なかなかラブリーな坊やだ。
2歳半らしいが、流暢におしゃべりしている。
ま、声も小さいし、母親の膝の上で大人しくしてるから
ガマンしてやろう。┐(゚〜゚)┌(←上から目線)

つ〜か、子供よりも面倒臭いのが母親のほうだった。(^^;)
こっちに話しかけて来ないのは有り難かったが
子供相手にずーーーーーっと話しかけ続けている。
「ユウくん、バスに乗るの初めてだね、嬉しいね、
 おにぎり食べる?バナナは?トイレ休憩だって、
 ユウくんも降りる?一番最後に降りようね。
 城端(SA)前に来たことあったね、憶えてる?」

・・・・二歳児がそんなこと憶えてるわけがなかろう・・・(ーー;)

言葉かけというやつだな。(苦笑)
溢れるばかりの言葉のシャワーを浴びさせて
賢い子に育てようと頑張っているのだろうか。
それとも子供が騒いで周りに迷惑にならないように
必死でご機嫌を取っているのだろうか。
唯一の救いはその声がカン高くもなく、汚い声でもなく
言葉遣いも下品ではなかったことだろう。
エンドレスに止まることなき母親の声を子守唄代わりに
5時起きのJ、眠りに誘われる。ウト゚+。(o´ェ`o)。+゚ウト

そして着いたのが飛騨物産館だ。
ここでまずお土産を買ったほうがいいそうだ。
最初の到着地で、しかもまだ8時にもなってないのに
もう帰りのお土産を買おうとは・・・(苦笑)

      (ちっとも旅日記らしくない展開で続く。爆)
posted by J at 23:40| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

おばちゃんと行く高山の旅(その1)

久々の旅日記・・・というか、ブログ更新。。。(ーー;)


昨年スーパーの懸賞に当たって京都へバスツアーに行って来て、
今年はさすがに二年続けて当たらないだろう、
でも出来ることなら1等の2泊3日沖縄ゴルフツアーが
当たると嬉しいかも〜〜うふふっ(*゜v゜*)と期待して
たった1枚出した応募券がまたまた当たったのである。
ちなみにJ子1とJ母の名前でも1枚づつ出したけど
Jしか当たらないのは単に年齢のせいであろうと
今回確信した。(爆)
若すぎても年寄りすぎてもきっと外されるのだな。
そこんところ喜楽院、解説よろしく〜♪v(o´∀`o)


バスのおばちゃん、おじちゃんは60代半ばが中心だ。
出やすくてお金をたくさん使ってくれるであろう世代。
たとえ下っ端であろうが、そんな世代の仲間に入れて
喜ぶべきだが・・・( ̄へ ̄|||) ちょい気持ち複雑。(笑)


朝5時起きで、6時半(早)にバスに乗り込む。
今回は後ろから2番目だが、ちゃんとした座席だ。
一度不幸を経験しただけにこんな当たり前のことが
とっても嬉しく感じられる。(o´ェ`o)ゞエヘヘ
で、昨年Jが座らされた最悪な席にはJと同年代の
おばちゃんが座らされている。
もしかしたら、あの場所も年齢を考慮して若い(?)人が
座らされるようになっていたのかも・・・


  ご愁傷様 (-ノ-)/Ωチーン


とりあえず自分は難を逃れたので、他人事で同情してたら
最後尾の人が一人ドタキャンしたらしく(苦笑)、
結局不運な人は幸運な人に生まれ変わって
Jのヘンな優越感は即消え去ったのであった。(^^;)

Jの隣にはお婆ちゃん(J母よりも上っぽい)が
座っていたが、数人(笑)思い込みで席を間違えていて
総入れ替えしたらJの隣はいなくなった。


 ・・・・ どうせならこっちもドタキャンしてくれんかな。
 静かに一人でぐっすり眠れるぞ・・・(●`w´●)ニァ・・


そして出発時間も過ぎた頃、幼児連れの若い母親が
Jの隣席目掛けて大荷物と共に現れたのであった。


     〜〜〜〜〜((((((ノ゜凵K)ノあぁ


                
                        (続く)

posted by J at 00:01| Comment(7) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

J in 高山


image-20130930103352.png

おばちゃん達(自分含)と行くバスツアー
今年も当たってしまった。(^◇^)
posted by J at 10:38| Comment(11) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何処へ


image-20130930073342.png
posted by J at 07:44| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

金沢着いた


image-20130427205708.png

くろさんがお出迎え( ´ ▽ ` )
posted by J at 20:58| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰ります


image-20130427144840.png

ニセリッチーに見送られ渋谷から
昼行高速バスに。( ; _ ; )/~~~
バス側の都合で遅れたので
お詫びにペットボトルもらった。
好きな場所に座っていいとのことで、
後ろに人のいない席を確保!d(^_^o)

一眠りしたらサービスエリアに着いた。
初めての場所なのでなんだか新鮮だ。
歩いてたらガムもらった。
今日はなんだかついてる。(笑)
posted by J at 15:01| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二人でランチ


image-20130427114903.png

ニセリッチーと。(^_^)☆
posted by J at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハチ公前にて


image-20130427103113.png

待ち合わせd(^_^o)
posted by J at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようございます


image-20130427092129.png

今夜も観たかった(T . T)
でももう川崎を出よう…
posted by J at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打ち上げ


image-20130427000610.png

というか、夜食(笑)

ひろさん、エリザベスさん、たかたかくんと。
posted by J at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

グッズ先行販売


image-20130426180115.png

皆7枚づつ買ってるよー(;゚Д゚i|!)
posted by J at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人ランチ


image-20130426132401.png

荷物はホテルに預けてきたから
チェックインまで川崎探索〜o(^▽^)o
posted by J at 13:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットカフェにて


image-20130426093926.png

仮眠とるつもりだったけど、
韓流見てたりする (-。-;
posted by J at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアルタイム旅日記(笑)

金沢を出る前にすでに車酔いして
死にかけた。(。-_-。)
「ご気分が悪い方は我慢なさらずお知らせ下さい。最寄りのパーキングで…」

て、まだ高速にも乗ってないのに!(T_T)

ゲ◯袋(未使用)を握りしめ横たわり…


一旦死んだけど、寝たら生き返った。( ´ ▽ ` )
簡単に蘇生できる我が肉体ブラボー!




トイレ休憩


image-20130426005645.png


どのバスがJのバスなのか(;゚Д゚i|!)

posted by J at 02:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

出発!


image-20130425223746.png

どスッピンにマスクで発車1分前に乗車。
思ったより乗り心地悪い(´・ω・`)
すでに不安…
posted by J at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

サンタナな旅(後編)


ライブが終わっても、固まったままのJ&J子2。(゜-゜)(゜-゜)
J子の隣の方からは「良かったね」「写真撮ってあげたかった」
との暖かい言葉かけに恐縮し、Jの隣の方からも
「ビッグ・サプライズでしたね^^」と・・・彼は武道館へも
行かれるそうなので「楽しんできてくださいね」とは言ったけど
隣でぎゃあぎゃあアンディーへの煩い声援聞かせて
ごめんなさいと謝るのをすっかり忘れていた。(ーー;)

腰が抜けたようになってたけど(苦笑)「よっこらせ」と
立ち上がり、Eddyさんの座席へ・・・
「見ましたよ!」・・・やっぱ妄想ではなく現実だった。
Eddyさんという生き証人(笑)がいらっしゃらなければ
サンタナと一緒に城ホールのステージにあがったなんて
ほらを吹いたか気が触れたとしか思われないだろう。
「とんだ恥さらしで、もうどうしていいかわかりません。
 怖くてライブレポも書けそうにありませんよぉ〜(x_x;)」
「なにおっしゃるんですか!絶対書いてください。(*^-^)
 私は本当に嬉しかったです!ジャスミンさん、ありがとう」

 Eddyさんの言葉は温かくJの心をほぐしてくれた。(pT-T)p

「で、アンディどうでした?カッコ良かったっしょ?( ̄ー ̄)」
(ほぐれた途端いつもの俗物Jに戻る。爆)
「ええ。(*^^*) 目の保養ができました」←E
「めっちゃカッコ良かった〜〜〜(*´ェ`*)ポッ」←J子
「ヶヶヶ((´∀`))ヶヶヶ そうじゃろそうじゃろ」←J

まるで自分の手柄のようにアンディ賛美しながら歩く。
駅に着いた。Eddyさんとはここでお別れだ。


言葉では尽くせない感動を共有できたことは、
Eddyさんの笑顔とセットで、Jは一生忘れないでしょう。。


   вуe  (o・´_`・o)ノシ вуe  またいつか・・・


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今夜の感動を誰かに聞いてもらいたい。
天王寺駅に着いてロック食堂を目指して歩く。
J子がツイッターで開店してるのを調べてくれた。
( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ こんな使い方もあるのかー
店に入ると金髪マスターはJ達のことを憶えてて
「お久しぶりです」と迎えてくださった。(嬉)
ローレルさんも呼びましょか?と電話もして・・・
「前、富山から・・・」「富山じゃないし!_( ̄▽ ̄)ノ彡☆」
サンタナのDVDを流してもらい、今夜の出来事を話す。


3161.jpg ピックも自慢する。(笑)

3162.JPG マスター自慢返し。(爆)


お仕事中のローレルさんにも顔出しして頂き、
店にいらした初対面の方とも昔からの飲み仲間のごとく
写真撮って頂いたり、和やかにお話させてもらって
まだ2回目の店とは思えないほど( ̄w ̄) ぷっ
まったりとくつろいでしまったっけ・・・・
ザ・ロック食堂、10周年だそうでおめでとうございます。
また寄せてもらいますねぇ〜(^ー^)ノ


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


J子の部屋に着いて、ライブレポを途中まで書いて
寝ようとしたけど3時過ぎまで寝付けず、
しかも6時には目覚めてしまった。( ゚д゚)

Jよりも早く寝てJよりもずっと遅く起きたJ子2と
J子の近所の道を探索する。
あの店のたこ焼きはおいしいとか、あの店のほうが
少し安いとか、夜中も空いているラーメン屋とか、
歩きながらJ子2の2年間の生活を思い浮かべる。
古民家風の店でランチする。
いつもいっぱいでなかなか入れないそうだ。
11時の開店に行くとすでに人がいっぱい。(+_+)

3163.jpg 3164.jpg

とりあえず(?)決まった職場へは自動車免許を
とってから通うことになりそうだ。続くかわからんけど。(^^;)
この街は環境も人もJ子には親切なようだ。
ま、よっぽどイヤになるか自活していけなければ
J県に帰ってくるとして、当分はこのままいるだろうな。

 ライブの時は助かるし、それもいいかー(笑)

ふと猫のことが気になってJ子1にメールしてみる。
「猫達はどうしとる?」
「3匹とも元気ですぞ!」

さ、J子1の好物のシュークリームでも買ってJ県に帰ろう。
そして昨夜の有り得ないライブの話を聞かせよう。
J子1、驚くだろうなー 喜んでくれるかなぁ〜


  Zzz…(*´〜`*)。o○    (おわり)

posted by J at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

サンタナな旅(前編)


  2013年3月11日


7時30分きっかりに家を出る。
先月も行ったばかりだから、いくらJでも道に迷うことはない。
1時間もあれば余裕で着いて朝マックができるだろう。^^


と、思ったら(苦笑)、渋滞に巻き込まれて
8分も遅れてしまった。ああ、またか・・・(´Д`|||)
でも(笑)バスは10分遅れで来たので、
今回もギリギリセーフだ。ε-(゚д゚`;)フゥ...


J子2に会ってその話をすると
「そのうち絶対置いてかれるよ・・・(´・д・`)ボソッ」
「でも、なんかバスがJに合わせてくれてる気がするんやけど」
「そんな心構えやったら、ますます置いてかれるわ(-""-;)」


  ・・・・確かに。(-ω-)


Eddy.Tさんとの待ち合わせにも少し遅れる。
待ち合わせは砂時計の前・・・のはずだったが、
Eddyさんからのメールで砂時計がないことを知らされる。
 ( ̄◇ ̄;)エッ 確か2月にはあったのになぁ〜
あとで調べると、砂時計は随分前に撤去されていた。
Jは時計を見ずして砂時計の場所を納得していたようだ。
今度はマネケン前を指定してEddyさんに来て頂く。(汗)
(つ〜か、マネケンも移動してた。ああ、大阪駅よ・・・)


 「ジャスミンさん!(*´∇`*)」
 「エディーさん!(*^▽^*)」

日本人のおばさんが外人名で呼び合っての再会だ。(滝汗)

外人名のおばさん2名、カルロスと記念撮影(笑)

  
 3111.jpg photo by J子2

城ホール内のレストランでお茶した後物販に並ぶ。

JはANGEL、Eddyさんはライオン柄を迷うことなく決める。

3112.jpg 3113.jpg


当日券売り場で取り置きしていたチケットを受け取る。
一か八かでオフィシャルを通して購入したチケットは
な・な・なんと、最前キタ━━(゜∀゜)━━━!!


一旦、Eddyさんと離れて入場。
このまま生き別れになるかもしれないので
念の為(爆)大袈裟にハグして別れる。( T-T)(T-T )

会場に入ってまたもやビックリ!
Jは右端のアンディ側だと思ってたのに見事にど真ん中!


3114.jpg  じゃ〜〜〜ん!

恐縮したJ子がEddyさんと代わると言い出したが
Eddyさんも恐縮して遠慮されてそのままスタートを待つ。


   ((o( ̄(●●) ̄)o)) ワクワク


 
   驚愕のライブレポに続く(爆)

posted by J at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

一話だけの旅日記


久々の旅日記行ってみよう!v(≧∇≦)v


大阪に着いてJ子2のアパートに荷物を置いて
J子の学校へ向かう。ここまでは順調だ。
もう、おのぼりさんなんて誰にも言わせない!

その後反対方向を延々と歩き、結局J子2に
電話して「それ反対の道やわ」と指摘され
やっとこさ学校にたどり着く。ハァハァε-(。_。;)ノ┃


2121.jpg ちっちゃい学校(笑)

J子2の案内で作品展を見て回る。
上手い子の作品は賞をとったり商品化されていた。
また雑貨で可愛い作品もたくさん販売されていた。

2122.jpg 寿司ネタのモデルはJ子2

J子2の親友が描いたポストカードだ。
大変好評だったようでJが最後の1枚を購入。


ちょうどその子も現れたのでヾ(* 'Д' )ノオハツデス♪と
ご挨拶・・・するなり(* ̄m ̄)プッと笑われた。
大体J子2の友達はJを見るなりすぐに笑うのだ。
散々ネタにされてるので「J子2のファンキーなおかん」と
して、Jはごく一部では有名なようだ。

「色々お恥ずかしい話をご存知なようで・・・(VェV)」
「猫好きなご一家だと・・・でもソックリですね(^▽^;)」

その後、別の親友(?)の男の子とも、ご挨拶。
彼も笑いをこらえながら(-_-#)JとJ子2を連写していた。

2123.jpg J子2が作ったドレッサー兼PCデスク
2124.jpg J子2が夏休みに作ってた企業PR
2125.jpg J子2が作った映像作品

・・・と、親バカ丸出しでJ子2の作品だけを
撮ってきたけど、他の子のも撮れば良かった。(苦笑)

30分後(短)、J子2が2年間通った学校を出る。
この2年間お世話になった学校関係者の方々、
J子2の学費を援助してくださった大阪市民の方々、
どうもありがとうございました。。。<(_ _)>


J子2は8時まで学校に残ってすることがあるらしく
Jは阿倍野のキューズモールで遊んでくるつもりでいたが
その前に近所のスーパーで水を汲んでこようとして
また道に迷ってしまい、散々彷徨ってへとへとになった。
過去何度か行ってる場所なのに・・・
ここまで来たらもはや「方向オンチ」のレベルではなく
アルツで自分ちがわからなくなった老人そのものだ。
恐らくロック食堂へも一人では行けないだろう。


      (○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・

やっぱライブ抜きの旅はつまらんなぁ・・・┐(゚〜゚)┌
結局J子の学校以外どこも行かず(行けず)
そそくさと大阪を後にしたJであった。

                (珍しく1話完結。笑)
posted by J at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

おばちゃんと行く京都バスツアー(最終章)


旅のラストを飾るのは清水寺だ。(= ̄∇ ̄=)
京都旅行には欠かせないようだ。(よく知らないが。爆)
バスの中では「わたしゃもう何回も行った」(←多数)
一番若い隣席の人でさえ「これで5回目かなぁ」


 Jは一度もないのだ!<( ̄^ ̄)>(なぜに威張る?)


行き慣れた人達は周辺の御土産屋さん等でお茶をするらしいが
Jは頑張って(?)一人で行くことに決めた。
正直、神社仏閣にはカケラも(罰当たり)興味なく
特に行きたいわけでもなかったが(苦笑)この機会を逃すと
恐らくJは一生清水寺へは行けないと思ったからだ。(o´ェ`o)ゞ

「じゃ、行って来ます!( ̄▽ ̄)ゞ」
「時間までに帰ってくるんやよ〜〜ヾ(゚ω゚)ノ゛」
おばちゃん達に見送られ、誘惑の多い御土産屋さんを
見向きもせず、一人ひたすら坂道を登っていく。
なぜか周りは外人ばかりだ。(苦笑)

  着いた!♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ
入館料を払い、風景なんぞ撮ってみる。


kyoto7.jpg←風景(爆)

後で調べたらその時Jが立ってた場所が「清水の舞台」だった。(-_-;)

最初はおみくじ(大吉だったよ♪)をひいたり、お参りしたり、
ゆっくりと見ていたが、所要時間70分ってんで、段々早や歩きに
なって行った。てか、そもそも賽銭箱が多すぎるし!(爆)
お参りする場所も多いし、きりがない!!

縁のない場所を通り過ぎ(笑)

kyoto8.jpg

人の流れるままに小走りで向かう目的地は


kyoto9.jpg
パワースポット 音羽の滝

学業成就・恋愛成就・延命長寿に効くらしい。

先の二つはJはすでにシーズン(爆)を終えているので
残る延命長寿一筋に願いを込めて頂いた。ゴクッ 旦(ー ̄ )


 身も心も死ぬまで(爆)健康でありますように・・・(-人-)


残り時間あと15分を切っていたので小走りにバスへと戻る。
ε=ε=ε=┌(;´゚ェ゚)┘ 
もう少しゆっくり館内や風景を楽しみたかった。
でももうここへは来ないと思う。( ̄w ̄) 気が済んだから。


今度はバスは予定通り発車した。後は帰るだけだ。(^^)
また眠くなったのでエア枕をセットして寝ることにした。
おばちゃん達は元気でおしゃべりにも華が咲いている。
すっかりみんな仲良しになったようだ。
左隣の婆ちゃんは、婆ちゃんのくせに(爆)スマホを
ほいほい使いこなして皆の写真を撮っていた様だった。
そして写真を家まで届けるとか取りにおいでとか
(さすがにネットで送るとかはできないようだ(^^;))
滅茶苦茶面倒臭い約束をしていた。
電話番号や住所交換もしていた。
Jは写真を撮ってもらわなくて本当に良かったと思った。
仕舞いには今度皆で集まる話まで出来上がっていた。

 Jには関係ないし〜誘わないでね〜♪〜( ̄ε ̄;)

「アンタの店わかったから、直接言いにいくわ」
 
 (/||| ̄▽)/ゲッ!!! そう来たかー 

曖昧に微笑んで、こりゃ寝てしまえと狸になった。(苦笑)
しかし、寝たふりしてても会話は聞こえてくる。
そういえばこの婆ちゃん、昔J町のショッピングセンター内の
レコード屋さんにいたらしい。
小学生の頃イエスタディ・ワンス・モアのドーナツ盤を買って
カーペンターズのポスターをくれと強請ったらあっさり外して
くれた親切なおばちゃんに違いない。
あの時はどうもとか言いたかったが、絶対に覚えていないだろうし
心の中で感謝するにとどめておいた。(爆)

婆ちゃんとそのまた隣の人の会話は各自の家庭の愚痴に
なっていった。ちょっと暗ーい。( ̄- ̄ 3)

右隣の2人は一人が熱心に聖書について語っていた。(苦笑)

どっちの話にも加われない、また加われなくて済んで
この最悪な席に救われたような気がした。
せっかく清水寺にも参拝してきたことだし、しばらくは(?)
感謝の気持ちで生きて行けそうだ。(*^^*)


 両側からステレオのような会話を聞きながらウトウト・・・


「ああ、そういえばこの人の写真だけないし撮っておくかな」
「ちょっとヾ(-ε-o)寝てるのに悪いじゃない」

    もしかして・・・もしかして・・・・( ̄Д ̄;;


 J、寝たふりしてる場合じゃない!許可なしに撮影禁止!

 
   「やめてくだせえぇぇぇ〜ヽ(´Д`;)ノ」


                             (完)     

posted by J at 00:29| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

おばちゃんと行く京都バスツアー(その4)


「男性のお客さんのがなくなりまして・・・」

  こんな旅先で・・・ちーん Ωヽ(-"-;)南無南無。。。。
 

「茶色の靴です。もし間違えて履かれた方はどうかお知らせ下さい」
「あの下駄箱はこのバスともう一台のバスの乗客しか利用してなくて」
「サイズは25cmなので女性が間違われた場合もありますし」

添乗員の言い方だとどっちかのバスの乗客の中に
犯人・・・というより、そそっかしい人がいると決めつけてるように
聞こえる。空気どんより濁る。ドョォ――(´・д・`)――ン

「人の靴なんてたとえ間違えても一歩歩いたら気づくよね」
「お通夜とかですり替わるって聞いたことあったけど」
「もう1台のバスは私達の後だから先に履いて出て行くこともないし」

こっちはこっちで全員が名探偵コナンではなく、迷探偵オバンに
なりそれぞれの推理を語り合う。ヒソヒソ(*・ω-)(-ω・*)ヒソヒソ
茶色の靴を履いてる人は一様に嫌な気分だったろう。(気の毒)

かといって、学校での取調べみたいに一人づつ靴を見せるでもなく
自己申告ゆえ、だあれも「わし(。-_-。 )ノ」と名乗るわけでもなく
どんどん時間が過ぎ、空気も濁りに濁ってエンジンかけないから
バスの中は暑くなっていった。(;^_^A アセアセ・・・

しばらくして動きがあったんで「見つかったか!?」と思いきや
どこで調達してきたのか新品の靴が届き、レストラン嵐山の
スリッパ(苦笑)を返して一件落着・・・となったはずだが

バスが走り出してしばらくすると、もう1台のバスの添乗員から
「この件はもう『お開きにしませんか?』」という内容の電話が
あったそうで(苦笑)、いかにも履き間違えた人が
あっちのバスに乗っていたという匂いぷんぷんだ。(爆)
そんなこと我々にいちいち報告しなくてもいいのになぁ(-_-;)と
心優しきJは犯人と被害者のどっちにも同情したのだった。
おばちゃん達にはとっくに終わっていた話だったのに
添乗員の報告によって蒸し返されたのであった。(苦笑)


さて、それからほどなく、着いた先は・・・

kyoto5.jpg←西本願寺

ではなく(苦笑)、道路を挟んだ前の京つけもの店だ。

kyoto6.jpg←西利

2階では漬物と白ワインの試食が振舞われ
Jは唯一食べられるしば漬とワイン一口ご馳走になった。(*^^*)
下に降りると、どのおばちゃんもなにかしら買っていたので
つい(苦笑)吊られてJも親へのお土産に詰め合わせを買った。
会社には日帰りだし申告してなかったから買わなかった。(-_-;)


・・・てか、行った先(↑6行)より、バスの中のほうが長い!
ということに、読み返してみてビックリした。(なにを今更)

                     (最終章へと続く)
posted by J at 23:31| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする