2013年01月31日

パティ その後


何度も繰り返すが(苦笑)ライヴは本当に素晴らしかった!
終わった後の余韻を楽しむべく、すぐに帰る人は少なかった。
こんな小さな会場は「さあ、帰った帰った!_(-_- )ノ彡☆」と
追い出されるものだが。(苦笑)

最前列のVIPなテーブルに置かせてもらっていたコートとバッグを
取りに行く。お陰で身軽にライブを楽しむことができた。^^
端でも最前(笑)ってんで、しっかり握手もできたそうな。(裏山)
「それでは間接握手をお願いします(。-_-。 )ノ」と
ひろりん(女)の手を握り締めるJ。(爆)

スタッフは実に気前よくなんでもバラ撒いていた。
軽く手を伸ばして(笑)、配っていた白バラをGET。、( ̄▽ ̄)V
ドラムセットに飾ってあったものらしい。

タイムリーに掲示板でベルばらの話題が出てたので
頂いたバラを胸ポケに挿し、気分は「白ばらの人」( ̄ー ̄)

それから床に落ちていたレニー・ケイのピックも拾い、
セトリを貰った人に写メを撮らせてもらう。
patti9.jpg
 

数分で↑これだけのことをこなすJってなんか凄くない?
まぁ、凄いというよりだらなだけですけどね。(^^;)

ほぼ目的は果たしたので、ドリンクを取りに行く。w
名古屋では貰い忘れて、激しく後悔したっけ。(ーー;)

でもまだ帰る気にもならず、(=゜ω゜)ボーとしてたら
U1がどこからかセトリを持ってきた。

patti10.jpg  これで完璧だ。Ψ(`∀´)Ψケケケ

写真撮影(セトリとピックの。爆)が終わったので会場を出る。
中にもまだたくさん残っていたが、入り口でも外人さん中心に
盛り上がっていた。これから出待ちをするのかな?
あんな凄い(しつこい)ステージを見たら、かえってサインとか
ど〜でも良くなってしまったのだった。( -.-)ノ ・゜゜・。
Jも年をとったものだ。(笑)


で、打ち上げをおでんの赤玉にするか餃子の王将にするかで
散々揉めて、結局その間にある洒落た隠れ家風ご飯屋に入る。
そこが安くて美味しくて長時間いられたので
「今年の忘年会、ここにせんけ?( ̄▽ ̄) 」
今年始まったばかりなのに暮れの店を決める気の早いJ。


patti11.jpg

( ^-^)/U ( ^-^)/U☆U\(^-^ ) U\(^-^ )カンパイ

心も身体も目一杯満腹感で満ち足りた夜となったのであった。
ああ、お腹いっぱい、また太る〜〜(´Д`|||)
 (お粗末なヲチですまぬ。滝汗)

posted by J at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

Patti Smith 金沢8ホール


最新アルバム「BANGA」のジャケから抜け出たように
パティが現れると観客の歓喜の声・・・というか絶叫が
会場内に響き渡る。(/▽\)きゃー♪
まるでアイドルのコンサートのごとく、女子は黄色い声で
男性はうっとりと(または目をうるうるさせながら)、
パティの名前を叫んでる。
実物のパティは動画や写真で見るよりも可愛くて
女らしくて美しかった。笑顔が多かった。
パティの息子ぐらいの青年が「カワイイよー」と
声かけていた。(*^^*)
そして皆せっせと写メを撮っている。
そういやカメラチェックも注意も全くなかったし・・・

当然Jも撮ってみた。( ̄w ̄) 
 patti2.jpg

1.Kimberly
聞き覚えのあるイントロが流れると皆大喜び。
なんと言っても生パティなわけだ。
動いてるパティがこんな地方の小さなハコにいるのが
信じられないのはJのみならず皆も感じていたのだろう。
パティが動くたびにいちいち(苦笑)「うぉ〜」「きゃあ〜」と
大声援が起こるのだ。こんなライブ初めて。(爆)

2.April Fool
3.Ghost Dance
4.Fuji-san
古・新・古・新とアルバムからまんべんなく演奏していく。
例えば、この富士山は新作で、知らない人もいただろうが
まるで昔から耳にしていた曲のように、パティーのリードで
全員で♪お〜ふじさ〜ん と大合唱だ。

patti3.jpg

5.Distant Fingers
6.Dancing Barefoot
7.We Three
8.Beneath The Southern Cross
次は古・古・古と続いたが(笑)その古い中でも(おい)
Jが大好きで哀メロでも取り上げている6.7.と続けて聴けて、
レコードまんまの声とレコードでも弾いていたレニーの
ギターの音がたまらなく嬉しくてまた切なかった。(苦笑)
8.の「南十字星の下」ではパティはアコギを持ち・・・
これがまたカッコいいのなんのって・・・o(~o~;)


そしてなぜかここで抽選会が行われる。(苦笑)
一口250円で寄付を募り、直接福島の児童養護施設に
贈られるそうだ。
ともすれば、我々日本人さえ忘れてしまいそうな震災を
パティとバンドメンバーがずっと気にかけてくれていたことに
共感してJもささやかながら2口(すくなっ!)寄付させて頂いた。
正直景品のドラムヘッドが欲しかったのもあるが。( ̄m ̄〃)

patti4.jpg 
そんな心の汚れたものには当然当ててもらえないものだ。
2人のラッキーNoはどちらも20番も離れていなかった。(-_-#)

9.メドレー
Night Time/The Strangeloves
(We Ain't Got) Nothin' Yet/Blues Magoos
Born To Lose/Johnny Thunders
Pushin Too Hard/THE SEEDS
パティのバンドメンバーによる古き良き時代の
ロック・メドレー。メンバーは還暦過ぎもいれば
一見、若者風(年齢まではわからんし。汗)もいて
でも、全員なかなかのイケメンではあった。(そこかい)
これもかなり盛り上がった。
しかし、Nothin' Yetのイントロ聴いてDPの「ブラック・ナイト」と
瞬間喜んだJはなんなんだろう。(-_-;)

10.Redondo Beach
11.Because The Night
もう何百回何千回と聴いたピアノのイントロに鳥肌が立つ。

 (┯_┯)  これは・・・とても言葉が浮かばないな。(苦笑)

サビでの大合唱は圧巻だった。
観客ひとりひとりのビコーズ・ザ・ナイトという名曲への想いが
ひとつに集結したような、あの場にいた者にしかわからない
感動たるや・・・やっぱり言葉では表現できない。

12.Pissing In A River
13.GLORIA
そして唯一「ラジオ・エチオピア」から12.。
これは珍しく全員がしっとりと静かに聴き入った。
その後の13.では反動で弾けたように飛び上がって
グロリアの大合唱!なんて凄いセットリストなんだー

patti6.jpg patti7.jpg

 encore
14.BANGA
15.People Have The Power
疲れを知らないように新譜からタイトル曲。
ここでレニーとパティは動物の鳴き声で盛り上げる。
そういえばパティは何度も観客席まで降りてきて
前列の人達とニコニコと握手をしていたっけ。
その度に全員わらわらと(笑)前に詰めかけた。
Jもその度に頑張ったけど(爆)届かなかった。
誰もがパティに触れたがった。
カリスマってこういう人のことだったんだと思った。
両手を広げてパワーと歌うパティから
たくさんのエネルギーをもらえたような気がした。^^

patti8.jpg

16.Rock'n'Roll Nigger
15.で終わりと思いきや、まさかまさかのRock'n'Roll Nigger!

  ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

こりゃ大変だ!!(笑) 凄いボルテージだ!
老いも若きも、ピョンピョン飛び跳ねている。
こんなライブって有りか?ホントに66歳?(爆)

そしてまだ信じられないショットを見てしまったのだ。
パティのギターの弦が2本切れている。(;゚д゚)ェ. . . . . . .
しかもその一本は6弦だ。(苦笑)
「KANAZAWA NO.1」とMCの後、残り全部の弦を
かき切った瞬間、パティの後ろから後光が差した。


J県人だけでは絶対あの盛り上がりはなかったな。(汗)
演奏もお客のノリもパーフェクトな文句なしのライブだった。

雪の中、来てくれたパティとバンドメンバーに感謝!
金沢をセッティングしてくれた関係者及び
昨日あの場にいた全ての観客の皆さんにも感謝!


 

posted by J at 01:26| Comment(6) | TrackBack(0) | Jのライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

パティ その前

パティ・スミス・・・十代の頃、憧れた女性の一人だ。
ロバート・メイプルソープの撮ったHorsesのジャケが
カッコ良すぎて、同じ髪型にしたくて美容院へ行き、
その時はまあまあ(苦笑)似てたのに、一晩寝たら
次の日の朝、Jの髪は巨大なアフロになっていた。。。

   Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ〜ん!

Jの大惨事・・・当時は死にたくなった程
激しく落ち込んだものだったが、30年(笑)も経った
今となっては楽しい思い出だ。(爆)

そんな彼女が何年か前にフジロックに来てたとか聞いて
(゜〜゜)ふぅぅぅん いいなぁ〜とか思ったけど
まさかまさか金沢に来るなんて夢にも思わなかった。

確か半年前だったか、来日の話を聞いて当然行く気で
その時どんな格好して行こうかと思案したりして。。。
せっかくだからパンクな格好して行こうと、そんな機会は
もうないだろうしと、どーでもいいことにこだわった。

まー、ところが今日になってそろそろ着替えようとしたら
半年前は着れてた服が入らなくなっていたのだった。
ああ、青天の霹靂・・・(´Д`|||) ドヨーン
半年でまた太ってしまっていたのだな。(涙)
昔はパティ並に痩せてたんだけどなぁ〜

で、あれこれと着替えてるうちに時間ギリギリになって
雪の中車を走らせることになった。
ってか、本人ちゃんと金沢入りしてるのだろうか?(^^;)

開場の5時ちょっと過ぎに会場に着いた。
Jの予想は大きく外れ、会場の入場待ちは長蛇の列に
なっていた。Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
Jが一緒にチケットを(1週間前に。w)買ったU1が
仕事で遅れるかもってんで、一人でその長蛇の最後尾を
目指して歩く。ε=ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ テクテク
途中でMや先生を発見。いち早くチケットをゲトした彼らには
整理番号がついており優先的に入れてもらえるのだ。(羨)
最後尾に大人しく(?)並んでいたらBIG PINKのしゅーちゃん、
ひろりん(女)夫妻と遭遇、Jの分も立ち位置取っておいてと
しっかりちゃっかり頼んでおく。( ̄ー ̄)ニヤリ
それにしても想像以上の観客数、それと、どうせジジババしか
来ないだろうとの予測も大きく外れ、最近行ったどのライブよりも
青年比率が高かったのも嬉しい誤算だった。(苦笑)


整理番号ないくせに・・・
patti1.jpg

まずまずの好位置にシレっと立っているJ。♪〜( ̄ε ̄;)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・

   ライブレポに続く(明日書きます。眠)
posted by J at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

成人J子2


成人式出席の為、半年ぶりに帰省したJ子2、
Jはその顔を見てひっくり返りそうになった。

J子2s1.gif  

 まるでキノコ ..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ 

J子2s2.jpg

  

街でカットモデルで声かけられて、タダでカットしてもらえると
ヘンな欲が出てしまい短く切ってしまったそうだ。
あれだけ振袖着るから髪は伸ばすように言ってたのに・・・(ーー;)

本人も「こりゃまずい」と思ったらしく黒ボブのズラ(笑)を
注文したが、帰省日までに届かなくて手ぶらで戻ってきた。

かくいうJも前日になって「せめてぞうりとバッグぐらいは新品を」と
思い立ち、呉服屋に駆け込み喪服を売りつけられそうになった。
あの店員の兄ちゃん、「3分だけお時間頂けませんか?」と
言ってたのに延々30分も熱く語り、もう一人のおばちゃんが
売値を下げていく度に「(*'▽'*)わぁ♪」とか「(´・∀・`)エー」とか
合いの手を入れるので(ジャパネットタカタ風味。笑)
ダメや、もう限界や・・・と隣を見ると笑いの沸点の低いJ子1は
うつむいたまま肩を震わせていて、関西で鍛えられたJ子2も
斜め目線で大きく深呼吸を繰り返し、Jも遂に吹き出して
3人で笑いながら購入した小物を抱えて逃げて来た。(;^ω^)

その後、ズラやつけ毛も見て回ったがJ子2の毛色に合うものが
見つからず、一か八かで(笑)J子1に委ねることになった。


さて、今朝、従姉妹が着付けを終えた後、J子1が
渾身のテクで(爆)J子2の逆毛を立て・・・


J子2s3.jpg  どうにかなった。ε-(゚д゚`;)フゥ...


そして集合時間ギリギリに車を走らせながら(苦笑)
なんでウチはいつもこうなんだろう?と三人で話し合った。


  用意周到・準備万端


そんな言葉はJ家にはカケラもないのだった。(-_-;)


ってことで(笑)J子2も晴れて成人式を迎えることができました。
これまでJ子2を暖かく見守ってくださったネット保護者の皆様、
J子共々、アツく御礼を申し上げます。<(_ _)><(_ _)>

posted by J at 22:46| Comment(18) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

たび


なぜか突然猫ブログ再開♪〜( ̄ε ̄;)

3ヶ月前いきなり現れて、図々しくも
そのままJ家に居座ったスコティッシュもどきの

tabi1.jpg   たび ♂


うまいことJ子1に気に入られ・・・

好物のカリカリを欲しがるだけ与えられ・・・



     たった3ヶ月で



tabi2.jpg  でっかく育ちました(*´∇`*)

 


  でも問題が・・・





tabi3.jpg   tabi4.jpg

太りすぎて自分で毛づくろいができないのであった。(汗)

  


    tabi5.jpg

本人はそんなこと全然気にしてないようだが。(-_-;)

posted by J at 00:45| Comment(12) | TrackBack(0) | Jのたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする