2017年10月03日

哀メロ更新しましたぜ♪

哀メロはもう更新しないんじゃないか?
って、思ってたそこのアナタ。( ̄▽ ̄) ニヤ
古い顔文字と共にJが帰ってきましたよん♪

 CULTURE CLUB
 MOODY BLUES
 PET SHOP BOYS
 SHINEDOWN

いやしかし(苦笑)1年5か月も更新せず
最近ではブログでさえ広告が出る始末…
それでも掲示板だけは稼働していて
(お悔やみ掲示板みたいだけどw)
常連の皆さんとJの生存報告が出来ていた事には
ほんと(人-)謝謝(-人)謝謝

哀メロ発掘隊員達のすんばらしいレビューを
どうぞ読んでやってくださいねー

新たな発見が・・きっとあるはず!(*^.^*)
posted by J at 01:31| Comment(6) | Jのインフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

J in モントレー

9A5B3FB8-C4FB-4785-8E23-67B1D6BB9573.jpgF4DE8398-750C-4689-829B-9C0DE99F03CC.jpgC94D5358-31A4-43E2-8C06-07C13F38AB0F.jpg
posted by J at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

The Doobie Brothers   本多の森ホール


 2017・4・24


 74241.JPG

1.Jesus Is Just Alright
2.Rockin' Down the Highway
3.Take Me in Your Arms (Rock Me a Little While)
4.Another Park, Another Sunday
5.Clear as the Driven Snow
6.Spirit
7.World Gone Crazy
8.Eyes of Silver
9.Dark Eyed Cajun Woman
10.Sweet Maxine
11.Takin' It to the Streets
12.The Doctor
13.Black Water
14.Long Train Runnin'
15.China Grove
encore
16.Without You
17.Listen to the Music

11年前にUDOフェスで観た時とメンバーが
ほぼ同じで(ビル・ペインがサポートで入っていた)
演奏曲も半分以上被ってはいたが、後半数曲で
なんとなく?盛り上がったのも前回同様で…

これを読んで下さってる皆さんもお気づきのように
Jとドゥービーズってなんかピンと来ない?

 そうなんよ!<( ̄- ̄)> (完全開き直り)

苦手とまではいかないが、さほど思い入れもなければ
大好きなメンバーがいるわけでもない。(爆)
音楽的には不得手なジャンルになるかもしれない。(^^;)

それなのにライブには縁あって、1981年、2006年、
これでもう3回目なのである。
会場には知り合いがうじゃうじゃいて(しかも殆ど年上w)
恐らく全員J以上に彼らの音楽を愛しているだろうに
3回も観た人はあんまりいないんじゃないだろうか?
つーか、こんな自分がここにいて許されるのだろうか
81年の時に東京まで連れて行ってくれて、現在入院中の
友人と代わってあげれたら良かった。(=;ェ;=)

東京武道館では東西南北ごとに同じ座席番号があって
迷子になって(^^;)、動く彼らがとっても遠かった。
UDOでは随分近寄りやすくなったが、やはり遠かった。

 今回、非常に近っ!( ̄Д ̄;;

74242.JPG

74243.JPG

74244.JPG

そのことが、逆にバンドの衰退を感じさせ(滝汗)、
やっぱJはマクドナルド世代なんだよなぁ〜とか
わけのわからん言い訳で自問自答したり、
過去の武道館参戦で4人で軽四で東京へ行ったことや
UDOフェスでicちゃん、黄色さんに迷惑かけたことなど
当時の思い出に耽りつつ1時間半が過ぎた。
ライブよりもその時一緒にいた友人とのことばかり
よく覚えているのに自分でも驚いた。
(てか、どんだけ印象薄いんやっ!w<ドゥービーズ)


 ちょっと寂しく、すごく懐かしい。


帰り道、初参戦にして興奮冷めやらぬ友人と
ライトアップされた旧美大跡を歩きながら、
「縁」について語るJであった。(←ほんといい迷惑)

posted by J at 22:53| Comment(12) | TrackBack(0) | Jのライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

Select - Live Under The Sky


アル・ジャロウが逝ってしまった。
先のジョン・ウェットンの哀しみも癒えぬのに
まぁ、どうしてこんなに次から次へと…(T-T) 

救いと言えば、彼らを生で観れたことだろう。
ウェットンはエイジアとUKで比較的近年だが
アル・ジャロウは90年っていうから四半世紀以上前か。

在りし日の彼を偲んで…



この時のメンバーの凄さ、まさに鳥肌がたつような
名演奏を生で聴けた感動が蘇ってくる。

当時はJ子1も小さかったのでライブといえば
このライブ・アンダー・ザ・スカイを年に一度
隣の富山まで観に行ったぐらいだろう。

 懐かしいなぁ〜 ...( = =) トオイメ

大親友のwiki(爆)に助けを借りて、遠い記憶を
掘り起こし懐かしんでみることにしよう。
(懐かしく楽しいのは自分だけww)

86年…チック・コリアとハービー・ハンコック
富山はこの2bandしか来なかった。(苦笑)
どっちも名前だけは知ってたがそう詳しくはない。
しかし北陸で観れるってんで、野次馬的に初参戦。w

87年…リチャード・ティー目当てではあったが
故コーネル・デュプリー、故マイルス・ディビスを
生で観れたのは今にして思えば、凄いことだった。

88年…デイヴィッド・サンボーンとパット・メセニー
3年目にもなると若干飽きて来た。(^^;)
来年はメンツ次第ではやめとこうとも思った。

89年…でも、大好きなロバータ・フラック来たから
喜び勇んで出かけたのであった。(苦笑)

90年…アル・ジャロウにジョー・サンプルにガット先生
これ以上ない円熟した名演奏。これでもう気が済んだ。(爆)

その次の年は惹かれるメンツでなかったのか、
富山でやったのかすら憶えてないが、Jの記憶はここまでだ。

音楽には全然関係ないけど、このJAZZフェスは専売公社(古)が
スポンサーで、入場時にマイルドセブンセレクトの
試供品がついてきたのだった。携帯の灰皿付きで。w
さ、どうぞお吸いなさい。健康に害のない程度に。(笑)
客の年齢層は高かったが未成年者もいただろうに、
今にして思えばスモーカーには楽園的なライブであった。(*^^*)
JAZZを聴きながら吸うタバコはほんと〜〜に美味かった。(爆)
2年ほど禁煙してた時期もあったが、友人にそそのかされて
つい一本吸ってしまって(^^;)、次の日からまたスモーカーに
逆戻りしてしまったものだ。

 なんにしても古くていい時代だった。
posted by J at 23:54| Comment(6) | TrackBack(0) | Jのたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

節分

C9F17455-472C-4A50-9D8A-19FF5E8A399A.jpg
posted by J at 21:07| Comment(6) | TrackBack(0) | Jの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする