2016年11月24日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その14)


そういえば既に4時間立ちっぱだった。
ライブ観てる時は全然気にならなかったが。
残る3バンドのトリから2つは絶対にアリーナで観る!

・・・となると、次は休むことにしよう。(-_-;)

そして、ラウパー終盤になって、やっとサブから
メインアリーナへの近道を発見したのだった。

 (;゜ロ゜)ハッ こんなにすぐに来れたんだった。

今まで無駄に彷徨っていた時間が悔しくて仕方ない。

残り3つの中で比重軽かったデイジー(^^;)側の
スタンド席に戻るとニセリッチーも移動していた。
彼はKillswitch Engageをスタンドで観ていて
サークルが面白かったと話してくれた。
そのサークルの中にkennさんも混じっていたことを
後で知ったわけだけれど。(* ̄m ̄)プッ

座席に座って、まったりとpicoさんに会場間の近道を
発見したことを自慢気にLINEすると、picoさんは
未だによくわからず誰かの後をつけて戻って来たらしい。

 初めてpicoさんに勝ったと思えた。ww

でもオバサンは次回またきっと迷うことだろう。

デイジーが始まりpicoさんとニセリッチー(隣にいる)に
同時に「とても為になるレビュー発見」と書いて
Jが12年前に書いたレビューのLINKを送り付ける。
いいライブやってるのに、嫌がらせだな。(^w^) 
(でも二人とも真面目にレス返してくれた。爆)

LEDを多用してスケールアップしたステージらしい。
(照明の違いはよくわからないが。汗)

61098.JPG

小一時間も休めば…というか、もう座ってなんかいられない!
再びニセリッチーにアリーナに降りると告げ、
白蛇側のほうに降りる。白蛇命(大袈裟)な人達が
もう既に大勢並んでいらっしゃる。

楽しみにしていたナイトウィッシュが始まった。
周りは全員白蛇の人達なので喜んでいるのはJと
2〜3人の若者だけだが。(苦笑)

まずベース&ヴォーカルのマルコが目についた。
この人、シナジーにもいたんだっけ。

61099.JPG

ブロンドの長いひげが面白いw 三つ編みしたいww
そして3人目のヴォーカルのフロールが登場。

610910.JPG

 でかっ!.....Σヾ(;゜□゜)ノ(186cm以上あるらしい)

他の男性メンバーよりも大きいかもしれない。
でも、声と顔がめっちゃカワイイ。(^^;)
ずっと大画面で見ていたけど汗ひとつかかず
涼し気な風貌で頭を振り回したりジャンプする姿に
すっかり虜になってしまった。(´▽`)はぁぁ・・♪
後でpicoさんに聞いたら、なんと彼女おめでただそうで
ラウパ後に産休に入るらしい。
生まれてくる子は大きくて元気に違いない。(^-^)
ライブに関して言えば、セトリの流れは2日通しで
最高に良かった。フィンランドの底力ここに有り!


  (^-^)//""ぱちぱちぱち


                (つづく)





Dizzy Mizz Lizzy

ラウパーよりもサマソニかフジロックのほうが
合ってたように感じたで賞



Naightwish

このバンドがトリでも全然問題なかったで賞





posted by J at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック