2014年09月28日

記憶の彼方へ


なんと、35年ぶりだそうだ。┐(~ー~;)┌


  BOSTON来日


当時も今もJ県なんぞにはいらしてくださらないので
Jのほうから出向くわけだが…


35年前...( = =) トオイメ


来日時だったろうか? ミュージックライフ誌の
水上はる子編集長がトム・シュルツにインタビューをしている写真
を見て、腹の底から(爆)羨ましいと思った。
そのたった一枚の写真。これを今でも鮮明に憶えている。
長身のトムと小柄な水上氏がにこやかに見つめあっているのだが
大物ミュージシャン(今思えばトムはその頃はまだ大物ではなかった)と
対談できて、一緒に写真を撮ってもらえる水上はる子!(´▽`)
Jは大人になったら水上はる子になりたいとまで思った。(爆)


…かと言って、必死に英語を勉強するわけでもなく、
(  ̄_ ̄)ボーとしている間に「あら?不思議。こんなに年取ってるなんて!」
と、浦島タロ子状態のJがここにいるわけだ。(∩。∩;)ゞ


とはいえ、自由にアルバムレビューやライブレポを書けて、
運と根気で(笑)何人かのミュージシャンと写真も撮ってもらえて、
ある意味、当時の目的は既に達成しているのであった。


水上はる子にはなれなかったけれど、ジャスミン程度にはなったし、
まあ、よしとすっか。( ̄w ̄) 



と、BOSTON来日に寄せて遠い記憶を掘り出したら、
水上はる子しか出てこなかった、というヲチなのだった。
(水上はる子さん、何べんも呼び捨て(。-人-。) ゴメナサイ)



生トム手術と生ハンド・クラップ…うふ♪(* ̄ー ̄)v 楽しみぃ〜♪


posted by J at 00:10| Comment(10) | TrackBack(0) | Jのたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする