2014年09月28日

記憶の彼方へ


なんと、35年ぶりだそうだ。┐(~ー~;)┌


  BOSTON来日


当時も今もJ県なんぞにはいらしてくださらないので
Jのほうから出向くわけだが…


35年前...( = =) トオイメ


来日時だったろうか? ミュージックライフ誌の
水上はる子編集長がトム・シュルツにインタビューをしている写真
を見て、腹の底から(爆)羨ましいと思った。
そのたった一枚の写真。これを今でも鮮明に憶えている。
長身のトムと小柄な水上氏がにこやかに見つめあっているのだが
大物ミュージシャン(今思えばトムはその頃はまだ大物ではなかった)と
対談できて、一緒に写真を撮ってもらえる水上はる子!(´▽`)
Jは大人になったら水上はる子になりたいとまで思った。(爆)


…かと言って、必死に英語を勉強するわけでもなく、
(  ̄_ ̄)ボーとしている間に「あら?不思議。こんなに年取ってるなんて!」
と、浦島タロ子状態のJがここにいるわけだ。(∩。∩;)ゞ


とはいえ、自由にアルバムレビューやライブレポを書けて、
運と根気で(笑)何人かのミュージシャンと写真も撮ってもらえて、
ある意味、当時の目的は既に達成しているのであった。


水上はる子にはなれなかったけれど、ジャスミン程度にはなったし、
まあ、よしとすっか。( ̄w ̄) 



と、BOSTON来日に寄せて遠い記憶を掘り出したら、
水上はる子しか出てこなかった、というヲチなのだった。
(水上はる子さん、何べんも呼び捨て(。-人-。) ゴメナサイ)



生トム手術と生ハンド・クラップ…うふ♪(* ̄ー ̄)v 楽しみぃ〜♪


posted by J at 00:10| Comment(10) | TrackBack(0) | Jのたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お! ボストン行くんですね^^
いいなぁ。
ボーカルのデルプが亡くなっているのは残念です。
Posted by かがみ at 2014年09月28日 08:08
1979年4月には、聖地・日本武道館に
3回、足を運びました。
一回目は大学の入学式。
二回目はボストン初来日公演の初日。
三回目はクイーン三度目の来日公演の初日です。

ボストンの演奏はレコードそのままの
素晴らしくクオリティの高いもので、
ええ、クイーンとは雲泥の差(笑)でした。
特に「ア・マン・アイル・ネヴァー・ビー」の
演奏なんか、神の領域、で、ございました。
今でも耳に焼き付いております。

ある曲の演奏途中にトム・シュルツが
忽然とその姿を消し、瞬時に有り得ない場所に再び
姿を現す、といった、初代・引田天功も真っ青の
見事な“奇術”を披露、武道館はヤンヤの喝采で
湧いたのですが、あのマジックのネタがわからず、
35年経った今でも気になって仕方がありません。
今回の公演でも、ぜひ「アレ」を再現して
欲しいと切に願っております。


Posted by 喜楽院 at 2014年09月28日 08:42
そういや、オールド・ファンは
Jさんや私を含め、「トム・シュルツ」と
表記するのが正しいと認識いたしておりますが、
いつの頃からか、「トム・ショルツ」という
表記の方が正しいんだよ、という風潮に
なっている気が致します。
実にけしからん。
Posted by 喜楽院 at 2014年09月28日 08:48
それまで、「トム・シュルツ」と言えば、
“MIT出の超絶・天才数学者”という
イメージでしたが、例の“奇術”の一件で、
“おちゃめでひょうきん”というイメージに、
私の中ではガラリと変貌いたしました。
Posted by 喜楽院 at 2014年09月28日 08:54
J様は名古屋か大阪なのかな?
私は2日の武道館に行く予定です。
楽しみ〜♪
Posted by ニセリッチー at 2014年09月28日 10:52
♪かがみちゃん
かがみちゃん、お久しぶり!
いつもカキコありがとうね♪

>ボーカルのデルプが亡くなっているのは残念です。
期せずして、たまたま何十年ぶりかに(おい)ボストンの1stを聞いた翌日に亡くなられたのですよ。そりゃもうビックリしました。それにしても彼の音域の広さって、凄いもんだと改めて感じ入っております。
Posted by J at 2014年09月29日 00:05
♪喜楽院
もうすっかり寂れかかった当ブログに3連コメントで華を添えて頂き(^人^)感謝♪(笑)

>1979年4月
そ〜なんです。BOSTONとクイーンと同時期に来てたんですよね。

>ええ、クイーンとは雲泥の差(笑)でした。
(⌒▽⌒)ノ_彡☆ バンバン!! さすがっ!
喜楽院が書いてこそ、信憑性もあり、また思いっきり笑える!

って、Jもこの年、クイーンは金沢で見ておりましたが、音なんて(音響設備自体悪いし)気にもならないくらい周りの叫び声がやかましかったような…(-_-;) でも本物を見れたなんて、今思っても奇跡的な時間でした。

そして貴重な79年のライブの様子を書いてくれてありがとう。「アレ」があったら「( ̄。 ̄)ホーーォ。 これが喜楽院のいう「アレ」かぁ〜」とほくそ笑むことだろうな。

>「トム・シュルツ」
>「トム・ショルツ」
まぁ、どっちでもいいとは思うのですが…ドイツ語っぽい苗字が悪いんだわね〜<そこかい
ちなみにJは京都のボストンのコピバンのバンド名を決めるにあたって候補に上ってた「トム手術」をたいそう気に入っておりまして使用しております。^^
Posted by J at 2014年09月29日 00:19
♪ニセリッチー
おお、元気でしたかぁ?(*゜▽゜)ノ

>私は2日の武道館に行く予定です。
もうすぐじゃないですか!
前回の時はまだ3歳ぐらいか?(* ̄m ̄)プッ
3歳児がいいおっさん(失礼)になるまで、
そんなこといえば、JKが婆さんになるまで(自爆)、
一体どんだけ日本が嫌で来てくれなかったんやって感じですね。(-_-;)

ああ、Jは大阪ですよん♪
お互い楽しんできましょうね!p(´∇`)q ファイトォ~♪
Posted by J at 2014年09月29日 00:26
ミュージックライフ いやいや懐かしい!
何でもアイドル化するのが得意だったような。
ほしかるみこ(漢字を忘れた)東郷かおる子等の編集長がおられたと回想。
黙って学校に持って行って、友人たち(もち洋楽派)と読みまわしてああでもない、こうでもない。

グラビヤにあの!ジミー・ページの哀愁のペイジなんてタイトルの哀愁漂う写真が出ていたのを覚えております。

会社勤め時代にBOSTONがデビューじゃなかったか?
歳がばればれ。35年・・・そうですね、月日の流れは速いですね。
クイーンの神戸公演に行ったと言う同僚、もう今は神戸は良いホールがあるのに素通りです

>名前に読み方 訂正が多いですね。ショパンがチョピンは笑いましたが。

どうか楽しんで来てくださいね。

Posted by Eddy.T at 2014年09月30日 10:13
♪Eddy.Tさん
>ミュージックライフ いやいや懐かしい!
一番最初に買ったのがS・タイラーがあのヒョウ柄の衣装でマイクを握っている表紙のでした。確かにミーハー食が濃い雑誌でしたね、言われてみれば。

ジミー・ペイジがケチだというのもML誌で知ったと思う。(-_-;)

>ショパンがチョピンは笑いましたが。
(⌒▽⌒)ノ_彡☆ バンバン!! 
チョピンにしか見えないし〜(笑)
Posted by J at 2014年10月01日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406140049
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック