2016年06月09日

Steve Hackett  日比谷野外音楽堂


1.Out Of The Body 
2.Wolflight 
3.Love Song To A Vampire 
4.Loving Sea 
まずは好評の新譜より4曲。
なかなか時間がなくて聴きこむことが
出来なかったけど、メロウでキャッチーな
ハケットのギターに最初から惹き込まれた。

ちょうど位置的にハケット御大が
Jの目の前で弾いてくれてる感じで
恐縮しつつも、他に気になる人がいる。(は?)

今度はベーシストの性別がわからないのだ。(^^;)

長身、金髪でロン毛、足は綺麗なのだが…
なんか顔がゴツイ気がする〜 し・か・も

チェックのスカートにハイソックス、コンバースの
スニーカーって・・・・

   ださっ! (´Д`|||) 


さっき猛反省したばかりなのに、懲りずに
ひろりんの耳元で悪魔の囁き。(爆)

「あのベースは男ですか?女ですか?」(またかい)

今度はひろりん(´m`)クスクスと笑いながら即答。

「男です。カジャグーグーの…おっさんですよ」

そうだよな〜 あの恰好はなぁ…(^^;)
つ〜か、メンバーぐらい調べておけよ<自分

5.Tower Struck Down 
6.Shadow Of The Hierophant 

メンバー紹介の後、ジェネシスのオンパレードだ!

7.The Cinema Show 
8.Aisle Of Plenty 
9.The Lamb Lies Down On Broadway
10.Can-Utility And The Coastliners  
11.Dance On A Volcano 
12.Firth Of Fifth

次から次へと骨董音楽箱(笑)の中から
手品のように名曲が演奏された。
イントロ5秒でいちいち会場が沸いた。
そして期待以上の淀みなく完璧な演奏。
何一つ、突っ込みどころがなかったなぁ〜
全員が特筆すべき技量を持っているのは
当たり前の事なんだけど(^^;)、ほんと、
(~ヘ~;)ウーン すげー かっこいい〜と
唸りっぱなしだった。(なんとも稚拙な表現)
ハケットは6年前に観た時よりも小さく感じたが(爆)、
ライブは数倍感動した!

最後の4曲は、この曲で終わりかな?と、
思わせるほどの盛り上がり方だった。
ラストのFirth Of Fifthのギター・ソロには
胸がつまり  泣けた! (T-T) 

アンコールはなかったけど、この後になにかやっても
見劣りするんじゃないかって位、また、キャメルでなく
ハケットがトリでも良かったかも!と、思う位、

 本気で良かった!


 ハケット隊(?)の皆様、有り難うございました。

posted by J at 23:06| Comment(4) | TrackBack(0) | Jのライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Genesisはモチロン大好きだけど、本当はソロの曲をもっと聴きたかったなぁ。
このバンドではおそらく演奏しないであろう「Shadow Of The Hierophant」(女性ヴォーカルの曲だからネ)を後半から演奏するという裏ワザで聴かせてくれたのは感動しました。
コレだけでも来た甲斐がありました

聞いてもないのに、あのベーシストが男か女かをしっかりと教えてくれたJさん, ライヴの楽しみ方をひとつ増やしてくれました(笑)
Posted by 8823@横浜 at 2016年06月10日 23:20
えー、ニック・ベッガスがベースだったんですか!?
うまいっすよ、この人。
いま、ハケットのバンドにいるんだ(´▽`)
Posted by かがみ at 2016年06月11日 12:39
♪8823@横浜さん
>このバンドではおそらく演奏しないであろう「Shadow Of The Hierophant」
∈( ̄o ̄)∋ ホーッ そうだったんですか…
ソロはあまり知らないのでレポ、スルーしちゃいましたが(^^;)、そんな裏ワザなセトリだったのですね!
もっと真剣に聴けば…って、集中して聴いてましたけど。

今回はどのバンドでも「ああ、この曲早く終わんないかな」ってのが1曲たりともありませんでしたね!

>ライヴの楽しみ方をひとつ増やしてくれました(笑)
おお、それはご一緒した甲斐があるというものです!(笑) つ〜か、どうせ席前だし〜と思ってメガネも持って行かなかったのがマズかったですね。(^^;) 
Posted by J at 2016年06月11日 23:30
♪かがみちゃん
>えー、ニック・ベッガスがベースだったんですか!?
そうですよん♪<o( ̄^ ̄)o> エッヘン!!
(↑知らなかったくせに、この態度はなに?)

>うまいっすよ、この人。
それは実際観たので、わかりました。

百聞は一見にしかず でも一見では女だった by茉莉花

Posted by J at 2016年06月11日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438813795
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック