2016年11月02日

オバサンのオバサンによるオバサンのためのラウパー指南(その8)v


なんとか、クイーンズライクの開演に間に合った!
既にスタンディングで人は溢れていたが、
いそいそと(笑)、前の方へ滑り込んで行く。

以前アルカトラスで潰されて死にかけたが(嘘)、
今回は押されたり締め出されたりはしない。

「あなた今触ったでしょ!“(*`ε´*)ノ彡☆」

なーんて、オバサンにあらぬ言いがかりをかけられぬ為か
Jの周りに20cmの透明サークルが出来てるからだ。

ま、生まれて半世紀、痴漢に遭ったことなんて
ただの一度も経験がない(大笑)Jが押されても、
文句なんて言わないのだが、なんにしても有り難い!

心なしかオバサンはスタンディングで優遇されている。

さて、1時間立ちっぱだったし、トリの蠍までは
体力温存と行こう。d(*-*)b イエイ

チルボドを(/▽゜\)チラッと覗き、ブラインドガーディアンが
良かったんだけど、蠍の時に会場に戻れなかったら困るので
取りあえずドッケン観ながら休むことにした。(おい)

61086.JPG

蠍団側で、力ないドン・ドッケンを眺めながら(滝汗)、
付き合いの良いミック・ブラウンに同情しながら、
でも曲はいいよね〜哀メロ多いし〜とか思いながら、
この次のステージへの期待が膨らむ。

これまで蠍団はJにとって特別なバンドであった。
時には「私の蠍団」と表現する程、愛して止まないバンドだが、
今日会場で見かける中年〜老人は全部蠍フリークに思えて
Jが声高らかにサソリ!サソリ!と叫ばなくても、
ここにはJ以上にスコーピオンズを愛する人達で溢れていて、
このまま2階席で観るのも有りかなと思った。
上からなら小さいマイネもよく見えるだろうし。w

とか、言ってドッケン終わったらアリーナに降りていた。ww
しかし、入場規制がかかって、前の方には通して貰えず
アリーナ後列でo(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)oしてたら、

「Jさん!(笑)」

w( ̄△ ̄;)wおおっ!!よくぞJを見つけてくれた!

12年ぶりにkennさんと再び蠍団を観れるとは…(T-T) 


         (遅れついでにライブレポへとつづく)





ジェフ・テイトが抜けた穴をトッドが
せっせと埋めていたのに胸がアツクなったで賞



Children Of Bodom

やっぱりデス声は苦手だなぁ〜と
演奏はかっこいいのに残念で賞



Blind Guardian

ドッケンとかぶらなかったら
永遠に観ていたかったで賞




合間に流れるプロモのドンが若すぎて
あれが同一人物だとは、にわかに信じ難かったで賞





posted by J at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

>サークル モッシュ 本当に呆気にとられました。

>ドッケン  ただ悲しいです。言葉も無く・・・

いよいよ 本命登場ですか?

関係はないけど三日前から古いガス風呂釜が壊れて使えなくなり困っています。交換は一週間先(泣)
寒くなって来たのに。べそをかきつつ読ませて頂いております。
Posted by Eddy,T at 2016年11月02日 22:19
♪Eddy,Tさん
コメント(^人^)感謝♪

>>サークル モッシュ 本当に呆気にとられました。
初めて見た人はビックリすると言われてますが、上から見下ろすとほんと凄いんです! 一体何が起こってるのだろう!って・・・ でも、あっけにとられてるのはJだけだったみたいで、2F席でJ以外に驚いてる人は見かけませんでした。(^^;)

>>ドッケン  ただ悲しいです。言葉も無く・・・
ま、元々あんな感じですから(故ロニーに怒られてたしw)それが、更にパワーダウンしたみたいな。(^^;)
マイネや次の日のカヴァーディルの咬ませ犬みたい(* ̄m ̄)でしたが、単独公演もあるし、根強いファンの気持ちを考えるとこれ以上は…(って、もう言っちゃったけど)
でもギターの人凄かったし、ドン・ドッケン観れて良かったと思ってます。

>いよいよ 本命登場ですか?
まだ書いてる途中ですが(^^;)、面倒だしやめとこうか?とも最初思いましたが、蠍団だけは書くべきだと自分を叱り(笑)猫に邪魔されながら頑張って書いてます。また読んでやってください!

>交換は一週間先(泣)
(* ̄ノ ̄)/Ωチーン (* ̄- ̄)人 i~ 合掌
Jも経験したことあるので、お気持ちわかります。。
この機会に銭湯めぐりなんてしてみられては?
結構穴場のスパなんか見つけて面白いかもよ。
(↑転んでもただでは起きぬ精神で。爆)
Posted by J at 2016年11月04日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック