2012年09月27日

Jの恐怖体験(後編)


ふと顔を上げるとテツの店の看板が目に入った。

 テツに助けてもらおうかなぁ〜(T-T)

 いや、待てよ(ーー;)、この状況を見たら「オマエが悪い」と
 庇うどころかおばちゃんと一緒に怒られそうな気がする〜
 ヤクザより怖い顔のテツと怖いおばちゃん2人に怒られたら
 怖さ10倍だ! 人に頼るのはやめておこう。。。

話の流れで、おばちゃんの店が近くにあるってんで
「ではまた後日改めてお姐さんのお店に伺わせて頂きます」

 ・・・・当然そんな虫のいい話、信用してはもらえない。(^^;)

バンドメンバー達も、空気を読んで(苦笑)余計なことは話さず
ひたすら90度お辞儀で謝り続けていたが、彼らの社会的立場や
色々考えたら、帰したほうがいいと判断した。
ヤクザとのトラブルで会社を辞めた元同僚の顔が浮かんでは消えた。

「じゃあ、私、これからお姐さんのお店に一緒に伺います。
 彼らは家も遠いし関係ないんで帰します(きっぱり)」

 おばちゃん、少しだけ( ̄ー ̄)ニヤリと納得したようだ。(謎)

「Jさん、僕らも残りますよ(・_・;)」
最年少30歳のMクンの言葉は心強かったが、正直、
いてもらっても、かえって邪魔だし(苦笑)巻き込みたくなかった。

「あたしはこういうの慣れてるから(どこが)もう帰って。
 最後にイヤな気分にさせてしまってごめんね」

 我ながら強がりの見栄っぱりには笑える。(自嘲)
一旦車を出し、おばちゃんが入れた後に入れ直す。

そしておばちゃんに着いて歩く道すがら、Jの妄想モードに
バチっとスイッチが入った。(爆)

 もしもおばちゃんの店が売春宿だったらどうしよう・・・

      ガクブル((ノ)゚Д゚(ヽ))ガクブル


 (注:この一帯には今でも青線の名残りがあるのだ)


Jなんか・・・と思うだろうが(苦笑)、ここの年齢層の高さはハンパなく
「アンタなら、ここでは20代で通る」と言われたこともあった位なのだ。

お店はJの行きつけのロック酒場の近くだった。
「ここにはよく来てるんですよぉ〜(^^;)」

その言葉でおばちゃんの顔がガラリと変わった。(笑)
「あら(´・∀・`) Hさんとこのお客さんかぁ!(嬉)」
J、調子に乗って(爆)「あと、テツとDの店にも!!」
(Dの店には1度しか行ったことないくせに( ̄w ̄))

「だったら彼らにあの駐車場の持ち主は?
 って一言聞けば良かったのに。あの子らなら知っとるはずや」

「違う店に行くから、聞けませんでした(´・д・`)ボソッ」(言い訳)

まあ、それもそうかと若干和やか(?)な雰囲気になったところ、
2階から男の人が降りてきた。おばちゃん似だ。顔コワイ。


  この人が拘留された息子に違いない・・・・(-_-;)

そしてこれから二人に脅され吊るし上げられるのかぁ?(泣)


   ヒェ━━━━━(;゚;д;゚;)━━━━━!!

・・・・・と震えていたら、おばちゃんは今日の業務報告を
細かいことまで息子(多分)に報告していった。(゜Д゜) ハア??
息子は眠い目をこすりながらだるそうに返事をしている。
Jはその息子の一席置いたイスに座り、真正面を向いたまま
固まった状態で、耳は二人の会話に全集中していた。( ̄- ̄ 3)

しかし、その話がまた延々と続くので(苦笑)妄想癖再び・・・


 そうか・・・Jは警察に引き渡されるのだな・・・ _| ̄|●
 逃げないようにここに連れてこられたんだ。(´Д`|||)
 このトシで客取らされるより、ムショのほうがなんぼかマシか。
 てか、明日休むとなったらどうやって連絡とろう?
 拘置所からでも電話ってさせてもらえるもんやろか?

妄想しながら、頼まれていた先程のライブの画像を3枚転送する。
携帯を取り上げられる前に済ませて置かねばならんのだ。
文章を打ち込む気力もなく(´・ω・`)←顔文字だけつける。(苦笑)

「お茶入れてくれ」息子の一言でJにも手割のロック入りの(笑)
ウーロン茶を出してもらえた。(嬉)
喉が渇いていたのですぐに飲み干す。( ̄ノ日 ̄) グビグビ

いつの間にか息子の姿は消え、おばちゃんと二人になった。
そこで再び説教が始まったわけだが、最初とは随分トーンが違う。
おばちゃんの言うことはひとつも間違っていないし
Jがずるくて図々しくて悪かったのだった。(_ _。)・・・シュン
改めて反省の言葉と謝罪をしたところ、おばちゃんは警察に・・・
J達の姿を見てすぐに「もういいです」と断ったことを話してくれた。

  ε-(゚д゚`;)フゥ... 


どうやら、拘置所送りもしくは取調べは免れたらしい。(涙)

そしておばちゃんは先程Jが捻じ込んだ諭吉をエプロンから
カウンターの上にポンと出した。

「こんなオカネが欲しくて怒ってたんじゃないんよ( -_-)フッ」

 も・・・もしかしたら返してくれるとか?とか?とか?
 ブン((-ω-。)(。-ω-))ブン そんな期待したらダメや!
 一旦男が(女だけど)出したもんを返してもらおうなんて・・・

 とはいえ、別れた男には未練はないが(爆)、
 諭吉には未練たっぷりなJ、見まいと思いながらも
 目は諭吉にクギ付けだ。(*・ω・*)


電話番号を教えろとのことで、互いに登録し合う。
「アンタがHさんとこのお客さんやってわかってたら・・・」

  (o゚ω゚))コクコク Hマスターの威力はなんか凄いなぁ

「今度からは車停める時は今の番号にかけてきてや」


 Σ(- -ノ)ノ エェ!?  いいの?てか恐れ多いんやけど・・・

そして、カウンターの上に置いてあった大判焼きの袋を
ほい(o‥o)/と差し出し「これ持って帰んな( ̄ー ̄)」


  もしかしたらとってもいい人なのかもーーー♪


「こうしてお会いできてご教授して頂いたのもひとつのご縁として
 またこちらにも寄せてもらいますねぇ。(*^^*)」(ごますりJ)

「じゃ、これは・・・」
 おばちゃん、諭吉を掴む。そして再びエプロンに入れる。(え?)

 「戒め料としてもらっておくことにするわヾ(´ー`)ノ」

 

         ( ´゚ω゚`):;*.':;ブッ 



 このおばちゃんとはお友達になれそうな気がした。

                     (おしまい)(続編あるかも)
posted by J at 00:17| Comment(10) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

Jの恐怖体験(前編)


先日とっても怖い体験をした。(。・_・。)
その記念(笑)に書き残しておくことにしよう。


なぜだかよくわからないけれど(苦笑)友人のバンドの
お食事会に招待されて、ヒマなので参加した。(o´ェ`o)ゞ
駅前で美味しく楽しい宴を終え、二次会に演奏できる店ってんで
Jの知り合いの店にバンドメンバーを連れて行くことになった。
車2台に分かれてJも2人乗せていつも停めるコインパーキングに
行ったが、土曜日で満車だったので、空いているスペースに停めた。
特に注意書きもないし、前にも1〜2度停めたことがあった。
もう1台は別の駐車場にすでに停めてJ達の到着を待っていた。


banken.jpg チームJちゃん(爆)


久しぶりに合奏やって、ちやほやされて(笑)
非常に気を良くして(笑×2)4人で駐車場に戻ってきたところ、


  あれ?(o゚ェ゚o) 後ろにエンジンかかった車がある。


一人が「車出すんで動かしてもらえませんかぁ?」と
声をかけたところ・・・・


顔も声も怖い(汗)おばちゃんが車から降りてきて・・・


「ここ誰の駐車場やと思っとるがん!
 大変な騒ぎになっとってんよ!!ヾ(*`Д´*)ノ"彡」

 ああ、この人の駐車場やってん。。。Σ( ̄ロ ̄lll) 

「お客さんからもいっぱい苦情が来とるし、
 一体どこの店で飲んできたんや!( `ロ´)」

 ど・・・どうしよう〜オロオロ(o;д;)oオロオロ

「す、すみません。。ごめんなさい。m(。_。;))m ペコペコ…」

「今警察にも連絡したとこや<( ̄^ ̄)>」

 ・・・・終わった・・・・(´Д`|||) ドヨーン


「これまでここでどんな事件があったんか知っとるんか?
 ウチの息子トラブルに巻き込まれて9日間も拘留されてんよ!」

 ・・・拘留・・・(||OдO||)

「私も商売してきて疲れとるんに帰って来て車停めれんし!」

 ああ、その車に積んであるのは夜店の道具ではないか・・・
 テキ屋さん?つーことは・・・

  ヤーさん絡みぃ?カタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ
(注:テキヤ=ヤクザという偏見は非常によろしくない)

「ほんとぉーにすみませんでした(ひたすら謝るJ一行)」

「謝って済む問題ではないげんわ!罰金払ろてもらうよ!」


 J、すかさず(爆)サイフの中から諭吉を1枚(1枚しかないし)出して
「お姐さん、どうぞこれで勘弁してください(。-_-。 )ノ」と差し出す。

 サヨウナラ諭吉・・・短い付き合いだった。。。ヾ( ̄― ̄)ノ◇"


しかし、おばちゃんの怒りは治まらず、ハイテンションのまま
延々と怒鳴り続けるばかりで、J達はひたすら頭を下げるばかり。


   今夜は帰れないかもしれない。。。。( ´-ェ-` )


                          (続く)

posted by J at 00:14| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

当たった


バチにはよく当たるJではあるが(自爆)、今回は食中りでもなく
フツーに(苦笑)懸賞に当たった。

まあ最近ではハガキを書くのも、ネットで入力することすら
「めんどーくせー(´゚д゚`)ノ ⌒ ゚」と、懸賞応募なんてしたことなかったのに
たまたまJ子達と買い物に行って応募券をもらったので
その場の勢いで(爆)応募してみたのだった。...φ(._.*)y-。o0


で、Jが当たったのは特別賞の沖縄3日間の旅




         ・・・・では、なく (-_-;)




   選べる賞のJTBえらべるギフト



         ・・・・でも、なく (-_-;)

 



 ラッキー賞 お楽しみ日帰りバスツアー だった。(^^;)

J子達と「これだけはいらんよねぇ Ψ(`∀´)Ψケケケ」と
バカにしていたコースに当たったわけだ。(苦笑)
日帰りというからには能登だったりして(ーー;)と
その時は思ったけれど、行き先は京都ってんで・・・


     京都かぁ・・・・:*:・ ( ̄* )   



ももひき男を見て以来だから、もう5年前かぁ〜
あん時は楽しかったなぁ〜 懐かしいなぁ〜〜(涙)


   
おしゃべりなおばさんが隣席だったらウザイとか
早起きできるだろうか、とか勿体つけて(苦笑)たら
J母が「Jが行くのイヤだったらおかーさんがJのフリして行くわ」と
我が親ながら厚かましい替え玉話を持ちかけてきたので

「今年の夏はどこも出かけなかったから行ってくるわ」と
J母には譲らず行くことに決めた。( ̄w ̄) 

苦手な団体行動(苦笑)も修行のうち、ごくフツーのおばさんに
化けて(←別に化けなくてもごくフツーのおばさんなんだけど。爆)
楽しんでくるので、Jの旅日記、乞うご期待!!、( ̄▽ ̄)V




  と、明日にでも行きそうな気配だが行くのは今月末なのだった。
   (それまでに気が変わりませんように<自分)

posted by J at 23:01| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

J、鬼門へ向かう(後編)


Jには珍しく迷わずに着いたが既に15分は遅刻したようだ。
当然ライブはもう始まっている。
そういえば事前にNさんからは「女性Voのボサノバのバンド」
簡単に説明を受けていた。

アントニオ・カルロス・ジョビンか小野リサあたりだろうな( ̄ー ̄)

そんな簡単な説明(笑)と適当な想像だけで、朝から大騒ぎして
必死こいて駆けつけたJが相当変わってることは認めます。。。


 そしてドアを開けて(*'▽'*)わぁ♪


なんと大好きなマイケル・フランクスやってるしぃ〜〜(号泣)

場内を見渡せば、あら、M、来てたのね。( ̄w ̄) 
Mのテーブルに行き、見知らぬおっさん達に軽く会釈をする。
と、見知らぬ中にも見知った(?)人が・・・ヽ(^Д^*)/おひさ〜♪
もみぢこ率いるパンピロ軍団のドラマーだ。
「もしかして、この次のバンドで出るが?(^^;)」
「はい〜(*^^*)」
彼は確か他にもビートルズのバンドも入ってたようだし
金沢のドラマー比率は少ないようなのに、どうしてJの知り合いは
ドラマーばっかりなのか?(汗) 不思議だ。(-""-;)

honky1.jpg THE RESPIRAR

Nさん以外は福井のメンバーってことなのだが
一人ひとりの演奏レベルと、曲の完成度がハンパなく
1〜2曲聴いただけでホ━━( ゚д゚)━━ゥと感心してしまった。
王道系ポップスやジャズのスタンダード、J-POPもありの
ソウルもサンバもビートルズも独自のアレンジで
飽かせることなく聴かせてくれる。
「M!福井のバンド、すっごい上手いがいね!」
普段ちょっとやそっとでは褒めないJが大絶賛。(←ヤなヤツ)
どう上手いか一人づつ説明するのは面倒なので省くが(爆)
MやパンピロNさん(←どっちも年上、長年現役組)に
「ほれ、アンタ達もあのNさんのドラミングを勉強させてもらい。
 ただ手数が多かったり早かったりじゃダメなんや!」
・・・と、二人のファン(いるのか?)が聞いたら、怒りで震えそうな
言葉を、いとも簡単にしかも得意気に投げかけるJ。(  ̄3 ̄)〜♪

 彼らに今度はあの曲やこの曲に挑戦してもらいたい・・・

久しぶりにJのプロデューサー魂に火を点けられた。(苦笑)
アンコールのS・ワンダー・メドレーも圧巻だった。

演奏を終えたNさんをヒーローのごとく拍手で迎える。
     (=´∀`ノノ゙☆パチパチパチ


・・・そして知ったのが驚愕の事実!( ̄Д ̄;;

Nさんの友人で、姫路にお住まいのDさん(仮)という方が、
なぜかJ日記を読んでくださってて(笑)、先日登場したばかりの
「松任に住むNさん」←ってアンタのことじゃないの?との
Dさん(仮)からのリークにより、NさんにJブログがバレていた・・・

地元の知り合いにはネット活動は極力知られないようにしていたが
(だって、ひかれるんだもーん。♪〜( ̄ε ̄;) )
こんな逆輸入(違)式にバレるとは思ってもみなかった。(-_-#)

と、同時に、こんな駄文でも読みに来てくださる方が
人知れずいらっしゃったということが、とっても嬉しかった。
UKでも大阪のmamoちゃんが釣れたし、(笑)
ついったーやふぇいすぶっくやみくしーに移行せずに
たとえ廃れてでも、誰にでも公平に読んでもらえるブログを
続けていて良かった・・・(ノ_・、)


honky2.jpg THE COAST

こちらのほうはLAミュージック、サザンロック中心で
(J県人はこのあたりのサウンドが大好きなのだ。笑)
イーグルス、シカゴ、ドゥービーズの有名曲のオンパレード。
中ではフリートウッド・マックが気に入った。(爆)
曲は全曲わかるのにタイトルが半分しか出てこないのが情けない。

ここのギターの人がMとバンドを組んでたらしくて、Jの高校の
先輩だったというのも、ちょっと面白かったし
ライブハウスのスタッフの方もアツクていい方達だった・・・


と、たとえ、鬼門であろうとも(爆)行った先には福来るという
引きこもっているより、出かけよう!色んな音楽を聴こう!
終わり良ければ全て良しなお話でした。おしまい。(笑)

posted by J at 00:44| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

J、鬼門へ向かう(前編)


ブログ上では「つい2〜3日前」の出来事ではあるが(←サボリすぎ)
福井でヒッチハイク(違)して金沢まで送って頂いた
Nさんのバンドライブ当日となった。
一宿一飯の恩義を決して忘れないのがJだ。( ̄- ̄)ゞ
別にNさんちに泊めてもらったわけでも、ご飯をご馳走になった
わけでもないけれど(苦笑)あの晩は本当〜に助かったのだった。
昨日のMからの電話では「行けるかわからない」とのことだったので
Jだけでも「なにがなんでも(怖)」行かねば義理が立たない!と
女剣士のごとく(わけわからん)キリリっと仕事に向かうため
車のエンジンを・・・・・


 バッテリーがぁぁぁぁああ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━━!! 


昨日、日中に出かけた後、なぜかライトをつけっぱなしに
していたみたいだ。なんでや?ってか、またか?(苦笑)
何度やっても懲りないJ、よりによってなんで今日なん?(涙)
ああ、どうしよう〜と悩んでる間もなく、もう1台の愛車、
元J子2号(←随分日数が経ってから戻ってきていた)に
またがり(笑)ダッシュで職場へ。≡≡≡ヘ(*--)ノ
それから会社の電話で(爆)馴染みの車屋さんに事情を話し
夕方までに直してくれるように頼んだ。
仕事帰りにすぐに使うからと言ったら、夕方まで預かって
万全な状態にして持って行ってあげると言うので、図に乗って
「f(´−`;) あのー? 出来たらJの職場まで持ってきてくれたら」
そしてJのチャリに乗って帰ってくれると更に助かるのだが。
「そうなるともう一人いるな・・・(困) うーん、わかりました」
電話切った後で考えたら、なんだか悪い気がしてきた。(遅)
「やっぱ、いいわ。自転車に乗って帰るし(^^;)」
「いや、持って行ってあげますよ〜」←なんて気前のいい事を
言うこともなく「わっかりましたぁ〜」と電話は切れた。(爆)


それにしても予定がすっかり狂ってしまった。( ̄(エ) ̄)y-゜゜゜
Jの予定なんて、ま、いつもはそんなもん立てないし、どうせ
守れっこないし・・・ただ、今日はNさんのバンドは2組中
1番目だそうだから、極力遅刻は避けたい。
仕事が6時45分までで、それから松任7時半開演に
間に合うだろうか?しかも会場は過去数回訪れてるのに
いまだかつてまともに行き着けたことのない、Jの鬼門の
ライブハウスなのだ。(;´д`)トホホ
今春、松任に着いていながら、会場inまでに1時間半も
かかってからは、「二度とここへは来るまい(-_-#)」と
心に誓ったはずだったが・・・

だから今回は地図を眺めたり、何人かに行き方を教わって
万全な(大袈裟)体制で臨んだのだった。
6時45分を待てず( ̄w ̄) 10分程早めに退社。
それから秘書のiphoneも携えて、バッテリーが怖いから
音楽も聴かず(^^;) 鬼門(失礼)のライブハウスまで
アクセル全開で向かっている途中で、


 どうして人のライブにここまでアツくなれるんやヽ(~〜~ )ノ


という思いが、ふと胸をよぎったのは否めない。(爆)


                         (続きあり)

posted by J at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする