2017年02月28日

Select - Live Under The Sky


アル・ジャロウが逝ってしまった。
先のジョン・ウェットンの哀しみも癒えぬのに
まぁ、どうしてこんなに次から次へと…(T-T) 

救いと言えば、彼らを生で観れたことだろう。
ウェットンはエイジアとUKで比較的近年だが
アル・ジャロウは90年っていうから四半世紀以上前か。

在りし日の彼を偲んで…



この時のメンバーの凄さ、まさに鳥肌がたつような
名演奏を生で聴けた感動が蘇ってくる。

当時はJ子1も小さかったのでライブといえば
このライブ・アンダー・ザ・スカイを年に一度
隣の富山まで観に行ったぐらいだろう。

 懐かしいなぁ〜 ...( = =) トオイメ

大親友のwiki(爆)に助けを借りて、遠い記憶を
掘り起こし懐かしんでみることにしよう。
(懐かしく楽しいのは自分だけww)

86年…チック・コリアとハービー・ハンコック
富山はこの2bandしか来なかった。(苦笑)
どっちも名前だけは知ってたがそう詳しくはない。
しかし北陸で観れるってんで、野次馬的に初参戦。w

87年…リチャード・ティー目当てではあったが
故コーネル・デュプリー、故マイルス・ディビスを
生で観れたのは今にして思えば、凄いことだった。

88年…デイヴィッド・サンボーンとパット・メセニー
3年目にもなると若干飽きて来た。(^^;)
来年はメンツ次第ではやめとこうとも思った。

89年…でも、大好きなロバータ・フラック来たから
喜び勇んで出かけたのであった。(苦笑)

90年…アル・ジャロウにジョー・サンプルにガット先生
これ以上ない円熟した名演奏。これでもう気が済んだ。(爆)

その次の年は惹かれるメンツでなかったのか、
富山でやったのかすら憶えてないが、Jの記憶はここまでだ。

音楽には全然関係ないけど、このJAZZフェスは専売公社(古)が
スポンサーで、入場時にマイルドセブンセレクトの
試供品がついてきたのだった。携帯の灰皿付きで。w
さ、どうぞお吸いなさい。健康に害のない程度に。(笑)
客の年齢層は高かったが未成年者もいただろうに、
今にして思えばスモーカーには楽園的なライブであった。(*^^*)
JAZZを聴きながら吸うタバコはほんと〜〜に美味かった。(爆)
2年ほど禁煙してた時期もあったが、友人にそそのかされて
つい一本吸ってしまって(^^;)、次の日からまたスモーカーに
逆戻りしてしまったものだ。

 なんにしても古くていい時代だった。
posted by J at 23:54| Comment(6) | TrackBack(0) | Jのたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする