2016年12月19日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(最終回)


店を出て、駅へと向かう途中で怪獣さんとお別れだ。
プログレフェスの打ち上げの時同様に、
今回も色々楽しいお話を聞かせて頂いた。
誰かが「凄い耳触りのいいお声ですね」と言っていた。
森本レオのきかんしゃトーマスを見ているような
柔らかなお声と流暢な話し方をされる方だった。

2度あることは3度ある(ちと違うか?笑)
またきっと何かのライブでお会いできそうな予感…

それから6人で上野駅まで歩いた。
コインロッカーの確認に一旦東京駅まで戻るpicoさんに
ゆーじさんが付き添って下さることになった。
Jがオフ前に受けた電話で動揺していたのを見てて
帰り際に「何かあったんですか?」と聞いてくれた。
「いやぁ〜かなりな大ネタで ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ」と
ごまかしたが(苦笑)、哀メロ発足時より、ずっと楽しく
お付き合いして頂き、また心配もおかけして来たなぁ〜

ありがとうね、ゆーちゃん。picoさんを('-'*)ヨロシク♪

その後夕方のpicoさんからのメールで、
ゆーじさんが親切に新幹線近くのロッカーに
案内してくれて、無事にライブも楽しめたとのこと。
ここ数年ライブのスレ違い(苦笑)でお会いできなかった
icちゃんと2日続けてライブを観たり、一緒にご飯食べたり
たわいもないお話しできて楽しかった〜〜(*^^*)

これから美術館に向かうというニセリッチーに
「別に美術館に興味ないけど、付き合うわ」と、
ナイスな名言(J的にツボだった。爆)のおみつさん。
昔からよく似ていると言われ、不出来なJには
嬉しくも心苦しいのだが(^^;)、Jが素敵だなと思える
おみつさんの一部分でも、似てる部分があるならば
J自身誇りに思ってもいいのかな?と思える。

そして「今回私は何もしていません」と謙遜していた
ニセリッチーは、今回も(笑)会場の段取りやら
色々秘書のごとく活躍してくださった。
次はどこの街で会うことになるのだろうか?
それまでずっと元気でいるんだぞう!v(≧∇≦)v 

Jにはともさんが付き合ってくださることになり

結果的に3人のオバサンはそれぞれ年下のオトコを
従えてw、それぞれの改札口へと消えて行ったのだった。

 (T∇T)ノ~(T-T)ノ~(T∇T)ノ~(T-T)ノ~ サヨーナラー

オバサンに尽くすと何か良いことがあるに違いない。(爆)

ともさんとはその後もお茶を飲みながら
昔話を中心に(年寄りみたいだ。笑)盛り上がった。
一時は睡眠時間を削ってまで夢中になっていたHP。
巡回カキコにチャット会、ライブ参戦、オフ会…

 ほんと、大変だったけど楽しかったね。(^-^)



目まぐるしく変貌を遂げたネットの世界は
今や全員が何かしらの自分のHOMEを持っており
インスタ、FB、ツイッターその他を管理している。
それぞれが自分に合ったネットのアジトを
持つことはとてもいいことだと思うが、
HPやブログ人口は衰退の一歩である。
観てくれる人が激減したからだ。(^^;)

こんな現状で今回のオフにいらして下さった方には
土下座したいくらいの(爆)感謝の念があるが、
東京、大阪、京都、名古屋…この十数年の間に
幾度となく開催してきたJのオフに
時間を調整して、交通費や会費もかけて、
足を運んでくださった全ての方々…
更新頻度も減り、ブログさえ書けなくなったのに
投稿、掲示板への書き込み、ブログのコメントで
哀メロ天国をずっと支え続けてくださった方々…

哀メロを立ち上げなければ、出会えなかった音楽と
出会うことも出来なかった愛おしい方々…


 本当に有り難うございました。<(_ _)>



      (中途半端感ありだけど、おしまい)

posted by J at 00:08| Comment(16) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その19)


「オフの直前に紛らわしい電話かけて来やがって!」
と、逆恨み度100%のJではあったが(苦笑)、

 ラウパーのチケ代だと思って諦めるとするか…
 大ネタもできたし…(´・ω・`)

ニセリッチーが予約してくれたカラオケルームに入り、
ニコニコと暖かい目で見守ってくれる6人の前で
Jは哀メロ天国プレ15周年の感謝の言葉を…
って、何喋ったか全然覚えてないし(爆)。
どうせ緊張しててロクなこと喋ってないはずだ。

その後、皆さんから誕生日のお祝いの言葉を
頂くわけだが、もしかしてこんな豪華な
誕生会は小学校以来かも?(何十年前や!笑)
なんにしても、リアルで祝ってもらえて
Jは本当に果報者だった。(/_;)

そういえば、茶会も何年もやってない。
(やったところで人が集まらないだろうがww)
リアル茶会の醍醐味は、何といっても、
普段ネットでしか会えない仲間たちが
下界に降りて、キーボードなしで話せることだろう。
初対面同志が多かったが、Jの自慢の友人を
同時に紹介し、それぞれ楽しそうに話しているのを
眺めながら、負けじと喋る(大笑)のは楽しい。

 やっぱこれだよなぁ〜 (´▽`)はぁぁ・・♪

ジャスミン・ハイをみんなが注文してくれた♪
(でも、誰も「旨い!」とは言わなかった。爆)

ふと横を見るとpicoさんが何やらスマホで
検索している。「icちゃん、どしたん?」

東京駅に預けて来たコインロッカーの場所が
わからなくなったらしい。(^^;)
実はpicoさん、今日もライブがおありだったのに
急遽Jのオフも挟んでくださったのだった。
それがなければゆっくりとロッカー探しも出来たのに
なんだかとっても申し訳ない気分だ。(-_-;)
都内在住の男子達(おやぢ達とも言う)が色々アドバイス
してるので、なんとかなりそうな感じ。C=(^◇^ ; 

その後も宴会は賑々しく続き、ともさん、怪獣さん、
ニセリッチーと1曲づつ披露してくださったところで
終了時間となった。え?もう?(´;ω;`)

支払いを済ませ、エレベーターの中で
Jは今回のお礼はブログを通じてさせてもらう事と
だからお礼メールは出しませんという、
とっても身勝手で自分に都合のいいお願いを
一方的にするのであった。
皆さん笑顔ではいはいと言ってくださった。
いやしかし、ここに来るまでに2か月以上かかるとは…


オバサンは期限付きの口約束は絶対にしないのだ。


                  (つづく)

posted by J at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その18)



「はいっ!もしもし〜」

「Jさんのお電話で宜しかったでしょうか?」

「はい!」(誰よ〜(*^。^*) そんな他人行儀な。早く名乗って!)

「私、○○××です。8日9日の宿泊ご予定でお部屋を…」


    ( ̄△ ̄;)エッ・・?


「お越しにならなかったので2日分のキャンセル料金を…」


 ( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!! ガガガーン………


そうだった。最初に取りあえず2日間押さえて置いて
後で板橋のホテルに決めたので、キャンセルしようとしたが
申し込み番号のメールを間違えて削除してしまっていたので
自分の名前で●okking comつ〜ところで調べたら
宿泊予定に入ってなかったので、正式に予約が
入っていなかったのだと思い込んでしまっていたのだった。

「宿泊日近くになってもお知らせもないし
 予約を正式に入れてないものと思ってました」

「でも私共はお客様の為にお部屋を2日日間ご用意して
 おりましたので、2日分のお部屋代を振り込んで
 頂きます。口座番号を控えてください」

え?紙?ペン?どこ?(;_; )おろおろ ( ;_;)おろおろ

Jの動揺ぶりを察したおみつさんがサっと「これ使って!」と
紙を差し出してくれた。彼女はほんとに気が利く。(* ̄。 ̄*)

言われるままに震える字で(笑)書き写した。


オバサンはネットで宿泊予約をする際、細心の注意すべし。


                    (つづく)



<後日談>

確かに今回はJの不手際で自業自得なのだが
宿泊予約を明確に示してくれなかった●okking comに
「過去の予約、確認メール発送の日付など調べてください」
と、メールを、帰宅直後(苦笑)に送った。
電話番号の記載がなかったからだ。
(ちなみに回答のメールは結局一切なかった。)
そして12日から○○××から執拗な催促電話がかかる。
●okking comに問い合わせのメールを送ってあるので
回答が来て納得出来たら、支払いますからと言っても
「予約をクリックしましたよね?」
「キャンセルのボタンは押しましたか?」
の一点張りで、終いには声を荒げて強い口調で
責めてくる。ワンクリック詐欺か?
自分が加害者なのに(苦笑)、だんだんと被害者な
気分になってきて、こっちも意地だとばかりに
メールの回答をひたすら待ったが来ないし、
○○××からは毎日じゃんじゃん(笑)電話かかるし
結局3日後に支払った。┐(~ー~;)┌
当然すぐに電話は止まった。
借金取りに追われる気分とクリック詐欺にあった気分と
同時に味わえたが(涙)、こんな後味の悪いことなら
素直にすぐに入金すれば良かったと思った。

皆さんも気をつけてくださいねぇ〜(*´∇`*)(おい)
posted by J at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その17)


ともさんの案内でほぼ予定時間に翼の像に行くと
昨日もお会いしたばかりのニセリッチーと、
一昨日お会いしたばかりのゆーじさんが待っていてくれた。

哀願したわけでも脅迫したわけでもなく
こうして連日足を運んで頂いたお二人…(人-)謝謝 

そこへ、先のプログレフェスの打ち上げでご一緒した
ICHIさんが! ヽ(^◇^*)/ ワーイ 
皆さんは当然お初なので「なんとお呼びすれば?」と
誰かが聞いて、本名で自己紹介して頂いたのだけれど
「この人、プログレ怪獣(正確には音楽怪獣プログレ)って
 ブログやってますから、怪獣さんいいですよね?」
「ええ、はい。(^^;)」
と、Jが強引に呼び名を決めてしまった。(爆)
その時にどさくさに紛れて、久しぶりにブログLINKを
貼らせて頂くお願いをしてみた。r(^ω^*)))
こういった営業(!)自体、もう何年もやってない。
快く承諾頂いたが、それから2か月後にようやく
貼ることになろうとは…我ながら旅日記の遅さに
呆れ果てている。(゜〜゜)

4人のオサー…いや、紳士に囲まれてww
ちやほやされていると(←全然されてない。爆)
向うからJ目がけて猛ダッシュで駆けて来た…

「ジャスミンさん!」「おみつさん!!」

   ♪♪( /^ω^)/\(^ω^\)♪♪


10年前に埼玉で手厚い接待受けた時も
5年前に新宿まで出てきて頂いた時も

その都度、凄く感激したし、嬉しかったが
今回はまた格別な想いである。(T-T) 

そしてロッカー難民になって遅れますと
連絡があったpicoさんがご到着。('◇')ゞ

「はい、これで60人揃いました。
 会場へ参りましょう〜o(*^▽^*)o~♪」

苦笑いしながら出発ヾ(^◇^;;;)))))... 从从从

クイーンというだけあって、おみつ女王様を
囲んで第一陣が出発して、その後ろ姿を眺めながら
picoさん、怪獣さんとお話しながら着いて行く。
Jはpicoさんが昔フロイドのライブを観たという
話をまるで自分の自慢のように怪獣さんに話す。
そうなのだ、icちゃんは色んな意味でJの目標であり
Jの自慢なのだ。(ΦωΦ)ふふふ・・・・

そのうち交差点に入って「( ・◇・)?(・◇・ )あれ?」
第一陣の姿がない。「多分ここを渡るはずやっ!」
ともさんと駅に行く途中に会場はここだと教えられてた
ので、取りあえず信号を3人で渡ってみたが、
4人の姿も形もない。「先に入ってるのかな?」
ニセリッチーに電話してみる。(汗)
「嗚呼、J様そっちを渡ってはダメなんですぅ〜」

  またやってもうた。(* ̄m ̄)プッ

オバサンはお喋りに夢中になると周りの景色を見失う。

程なく皆と合流して、笑いながら会場に入った直後
Jの携帯に着信が…

「あ、誰かが遅れて来たのかも!」
周りを見渡しながら呟き、若干よそ行きの声(爆)で

  「はいっ!もしもし〜( ^_^)ロ」


                  (つづく)

posted by J at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その16)


   2016・10・10


( - _ゞ ゴシゴシ (´0`)ゞファー アサー

昨夜は足が痙攣起こして、よく眠れなかったが
その程度で済んで幸いというべきか。(^^;)

今日はラウパー同様に大事なイベントがある。

そう、哀メロプレ15周年のオフなのだよ。( ̄ー+ ̄)
2日前に急遽ニセリッチーに手配してもらい(感謝)
会場は確保して貰ってある。

ホテルに荷物を預け、上野まで向かう。
Jが3連泊した板橋のホテル、ポケモンのジムと
ポケスポがあって、Jは毎晩せっせとバトルして
ポケコインを稼いでいたのだ。(苦笑)
やってない人にはなんじゃらほい?って感じだろうが
無課金でゲームを進めているJには、とてもラッキー
だったのだ。そういう意味でもいいホテルだった。(^-^)

上野駅に着いた。ああ、上野駅。(爆)
待ち合わせ場所の幻…もとい、翼の像の場所は
確認せずに、わき目も振らず不忍口から出る。

そうなのだ、Jは待ち合わせの時間まで
不忍池でポケモンを大量捕獲するのだ!

610101.PNG

まず、コクーンが出て来たので記念に撮る。
(でもコクーンはいらないので取らない)
てか池はどこだ?池!池に行け!(寒)


610102.jpg

  (*'▽'*)わぁ♪ さすが聖地

夢中になって捕り漁っていると、とも@音楽さんから
上野駅に着いたらしいメールが届いた。
「駅伝の碑前」とだけ自分の居場所を送り返す。
Jの無知なところは東京の人なら、名所の場所言えば
すぐにわかるであろうと思い込んでいたことだ。(^^;)
しかも、碑の前でスマホいじってるだけで
見つけて貰えると思っていたが、少数の観光客以外は
全員スマホを眺めているという、異例の光景。
Jがおっさんだったらウォーリーを探せ!状態だったろうけど
オバサンなので、程なく見つけて貰えた。

「ともさん!\( ̄▽ ̄o)」
「お久しぶり!(o ̄▽ ̄)ノ」 グータッチで挨拶。


とも@音楽さん。
伝説の「リアル茶会」では事前に東京駅で会場の下調べをして、
J初のプログレフェスの折には野音まで連れて行って下さる等、
なにかとお世話になっていた。
ここ数年以上ネットでお見かけしなくなっていたが、なんと彼は
ももいろクローバーZのオジノフになっていたのだった。(爆)
見た目は以前のロックでかっこいいともさんだっただけに

 そっちのほうへ行ってしまわれていたのか…(=_=)

ちょっと淋しく思ったが、ロックもフツーに
聴いておられるとのこと。(´▽`) ホッ

「私ら昼間の公園って似合わんよねー」とか言いながら
ともさんに荷物を持たせ、Jは身軽にポケモン捕まえながら、
公園内ぐるりと一周。

610104.JPG ←西郷どん

それから待ち合わせの翼の像へ… 

                 (つづく)

posted by J at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その15)


ナイトウィッシュが終わり、残すところ白蛇のみとなった。
すぐに最前を目指したが前から数列目辺りで断念。
これまでのようにスイスイとは行けなかった。 ┐(´ー`)┌ 
ま、これを観るために2つ前のステージから並んでいた方
ばかりなので、位置的にはまあまあだ。
ところが、演奏の数分前から一気に後ろから押され
身動きができないばかりか、押しつぶされそうになる。

  )゜0゜( ヒィィ  

さすがトリだ。(苦笑)
これで最後だからみんな必死なんだろう。(汗)
オバサンだからよけて貰えるという好待遇(違)もなく
情け容赦なく圧力がかかる。o(TヘTo) クゥ 
それは決してすぐ後ろの人が押して来るのではなく
その人もずーーーっと後ろから押されてるのだ。
この状態で2時間近くも果たして耐えられるだろうか…

しかしオバサンは意地でもここを離れない。

てか、内心早く出て来て、とっとと終わってくれ!
と、始まる前から投げやり感満載だ。(^^;)

お、出て来た出て来た!
Jの前の人大きくてやたら撮影してるので
よく見えないんだけどー(-""-;)

とか言って、隙間からJも撮影ww

610911.JPG 610912.JPG

うわっ!カヴァちゃん老けたな〜( ̄Д ̄;;
しかも声がなんか元気ない。。。(◎_◎;)

Jは35年前(!)のカヴァーデイルを観てるので
せめてここ数年以内にでも観てたらショックは少なかったが
う〜ん、これはちょっと酷いかも。と、つい比べてしまう。
比較と言えば、昨日のかませ犬(爆)ドン・ドッケンよりは
マシな気もするが、今日出たどのバンドのヴォーカルよりも
力ないように感じた。ただ演奏の方は素晴らしかった。(爆)

セトリもJ的には残念すぎる流れではあったが
最後のBURNは嬉しかったなぁ〜(T-T) ウルウル
Jの周りで喜んでいたのはおっさん、オバサンだけで
若い方達は「この曲が最後かよ」と肩を落としていたけど。(汗)

終わり良ければ全て良しで(おい)、記念に自撮りしようとしたら
「撮ってあげるよ」とニセリッチーが写してくれた。
「あら?(いつの間に来てたんや)」「すぐ後ろで観てました(^-^)」
後ろも振り向けない程ぎゅうぎゅうだったから気づかんかった。

610913.jpg

それからスタンドに置いてあった荷物を持って
誰かが置き忘れたB'zのマフラータオルをスタッフに預け
入り口で待っていてくださったpicoさんと合流。
そういえば今日はkennさんにもSeikoちゃんにも
お会いできなかったし、masaさんとは最後まで会えなかった。
まぁ、同じ空間を共有できたことを喜ぶべきであろう。

その後picoさん、ニセリッチーとサイゼで遅い夕食。
(他のお客も全員ラウパ帰りで会話がシンクロ〜笑)
飲まず食わずの割にはよく一日持ったと思った。

さて、終わってみたらこのラウパーで
Jは目標の20アーティストをクリアして
全部で26アーティスト、内フルステージは14本だ!
チケット高いー(T-T) と思っていたけど、
これだけのメンツを一気に見せて貰ったのだから
なんだか凄く得をしたような気がする。
その上一人行動が好きなJには、こうして
気ままに好きなアーティストを選んで行けたし。

年齢的にも体力的にも冥途の土産のつもりで
参戦したラウパーだったが、「また来たい!」と
思わせるほど、楽しくて親切なフェスであった。

  
  これは来年も有りかぁ?( ̄▽ ̄)

オバサンは損得計算後、リピ希望する。


その晩、こむら返りで足を抱えて呻いていた事は
ブログに書きたくないけど、指南書の注意事項として
仕方なく残して置くことにしよう。(=_=)


  大満足の2日目終了〜


              (つづく)




突っ込みどころ満載とはいえ(苦笑)カヴァちゃんの
マイクスタンドアクション見れて嬉しかったで賞

posted by J at 01:14| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その14)


そういえば既に4時間立ちっぱだった。
ライブ観てる時は全然気にならなかったが。
残る3バンドのトリから2つは絶対にアリーナで観る!

・・・となると、次は休むことにしよう。(-_-;)

そして、ラウパー終盤になって、やっとサブから
メインアリーナへの近道を発見したのだった。

 (;゜ロ゜)ハッ こんなにすぐに来れたんだった。

今まで無駄に彷徨っていた時間が悔しくて仕方ない。

残り3つの中で比重軽かったデイジー(^^;)側の
スタンド席に戻るとニセリッチーも移動していた。
彼はKillswitch Engageをスタンドで観ていて
サークルが面白かったと話してくれた。
そのサークルの中にkennさんも混じっていたことを
後で知ったわけだけれど。(* ̄m ̄)プッ

座席に座って、まったりとpicoさんに会場間の近道を
発見したことを自慢気にLINEすると、picoさんは
未だによくわからず誰かの後をつけて戻って来たらしい。

 初めてpicoさんに勝ったと思えた。ww

でもオバサンは次回またきっと迷うことだろう。

デイジーが始まりpicoさんとニセリッチー(隣にいる)に
同時に「とても為になるレビュー発見」と書いて
Jが12年前に書いたレビューのLINKを送り付ける。
いいライブやってるのに、嫌がらせだな。(^w^) 
(でも二人とも真面目にレス返してくれた。爆)

LEDを多用してスケールアップしたステージらしい。
(照明の違いはよくわからないが。汗)

61098.JPG

小一時間も休めば…というか、もう座ってなんかいられない!
再びニセリッチーにアリーナに降りると告げ、
白蛇側のほうに降りる。白蛇命(大袈裟)な人達が
もう既に大勢並んでいらっしゃる。

楽しみにしていたナイトウィッシュが始まった。
周りは全員白蛇の人達なので喜んでいるのはJと
2〜3人の若者だけだが。(苦笑)

まずベース&ヴォーカルのマルコが目についた。
この人、シナジーにもいたんだっけ。

61099.JPG

ブロンドの長いひげが面白いw 三つ編みしたいww
そして3人目のヴォーカルのフロールが登場。

610910.JPG

 でかっ!.....Σヾ(;゜□゜)ノ(186cm以上あるらしい)

他の男性メンバーよりも大きいかもしれない。
でも、声と顔がめっちゃカワイイ。(^^;)
ずっと大画面で見ていたけど汗ひとつかかず
涼し気な風貌で頭を振り回したりジャンプする姿に
すっかり虜になってしまった。(´▽`)はぁぁ・・♪
後でpicoさんに聞いたら、なんと彼女おめでただそうで
ラウパ後に産休に入るらしい。
生まれてくる子は大きくて元気に違いない。(^-^)
ライブに関して言えば、セトリの流れは2日通しで
最高に良かった。フィンランドの底力ここに有り!


  (^-^)//""ぱちぱちぱち


                (つづく)





Dizzy Mizz Lizzy

ラウパーよりもサマソニかフジロックのほうが
合ってたように感じたで賞



Naightwish

このバンドがトリでも全然問題なかったで賞





posted by J at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その13)


ウリが終わるのと入れ替わりにアメリカのプログレッシヴ・メタル
シンフォニーXの登場だ。そのまま最前の右端で観る。
お目当てのマイケル・ロメオは左端にいるが
モニターを通してその華麗な指捌きも良く見え…

 イングヴェイよりデブかも…(^^;)

モニターではデカさも2倍2倍。(爆)

1時間弱で終わり、本日最初で最後のサブステージに向かう。

   ε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ

ちょっと迷った為(^^;)、アモルフィス20分程遅れる。
当然後ろの方で参戦。
後ろでも演奏のウマさはフツーに伝わってくる。

 凄いなぁ〜 楽しいなぁ〜 ((o(*^^*)o))

ふと気がついたら、朝マックから何も食べてない。
でも、食べるよりもライブ観ていたい。

カメラチェックとは名ばかりで(^^;)、多くの人が
携帯撮影やビデオを回している。(一切お咎めなし)
ところが、Jは意外と撮った写真少ないのだ。
そう。撮るよりもライブ観ていたい。

今となったらサイン会にも行けなくて良かった。
行ってる間にステージ1つ見逃してしまう。
サイン貰うよりもライブ観ていたい。

ここに来て改めて自分の事がわかった気がする。(∩。∩;)ゞ

オバサンは(も?)3度のメシよりもロックが好き。


                  (つづく)



Symphony X

マイケル・ロメオは写真で見ても、実物見ても
やっぱりデカかったで賞





移動で遅れたために、聴きたかった
「Sacrifice」「Bad Blood」聴き損ねたで賞



posted by J at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その12)


Jが2日通し券を購入した翌日に、
スコーピオンズの単独公演が決定した。
「( ̄− ̄メ)チッ1日券にしておけば良かった」
と、その時は激しく後悔したものだった。
いくらなんでも1週間も東京にはいられない。(汗)

ところがところが、この比重の軽かった(爆)
2日目の、観たライブ全てが良くてr(^ω^*)))、
単独行けなかった悔しさが吹き飛んだ。(笑)

アリーナ前方で観れたニッキー・シックスの
SIXX:A.M.が文句なしに素晴らしかった!
ギターも歌も楽曲もヴィジアルも…

パーーーフェクトにかっこいいっ!v(T▽T)

Jと趣味が決してそっくりでもない、picoさんや
ニセリッチーも褒め称えていた位だから。
Jは後で「哀メロでも取り上げてるんよ」と
自慢したが、書いてくれてたのはAKIOちゃんだ。(^^;)

その後ニッキー側の最前からウリ仙人を観る。
昨日観たばかりだけど、近さが違う〜〜(嬉)

61095.jpg

確かに真横ではあるが、スクリーンがデカい!

61096.JPG

スカイギターや指の動きもバッチリだ!

61097.JPG

しかもセットリストの90%が蠍団とあって
カロンなんてやられた日にゃ、胸がいっぱいだわ。

 (T(T(T(T_T)T)T)T)うるうる 

このウリも、もちろん哀メロで取り上げていて
(書いてくれてたのは、ながれ☆さんだが。(^^;))
他力本願サイトとはいえ、こうして自分のHPで
紹介してきたアーティスト達を生で観れたことが
嬉しかったし、誇らしかったし、発掘隊員達への
感謝の気持ちが溢れ出し…
ウリのギターの音色で感傷に浸ってみた。ww

                                             (つづく)





Tシャツ買った甲斐ありの、タトゥーが見応え十分の
9日ベストライブ大賞





スコーピオンズを2日続けて観れたかのような
お得感満載だったで賞




posted by J at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その11)

さて、今日座る座席を取っておこう。

((( (・・。)Ξ(。・・) ))) キョロキョロ

まず、トリの白蛇側の席を確保することにした。
昨日移動の度にいちいち、すみませんと
どいて頂いたのが気兼ねだったので。(-_-;)
ま、たまたま端の人が「地蔵タイプw」で
身動きひとつせず、ずーっと席から離れない方で
Jみたいに落ち着きないオバサンとは
「互いに迷惑(滝汗)」だったってのもある。
端っこをキープできて、ちょっと満足。(^-^)

それから反対側へ行っていたら、ニセリッチーが
会場到着のLINEをくれた。
今いる場所を聞いて、すぐに迎えに行けたJ。

同じ通路を2日続けて何回も往復してたら
さすがにオバサンでも迷わない。

ニセリッチーも、お変わりない…

 5月に会ったばかりだしな。(^^;)

早速座席に座りクニ〜ラクーナ・コイルまで鑑賞。
途中picoさん達も寄ってくださった。
今日は観たいバンドがアモルフィス以外は
メインステージに集中しているので、移動時間なしに
フルで鑑賞できるのが有難い。(^-^)
しかも、どれもこれも(笑)大変よろしい。(何様)
マーク・リアリなしのライオットがこれまた良くて、
彼らアメリカ人なのに音はブリティッシュそのものだ。
「Warrior」までにアリーナ行かねばっ!!と
ニセリッチーに別れを告げ(爆)、アリーナへ
降りる前に一旦あっち側の荷物も確認しておこうと
寄ったが、ちょうど座席横の階段に座ってる人がいて
「(¨* )あのぉ…」「すみませーん」と声をかけたが
ライブに集中していて、気づいてくれないので
しゃ〜ないなぁ〜と後ろの座席から長い足(笑)を出して
降りようとしたら、椅子が回転して・・・・

  お尻から落ちた (-_-#)

「だ、大丈夫ですかっ!( ̄Д ̄;; 」

さっきは無視したくせに(苦笑)、階段男(爆)が
心配してくれたが、恥ずかしさのほうが強くて
大丈夫ですよー( ̄∇ ̄;)ハッハッハと強がるJ。

大騒ぎして椅子に座って、またすぐにアリーナへ
降りるのもなんだしなぁ〜と、ニセリッチーに
こっち側の座席番号を知らせるLINEを送ってみる。

ライオットの感動のフィナーレを確認後、
満を持して(大袈裟)いざアリーナーへ…

               (つづく)



Kuni

ジェフ・スコット・ソートとトニー・モンタナに
気をとられ、非国民だったで賞




The Dead Daisies

61092.JPG

これまでパっとしなかった人達の寄せ集めだけど
ステージはとっても華やかだったで賞




Lacuna Coil

61093.JPG 向う側だと遠い

ヴォーカルのお姉ちゃんの声が浜田麻里に似てて
改めて聴き比べたら全然似ていなかったで賞





61094.JPG

トレードマークのジョニーはなんの動物なのか
どなたか知ってたら教えて欲しいで賞


posted by J at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その10)


  10月9日(ラウパー2日目)


この日の天気の記憶がない。(=_=)

もう1か月も前の出来事を思い出しながら
書いているので、どんどん忘れてることがあるんだろうけど、
何を忘れたのかは、当然思い出せない。(爆)

この日の入場は二日間通しのリストバンドのおかげで
スムーズだった。川 ̄ー ̄川 
このリストバンド、前夜に外そうとして
皆から「明日入場できなくなるよ!」と止められた。
確かに、一度外すと再び付けるのが困難な感じだ。(苦笑)

入場してまず向かった先はサイン会の整理券配布場所だ。
昨日は迷った挙句時間切れとなったので、今朝は
いの一番に並ぼうと…

 Σ(⌒◇⌒;) ゲッ!! すでに長蛇

でも、万が一にも貰えるかも…と思い、並んだとたん
「デッド・デイジーズ、終了しましたー」

( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄; アリャ? はやっ!

Jもそうだったが、一番人気とあって、その声を聞いて
何人かが列から脱落して行った。(´;ω;`)ウッ…
Jもどうすっかなー でもRIOTがまだだし…

「ライオット終了しましたー」

 。。。_| ̄|○


ま、でも「どーしても」欲しいってこともなかったから
いいやいいや。パンフ無駄になったけどいいやいいや。
と、自分を慰めつつ物販へ行き、昨日売り切れてた
SIXXのドクロTをGET(Mサイズだったが)。

オバサンはサインが貰えないからTシャツで自分を慰める。

早速着替えてサブステージに行ってみると、入り口に
SARAHさんがいらして挨拶すると、picoさんが最前で
張り付いてると(* ̄m ̄)プッ教えてくれたので
これは一見の価値ありだと(バンドではなくpicoさん)
人を掻き分け…おお、いた!最前にバンギャさん達と
肩を並べて談笑しているpicoさんが!

・・・icちゃん、なんか凄い・・・(^^;)

この人はJが予想もしないところに行ってしまわれている。

picoさんを見れたから、ライブは観なくても良かったのだが(汗)、
せっかくの2列目、他の会場では絶対に無理っぽいので
そのまま開演まで居座ったが、派手なあんちゃん達が
(女の恰好してても全員男らしい)出てくると
最前のバンギャさん(picoさん含む)は一斉に頭を回しだし、
Jも付き合いで(爆)頭を回していたが、ふと後ろを向くと
後ろは後ろでモッシュサークルでぐるぐる回ってるし、
どっちも回っているので、今度はJの目が回って来て(ーー;)、
3曲ほどで後退したのであった。ヘ(-.-ヘ;)... スゴスゴ...

                    (つづく)



Nocturnal Bloodlust

なにがなんだかさっぱりわからないけど
若者達に混じって、ちょっと面白かったで賞



posted by J at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その9)


蠍団が終わって、座席に置いてあったトートを
回収し、約束の213番通路に着いたら
既にpicoさんとkennさんが談笑ちうだった。
(結局Jがいつも一番モタついてる)
kennさんは当初予定が入っていたが、都合つけてくれて
ご一緒出来る運びとなった。ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

会場外では秋田のSeikoちゃんが待っていた。
東京オフ以来だからなんと8年ぶりだ!
ところがSeikoちゃんも全然変わってない。
「( ̄− ̄メ)チッ 少しぐらい老けてて欲しかったのに」
と、反則モードに可愛いSeikoちゃんに文句を言う。

それから4人で近くの居酒屋で

( ^-^)/U ( ^-^)/U☆U\(^-^ ) U\(^-^ )カンパイ


オバサンはライブ後の打ち上げが腹の底から好き。

J以外は皆さんラウパーのベテランで、
それぞれ連れや仲間がいらっしゃるだろうと
一人でご飯食べる覚悟してただけに
こうして懐かしいネット仲間と集まれて嬉しかった。
今日観たバンドや明日観たいバンド、数がハンパなく、
近況なんかも織り交ぜたら、話が尽きることがない。
お腹も心も満たされた至福の時間にも限りがあって…

picoさんとkennさんはすぐ近くのホテルだったが
JとSeikoちゃんは都内なので、名残惜しくもお別れだ。

また明日も会えるかなぁ?会えたらいいなぁ〜


  とりあえず、"(@´▽`@)ノ""" バイバーイ 


そして難なくホテルにたどり着き、ラウパー1日目終了


                  (つづく)






観客にマイク向け過ぎだったで賞
だったらテロップも流して欲しかったで賞



posted by J at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その8)v


なんとか、クイーンズライクの開演に間に合った!
既にスタンディングで人は溢れていたが、
いそいそと(笑)、前の方へ滑り込んで行く。

以前アルカトラスで潰されて死にかけたが(嘘)、
今回は押されたり締め出されたりはしない。

「あなた今触ったでしょ!“(*`ε´*)ノ彡☆」

なーんて、オバサンにあらぬ言いがかりをかけられぬ為か
Jの周りに20cmの透明サークルが出来てるからだ。

ま、生まれて半世紀、痴漢に遭ったことなんて
ただの一度も経験がない(大笑)Jが押されても、
文句なんて言わないのだが、なんにしても有り難い!

心なしかオバサンはスタンディングで優遇されている。

さて、1時間立ちっぱだったし、トリの蠍までは
体力温存と行こう。d(*-*)b イエイ

チルボドを(/▽゜\)チラッと覗き、ブラインドガーディアンが
良かったんだけど、蠍の時に会場に戻れなかったら困るので
取りあえずドッケン観ながら休むことにした。(おい)

61086.JPG

蠍団側で、力ないドン・ドッケンを眺めながら(滝汗)、
付き合いの良いミック・ブラウンに同情しながら、
でも曲はいいよね〜哀メロ多いし〜とか思いながら、
この次のステージへの期待が膨らむ。

これまで蠍団はJにとって特別なバンドであった。
時には「私の蠍団」と表現する程、愛して止まないバンドだが、
今日会場で見かける中年〜老人は全部蠍フリークに思えて
Jが声高らかにサソリ!サソリ!と叫ばなくても、
ここにはJ以上にスコーピオンズを愛する人達で溢れていて、
このまま2階席で観るのも有りかなと思った。
上からなら小さいマイネもよく見えるだろうし。w

とか、言ってドッケン終わったらアリーナに降りていた。ww
しかし、入場規制がかかって、前の方には通して貰えず
アリーナ後列でo(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)oしてたら、

「Jさん!(笑)」

w( ̄△ ̄;)wおおっ!!よくぞJを見つけてくれた!

12年ぶりにkennさんと再び蠍団を観れるとは…(T-T) 


         (遅れついでにライブレポへとつづく)





ジェフ・テイトが抜けた穴をトッドが
せっせと埋めていたのに胸がアツクなったで賞



Children Of Bodom

やっぱりデス声は苦手だなぁ〜と
演奏はかっこいいのに残念で賞



Blind Guardian

ドッケンとかぶらなかったら
永遠に観ていたかったで賞




合間に流れるプロモのドンが若すぎて
あれが同一人物だとは、にわかに信じ難かったで賞





posted by J at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その7)


マスタープランは本日初のオールスタンディングだった。
このサブステージにはイスがないのだな。(^^;)
後ろの方で床に座って観ることもできるが、
Jは結構前のほうで観れた!ヾ(*ΦωΦ)ノ

61084.JPG 

間近にアーティストを観れるのはやはり興奮する。

そのまま、次のバンドも1曲だけ聴いて(苦笑)、
体力温存の為、メインステージの座席に戻る。

オバサンは座席に座れると、(´▽`) ホッとする。

HP先輩で大阪のmasaさんから今朝頂いていた
メールを3時頃に確認。( ̄□ ̄;)!!
自分から久しぶりに会いましょうとか言っておきながら
LINEばっかり使ってて、メールを開けなかったのだ。
次のエクソダスではアリーナに降りられるそうで
おお、そうか、二階からmasaさん探すか?

 絶対無理! (´Д`|||) 

てか、演奏が始まってステージを観ていたのだが、
観客が渦を巻きだしたのにびっくり!!


 61085.JPG


なんじゃこら〜〜〜ヽ(  ̄д ̄;)ノ 


後でkennさんやJ子達に聞くと、この現象は
サークルモッシュとか言うもので、ロックのライブでは
以前から流行ってた(苦笑)らしい。
しかし、Jが行くようなライブでは見かけたことない。
そもそもあんなに走っていて音楽が聴けるのか?
怪我とかしないものか?

   
でも、人生一度位、あの中で回ってみたい気がしないでもない…


時にオバサンは自分を顧みず無謀な夢を見る。


次のステージはシャインダウン。
哀メロでも取り上げたバンドだから絶対に観なくては!

少しでも見やすいように、タオルで取り置きした
席に移動して、しばし演奏を観ていたが、
最初の2曲がJ的にはイマイチな曲だったのと
(会場は盛り上がっていた。苦笑)そろそろサブステージで
クイーンズライクが始まりそうなので、思い切って
席を立ったまでは潔かったが、その後でまた迷って
何度もサブかと思ったらシャインダウンの会場に出て
しかも、曲がJ好みの哀メロばっかやってるので
後ろ髪をぐいぐい引っ張られながらの移動だった。

同じ時間帯に観たいバンドが重なって悔しい思いは
会場にいる全てのメタラー達が経験済みなんだろうな…

                  (つづく)




Danger Danger 

王道なアメリカン・ハードロックだったので
たった1曲で飽きてしまったで賞




Exodus

サークルが面白くて観客ばかり観ていたで賞





クイーンズライクとかぶらなければ
ずっと観ていたかったで賞




posted by J at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その6)


通路には至る所に、ドリンク・バーや屋台などが
並んでいる。あまりにも多すぎて、余計に会場間の
行き方がわからなくなってしまう、というのもある。(^^;)

食べ物はたくさん売っているけど、イスやテーブルが
ないので、会場内に持ち込むか通路で食べるしかない。
もうそろそろ1時だし、なにか食べておこうと、
食べやすそうなロッテリアのチキンバーガーの
なんたら味(爆)アリーナ限定とあったのでそれにした。
それから入場の時に500円出して買ったドリンク券で
ジンジャーエールを貰い、「ちょっとなぁ〜(^^;)」と
思いながら、通路にペタンと座って食べる。

オバサンは床に座るのに抵抗がある。(ルック浮浪者)

その直後「Jさんどこおる?」とLINEが…
「213のロッテリアの前で食ってます」
「ちと行きますわ(笑)」…そして登場したのは

「kennさん!(ノ*´▽)ノワーイ♪」
「Jさん、お久しぶりっす!v( ̄ー ̄)」

ふと思いついて(笑)2日前に連絡してみたら
kennさんも行かれることが判明したのであった。
2年前にお会いした時はやや太られておられたが
今回はいつものスマートなkennさんに戻っていた。

kennさんは、同時期にHPを開設し、いい意味での
ライバルであり、そして同志であった。(^-^)

「Jさんごめん!ブログ見に行ってない(^^;)」
「いいよいいよ、それはお互い様。(^^;)」

昔は燃えていたHPオーナー達のなれの果て。(爆)

ひとしきり、おしゃべりした後、帰りにここで
みんなで会おうと約束して・・・

 kennさんはレイジへ Jはマスタープランへと

各々が観たいステージへと別れて行くのであった。

(なんか、かっこえ〜〜〜(≧∇≦)キャー♪)

                     (つづく)






ヴォーカルさんのおでこの広さが気になって
ライブの間中、目を逸らせなかったで賞


posted by J at 23:36| Comment(5) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その5)


それから、入り口を1つづつ虱潰しのごとく、
入っては出て、また入っては出て(苦笑)30分後に
やっと最初のイエスのバッグを置いてある座席に
戻れた。座席番号だけは控えてあったのだが
それより重要なのは入り口の番号だと実感。

 ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

丁度、観る予定のなかったミラスという、
チュニジアのバンドをやっていたのだが
これが滅茶苦茶かっこいいのに感激!
ちょっと落ち着いたところで、picoさんへ
一方的にLINEを連続で送り付ける。
今読み返すと、ステージの名前を間違ってるし
ミラスをメイヤーと書いているし、最後は
「なにがなんだかわからずドリンクも飲んでない」
と、愚痴で終わっている。
(読んだ人のほうがなにがなんだかわからない)
貰った人が一番困るパターンのメールだ。(苦笑)
それでも心優しきpicoさんは
「213番の入り口わかりますか?」と返事下さったので
ミラス終わったら213で待ってます、と送った。

なんのこたない、Jの出たところは212番で
picoさんとは結構近くだったのだ。ww

わくわくしながら213番入り口で待っていたら
picoさんのお友達で、カンサスの打ち上げの時に
ご一緒したSARAHさんが出てらした!
今回もpicoさんと隣席だそうだ。

 おお、お久しぶりですとか挨拶していたら

「icちゃん!ヽ(^◇^*)/ 」「ジャスミンさん(*^。^*)」

テンション高いJと常に冷静(に、見える。爆)な
picoさんとの再会。いつもこんな感じだ。
嬉しいなぁ〜この人全然変わってない。(*^.^*)

「Jちゃん、荷物は?」身軽なJを見て一言。
「(*'ω'*)......ん? 全部取り置きした座席に置いてあるよ
 Jの荷物なんて、誰も欲しがらないだろうから・・・」
「( ̄д ̄) エー 私は心配だからこうして持って来てる」
「なんで?icちゃんのは指定席でしょ?(信じられん)」

名古屋とJ県ではオバサンの手荷物管理の心構えが違った。

picoさんはミラスのサイン会の抽選に当選していて、
サイン会会場へと向かわれた。(手荷物持って。爆)
その前に打ち上げ(晩御飯)の約束も交わし
「帰りはこの場所で」と213番入り口を決めておく。

ヘタすりゃ、このまま生き別れになりそうだから。(汗)

                 (つづく)



 Myrath

ノーマークだったのに、こぶしのエスニックスケールに
ノックアウト。まさかの(笑)8日ベストライブ大賞

posted by J at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その4)


LINEでpicoさんも到着しているのを確認!(嬉)
物販で並んでいる間に余裕で挨拶メール。( ̄▽ ̄)

61083.JPG 物販

売ってるのも見てる人も全部黒Tだ!_(T▽T)ノ彡☆

ちなみにこの日はヘッドライナーが蠍団ってことで
みんなそれぞれ押しの黒T着ているけど、
蠍Tが割合的に多いように見えた。
J県にいても、まず見かけない蠍Tがいっぱいいて
それだけでJはとっても嬉しかった。

オバサンはオソロのTシャツを見かけると喜ぶ。

Jも前回(って、12年前じゃん!爆)のツアーで買った
チビTを着て行ったのだが、たまたま前に並んでいた
男の子も6日の単独を観に行かれたそうで、
向うから話しかけてくれ(珍)一緒に物色する。

 「黒Tばっかりいらないんだけどねぇ〜(^^;)」
 「どんどん増えて行きますよねぇ〜(^^;)」

サイン会に使えるというので普段はまず買わない(爆)
パンフレットと蠍のマフラータオルは迷わず購入。
scorpions_towel.pngpanf01thumb.png

翌日用はチケットに付いてたTも持って来たけど
やっぱりもう一枚は欲しいと白蛇とSIXX:AMを
激しく迷って、ヘンな義理感で白蛇を買ったのだが、
やっぱり後で心残りで(苦笑)翌日SIXXのほうも
買ってしまうのであった。Mサイズだったけど。ww

sixx_t02.jpg 

オバサンは物販で我を失い、後で金が無いと泣く。

グッズを抱えたまま、ローズ・オブ・ブラックを観に
サブステージ(KINGDOM STAGE)へ入る。

( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・ここはオールスタンディングかー

今から立ちっぱなしでは身体が持たんだろうと
2曲ほど聴いて、BIGROCK STAGEに戻ろうとしたが

 戻れなくなった・・・

さっきソンズを観たほうのステージ側に出て
嬢メタル(アルディアス)を見ていたが、
置いてある荷物も気になってBIGROCKに戻ろうとしても
出たところ出たところアルディアスをやっている。
このバンドほんとに上手くて華があるんだけど
(ドラムはテリー・ポジオのお嬢さんらしい)
「またアンタ達かいっ!( ̄□ ̄;)!!」と
終いにはアルディアスにさえ腹が立ってくる。(爆)

 そもそも・・・・

こんなわかりにくい会場図を

lp16_map_web.jpg


 一体誰が解読できるのだ!(`□´)


                 (つづく)



Lords Of Black

確かに「見た」とチェックしているのに
キレイさっぱり記憶が抜け落ちてるのはどうしてで賞




Aldious

ライブの合間に会場の大モニターで流れていた
♪このせかーいじゅーの のフレーズが耳から離れなくて
とっても困ったで賞

posted by J at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その3)



10月8日(ラウパー初日)

あいにくの雨模様。☔
ゆーじさんの教えを忠実に守り、JR北与野で降り、
黒T姿の人達の後をつける。_-)))コソコソ

 61081.JPG

遂に来たぞう!( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


とはいえ、開場前なのに凄い人だかりだ。
並ぶ列も一日券とか二日券で違うようなので
誰これ構わず(苦笑)ここでいいのか確認。
過去に知ったかして(爆)自分の番が来て
初めて間違いに気づくという悲劇を体験してるので
こんな何千人もの列を間違えるわけにはいかない!

オバサンはまるで知人のように誰にでも話しかける。
(これでいいとわかっていても誰かのお墨付きが欲しい)

入り口付近で長傘を持って来た人は預けるらしいが、
帰りにちゃんと自分のわかるんだろうか?
(殆ど透明ビニール傘)
Jはこんなこともあろうかと折り畳みの傘を
持って行ったけど、その分自分の荷物が重くなる。(笑)

会場に入る前に簡単な(謎)カメラチェックと
厳重な(爆)飲み物チェックがあった。
どうやら持ち込みのドリンクはNGらしく
たくさんのペットボトルが没収されていた。
中には「ピクニックか?」と思わせるような(^^;)
ポリ袋に数本もペット入ってるのとかもあって
Jは単純に「勿体ない。あれは返して貰えるのか?」と
他人事ながら同情したものだ。(苦笑)

そして二日券用のリストバンドを貰い
会場に入るなり、無表情で吹き続ける謎の
バグパイプおじさんを写してみる。
てか、あの方は一体何なんだろう?ヽ(~〜~ )ノ 

61082.JPG

物販やサイン会整理券等、魅惑の矢印があったが、
まずは座席の確保だ!
てか、その会場ってどうやって行くんだ?(汗)
そもそも自由席ってどこにあるんや?

 (~ヘ~;)ウーン わからん。。。

すぐ近くにいたスタッフの兄ちゃんに声をかけると
親切なことに一緒に歩いて案内してくれた。

丁度最初のバンドが始まったので、観ることにする。
( ̄。 ̄)ホーーォ。 なかなかいいじゃんとか
上から目線で(爆)結局最後まで観て、今座っていた
椅子にイエスのトートバッグを乗せて

 ちゃっかり場所取り うふふっ(*゜v゜*)

その後ソンズ・オブ・テキサスを観にあっち側(笑)へ…
いやしかし、さいたまスーパーアリーナ、なんて広くて
わけがわからないのだ。(苦笑)
あっち側に行くにも階段上ったり下りたり
あれ?ここさっき来た場所だしーとか、迷いに迷って
ULTMATE STAGE側の自由席でソンズを堪能。
終わったところで、物販へ行くために立ち上がり、
おっと、この席も確保しようと誰も欲しがらないであろう
傷物語のタオル(←J子2のをこっそり持って来たww)で

 またまた場所取り (`∇´ )にょほほほ

場所取りなら、オバサンに任せなさい。

                
                (つづく)





 ライブレポではないライブレポ(-_-;)

こちらのほうも、「演奏以外の突っ込みどころ」を
見た順番で大賞形式にて、旅日記と同時進行して行きます。
(勝手に賞なんぞ贈られていい迷惑だろうけどw)

あくまでもJ目線で各アーティストへの
リスペクト溢れた表現なのでご意見大歓迎!
・・・でも、クレームは(/´△`\)ヤメテー!!(笑)


 I Promised Once

観る予定じゃなかったのに、しょっぱなからフルに観てしまい
物販行くの遅れて、サイン会にも行けなくしたで賞




 Sons Of Texas

若そうなのに、てか、フツーに若いのに
渋すぎてファッションとマッチしてなかったで賞


posted by J at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その2)


さて、昼寝もしてチャージ出来たし、時間もあるから
待ち合わせ場所まで歩いて行くことにしよう!(^-^)

ポケモンGOとMAPを連動させ、都内見物しながら、
且つ(笑)ポケモンも捕まえながら池袋まで向かう。

スイスイとまるで別人のように40分前には池袋に着き

「余裕のよっちゃんだわ〜εε= κ( ` ▽´)κケケケ」と
はしゃいでブログ用に街の写真なんぞ撮ってみる。

  がっ!(そら来た。爆)

ホープセンターに行くのに、なんだかひどく迷ってしまい
MAPの指示通り動いたけど、「戻れ」ばっかり言われて
途中ニコニコ動画のビルを見つけ(苦笑)立ち止まったり
デパートの受付のお姉さん(?)に場所を聞いたけど
ますますわからなくなって、結局はゆーじさんに今いる
場所を告げ、迎えに来てもらったのであった。(-_-;)

にこにこと近づいてくるゆーじさんに第一声

「なんか、前にもこんな光景見たような気がするー(^▽^)」
(先に謝れよーーー<自分)

それから、MAPと受付のおばちゃんが嘘を教えたと
まことしやかな言い訳をしたが、やんわりと
「どっちも間違ってなかったと思いますよ(*^。^*)」と
たしなめられた。(-_-#)

オバサンはなにかとすぐに人のせいにする(反省)

他にお二人、参加表明して下さってたが、急にお仕事と
会議が入ったそうで、当初の予定通り(笑)嫁公認の
ゆーじさんと密会デートとなったのである。(´∀`*)ウフフ

61073.JPG 密会の場(笑)

ゆーじさんんと初めてお会いしたのは14年前。
その後数回、何かと呼びつけて(笑)楽しい宴会を
繰り広げているわけだが、今回も想い出話やら
互いの近況やら、もちろんプログレ話やら・・・
どれだけ時間があっても話が尽きない。(笑)


その後新橋まで行き、プログレ・バーを覗くも

61075.JPG  満員御礼で

(てか、やっぱり都会はプログレ人口も多いのだな(^^;))

全然プログレでない(笑)アメリカンなお店に入る。

61076.JPG

(*'ω'*)......ん? このマスターどこかで会ったような…

なんのこたない、韓流でいつも出てくる役者さんに
劇似だっただけだった。何気に親しみ感じたし。ww

61077.JPG 「ジミヘンのけむり」

流れてたCDやミュージシャンは知らないほうが
多かったけれど、それはそれで楽しめた。
あの店に行かなければこんな曲を聴く機会もなく
またこうしてブログにUPすることもなかっただろう。


ましてや、ゆーちゃんのリクエストのブレッドの後に
なぜかフレンチポップスの名曲が流れ・・・・


気を良くして一緒に口ずさむJ。♯ρ(^∇^*)♭_♪

ま、いい音楽には国もジャンルも関係ないのだな。

サラリーマンの聖地と言われている新橋。
初めて来たけど、活気溢れて面白かった〜〜(*^。^*)

61074.JPG 61078.JPG

帰りは電車で、明日の行き方を丁寧にレクチャーされ
大きな期待とちょっぴり不安で、昨晩同様に
「遠足の前日」気分満載で眠りについたJであった。


              (翌日につづく)




posted by J at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その1)

10月7日(ラウパー前日)

5月のプログレフェスからまだ半年も経っていないので
荷造りは随分手馴れて来た感じ!<( ̄- ̄)> 
今回旅の道具に新しく加わったものは…

 携帯の充電器 v(≧∇≦)v 

そう、以前から肝心な時に使えなくなったことがあり、
ましてや(苦笑)今回大量のポケモンを捕まえるという
大きな任務(←誰も指示していない)も抱えてるゆえ、
充電器は必須だ。ウン(・_・)
3回分充電できて、その中で一番安いものをw
数日前に購入。安いだけあってやや重い。ww

そんな荷物の中に期待を一杯詰め込んで
乗り込んだのは「かがやき」、降りたのは上野。
その日は銀座でパレードがあるらしいので
あえて東京を避けて上野で降りたのだよ。( ̄▽ ̄) 
この上野は10日の待ち合わせであるが、
コイキングの巣である不忍池に
行きたい衝動にかられるJ。(汗)
我慢して、今回の宿泊先である板橋まで行く。
埼玉では全くホテルが取れず、便の良さげな
板橋に三日間連泊で押さえたのであった。
一旦荷物を預け、3時のチェックインまで
近辺を探索する。「・_・ )(「・_・)"キョロキョロ
ガイドはいなくても、ポケスポが近くの名所を
教えてくれるので、とっても便利だ。(*^^*)

 61071.JPG

旅の安全その他もろもろ祈願(欲張り)してたら
足に二か所、腕に一か所、そして顔を

  蚊に刺されていた(-_-#)

顔を掻き掻き、足を掻き掻き、吉野家を探したけど
松屋しかなく(苦笑)結局中華料理店に入ってAランチ注文

 61072.JPG

 かなりのボリュームだ。(^^;)

お金払って(当たり前かー)ホテルにチェックインして
仮眠とって、オフの待ち合わせの池袋へと向かった。


 オバサンは隙あれば昼寝でチャージする(無料)


                  (つづく)






posted by J at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。